Illustratorでリボンのようなテキストエフェクトを作る

ribbon_top

Illustratorでリボンを折ったようなテキストエフェクトを作成するチュートリアルです。

1. 元になるテキストを打つ。今回は148.5mm×105mmのアートボードに「FABULOUS」という文字を[AR BONNIE / 180Q]で配置。背景色をC:5 / M:15 / Y:40、文字色をC:70 / M:0 / Y:40 に設定。テキストをアウトライン化する。

150402-0001

2. 「F」の角を、リボンを追ったように加工する。角の対角線に合わせて作成した三角形と、「F」のオブジェクトを設定し、[シェイプ形成ツール(Shift+M)]を選択。カットする面を選択し、シェイプを形成。角をカットする。

150402-0002

150402-0003 150402-0003+

3. 折り重なった部分のシャドウを作る。ブラック→透明のグラデーションを使い、シャドウにしたい部分にグラデーションを作成。濃度を[50%]に落とし、[乗算]で重ねる。はみ出した部分は、2.と同様に[シェイプ形成ツール]でカットする。

150402-0004

斜めの部分は、グラデーションの方向を合わせる。

150402-0005

150402-0006

4. 光沢を作成。回りこんでいる様なグラデーションを作り、光沢にしたい部分に[スクリーン]、[透明度:25%]でグラデーションを重ねる。

150402-0007

はみ出した部分は[シェイプ形成ツール]でカット。

150402-0008

5. 重なりや光沢の位置を調整。

150402-0014

6. 「B」も、上下の角を、「F」と同様に斜めにカットする。

150402-0015

7. 「U」の文字。[選択]>[コピー]>[前面へペースト]し、重ねたオブジェクトを上にズラす。

150402-0016

はみ出した部分を[シェイプ形成ツール]でカット。

150402-0017

グラデーションでシャドウを作成。

150402-0018

左右を、折り曲げているイメージでカットする。

150402-0019

光沢を入れ、「U」の完成。

150402-0020

150402-0021

8. 「O」は、元のフォントでは円形だが、デザインを合わせるために、八角形のフレームに変える。折り曲がってるイメージで、シャドウをつける。

150402-0022

150402-0023

9. 「S」の文字。カーブに合わせてシャドウを作成する。

150402-0024

10. バランスを見て光沢を追加し、文字は完成。

150402-0025

11. 全体にシャドウをつける。テキスト全体を選択し、アピアランスパレットで、[ドロップシャドウ]を三重にかける。設定は上から順に、[不透明度:50% / X軸:0.75mm / Y軸:0.75mm / ぼかし:0.25mm]>[不透明度:10% / X軸:0.5mm / Y軸:0.25mm / ぼかし:0.25mm]>[不透明度:10% / X軸:-0.75mm / Y軸:0.75mm / ぼかし:0.75mm]。

150402-0027

150402-0039

150402-0026

150402-0028

12. 背景にテクスチュアを設定。背景のマスタードカラーの塗りを選択し、[コピー]>[前面へペースト]。[スケッチ]>[ハーフトーンパターン サイズ:2 / コントラスト:5 / パターンタイプ: 円]で円形の模様を作成。[ソフトライト][不透明度:60%]で重ねて、完成。

150402-0029

150402-0030

150402-0031

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5

参照元リンク:
Wow Your Upscale Crowd with This Simple D-I-Y Ribbon Font Text Effect

はてなブックマーク - Illustratorでリボンのようなテキストエフェクトを作る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA