Illustratorでダンボール風のテクスチュア背景を作る

danbole_top

Illustratorでダンボール風のテクスチュア背景を作るチュートリアルです。

danbole_kansei

作業はRGBモード、単位はpx(ピクセル)で作成しています。

1. 800×600pxのアートボードを新規作成し、幅:700px、高さ:450pxの長方形を描く。色はR:227、G:194、B:148のライトブラウン。

2015-03-30_18_58_22

2. 太さ4pt、R:192、G:155、B:80のカラーで縦のラインを引く。長方形の左右にラインを配置し、[ブレンド]>[距離:7px]で縦のストライプを描く。

2015-03-30_19_00_22

3. 2.で作成したラインを選択。[オブジェクト]>[分割・拡張]で[塗り]のチェックボックスのみ外して、ブレンドオブジェクトを線に分割する。

2015-03-30_19_00_53

4. 3.で分割したラインを選択し、[効果]>[パスの変形]>[ラフ]の効果をかける。設定値は[サイズ:1px、入力値][詳細:30/インチ][ポイント:丸く]。そして、透明度を40%に下げる。

2015-03-30_19_01_35

5. 新規レイヤーを作成し、1.のベタ面をコピー&ペーストし、最前面に。そして、新たに作成したベタ面に、[効果]>[アーティスティック]>[粒状フィルム]でノイズをかける。[粒状フィルム]の設定値は[粒子:5][領域のハイライト:0][密度:10]。

2015-03-30_19_02_36

6. 5.で作成したオブジェクトに[効果]>[アーティスティック]>[スポンジ]をかける。設定値は[ブラシサイズ:0][鮮明度:15][滑らかさ:1]。

2015-03-30_19_03_17

7. 6.のレイヤーの透明モードを[透明:ソフトライト]に変更。

2015-03-30_19_04_28

8. 新規レイヤーを作成し、1.と同様のサイズの矩形を描き、円形のグラデーションで塗りつぶす。グラデーションの色は、外側がR:0、G:0、B:0、内側がR:220、G:220、B:220。
2015-03-30_19_05_42

9. 8.で作成したグラデーションを、透明モード[ソフトライト]に変更し、完成。

2015-03-30_19_06_21

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5

参照元リンク:Illustrator Special Effects #10: Cardboard Texture Background

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA