Office for Mac 2011の起動エラー→再インストールのためのアンインストール方法

office_error

Office for Mac 2011を使用しているのですが、時折、WordやExcelが起動したとたんに落ちて、使用できなくなる事があります。

Microsoftのサイトなどで調べて、色々と手を尽くすのですが直らない場合が多く、最終的に、Officeを一度アンインストールして、再度インストールする事が多いので、そんな時のOffice for Mac 2011のアンインストール方法です。

以下のMicrosoftサポートサイトの内容を少し簡潔にしてまとめました。

Office for Mac 2011 を完全に削除する方法

作業環境
OS: OSX 10.8.5
Application: Office for Mac 2011

1. 全ての Office for Mac アプリケーションを終了する。

2. Microsoft Office 2011 フォルダーを削除する

[アプリケーション]>[Microsoft Office 2011]フォルダーを削除。

3. Officeの環境設定を削除する

[Finder]>[移動]>[option]キーを押して[ライブラリ]>[Preferences]>[com.microsoft]で始まるファイルを全て削除。

4. ライセンスファイルを削除する

[Finder]>[移動]>[option]キーを押して[ライブラリ]>[Preferences]>[ByHost]>[com.microsoft]で始まるファイルを全て削除。

▶ここで再起動する

5. /Library/Application Support/Microsoft/ を削除する

[Macintosh HD]>[ライブラリ]>[Application Support] >[Microsoft]フォルダーを削除。

6. Receipts を削除する

[移動]>[フォルダーへ移動]>ボックスに[/private/var/db/receipts]と入力し、移動>[com.microsoft.office]で始まるファイルを全て削除。

7. /Users/username/Library/Application Support/Microsoft/Office/ を削除する

[Finder]>[移動]>[option]キーを押して[ライブラリ]>[Application Support]>[Microsoft]>[Office]フォルダーを削除。

8. Microsoft のフォントを削除する

[Macintosh HD]>[ライブラリ]>[Fonts]>[Microsoft]フォルダーを削除。

9. ゴミ箱を空にする

▶ここで再起動する

10. Microsoft User Data フォルダーをデスクトップに移動する

[Finder]>[移動]>[書類]>[Microsoft ユーザー データ]をデスクトップに移動。

▶ここで再起動する

11. ドックの Office アプリケーションのアイコンを削除する

以上でOfficeのアンインストールが完了です。

この後に、再度インストールし直します。

結構手順は多いですが、エラーの原因がわからない場合、他の方法を試しても結局は時間の無駄になることが多いので、いっその事アンインストールして再インストールする方が効率が良いと思います。

私の場合、今のところこの方法を取ると、起動エラーは回復しています。

ただ、Officeの環境設定ファイルなどは全て捨てるので、設定を残したい場合は、Microsoftのサポートなどを探して、慎重に作業をすることをおすすめします。

 

はてなブックマーク - Office for Mac 2011の起動エラー→再インストールのためのアンインストール方法
Pocket

「Office for Mac 2011の起動エラー→再インストールのためのアンインストール方法」への2件のフィードバック

  1. この通りやったらスッキリ最初の使い勝手がよみがえりました。手順の書き方もとても親切で、マニュアルの書き方としても素晴らしいと思いました。ありがとうございました。

  2. 御立さま
    コメントありがとうございます。
    お力になれたとの事で嬉しいです。
    こちらこそありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA