Illustratorでレトロスタイルのロゴを作る

old_color_top

Illustratorで、レトロスタイルのロゴを作るチュートリアルです。

1. 文字ツールでロゴのテキストを打つ。レトロ感を感じさせる書体として、今回は[Arrus BT / Black]を使用。148.5mm×105mmのアートボードに、[108Q / 行送り120H]で配置。

150401-0052

150401-0053

2. テキストを[アウトライン化]し、「OLD」「FONT」の行毎に、垂直方向に、下部(K:100%)→上部(K:95%)のグラデーションを掛ける。

150401-0054

150401-0055

3. テキストを選択し、[背面へコピー]。左へ1mm、下へ1mm移動する(判別用にシアンで色付け)。それをさらに[背面へコピー]。左へ0.5mm、下へ0.5mm移動(判別用にブラックで色付け)。さらにもう一度、[背面へコピー]。左へ1mm、下へ1mm移動(判別用にレッドで色付け)。

150401-0061

150401-0062

150401-0063

4. 最上部のグラデーションのテキストとブラックのテキストを選択し、[コピー]>[背面へペースト]>[複合パスを作成]。

150401-0064

150401-0065

5. レッドのテキストも[複合パスを作成]し、4.で作成したテキストと共に選択、[パスファインダー]>[前面オブジェクトで型抜き]。レッドのテキストが繰り抜かれた状態になる。

150401-0067

150401-0074

150401-0069

6. ブルーとブラックのテキストも、それぞれ[複合パスを作成]し、上から三つは全てブラックに変える。

150401-0070

150401-0071

150401-0072

7.中段2つの複合パスになっているテキストを選択し、[パスファインダー]>[前面オブジェクトで型抜き]をかけ、繰り抜く。

150401-0073

150401-0074

150401-0075

8. シャドウ部分にかける、波線のラインを作る。太さ0.15mmの墨罫を[効果]>[パスの変形]>[ジグザグ(大きさ:0.25mm / 入力値 / 折り返し:10 / ポイント:滑らかに)]で波線を書く。

150401-0076

等間隔で下に4本コピー。

150401-0090

アピアランスを分割。

150401-0091

9. 塗り無し、色無し、の長方形を、図のように波線の頂点を通るように配置。長方形を再背面に移動し、線と長方形、全てを選択し、スウォッチパレットにドラッグして、スウォッチとして登録。

150401-0092

10. レッドのテキストに波線のスウォッチを適用。

150401-0093

11. [パターン]にチェックを入れて[拡大・縮小]で、スウォッチの模様のサイズを調整し、完成。

150401-0094

150401-0095

old_color_varie
バリエーション

 

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5

参照元リンク: How to Create an Old Font Text Effect in Illustrator

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA