Illustratorでイラストに手書き風のラフな線・テクスチュアを入れる

150617-0004

Illustratorで、イラストに手書き風のラフな線・テクスチュアを入れるチュートリアルをご紹介します。

Contents

  1. ブラシでアウトラインを手書き風にする
  2. ラフなテクスチュアを入れる
  3. 文字や背景を入れる

—-

1.アウトラインにラフなブラシを設定し、手書き風にする

新規アートボードを[天地:150mm×左右:200mm]で作成。コーヒーカップのイラストを配置します。

150617-0001

アピアランスパレットで、[塗り:K:100%]で作成。前面に線を背景色(今回は白)で作成し、線にブラシを適用する。今回は[アートブラシ]>[木炭・鉛筆]>[チョーク(落書き)1]のブラシを[線幅:0.15mm]で適用。輪郭線を手書き風のラフなイメージにする。

150617-0001_1

150617-0001_2

150617-0001_3

150617-0001_4

2.ラフなテクスチュアを入れる

テクスチュアに使用したい画像を用意。今回は以下のようなテクスチュアを用意してIllustratorに画像を[埋め込み]で配置。画像を選択し、[スウォッチパネル]にドラッグしてスウォッチとして登録。スウォッチ名を[ラフテクスチュア]に変更。

150622_1

150622_2

作成したスウォッチを1.のイラストの塗りに設定。これでラフなテクスチュアが適用されます。

150622-0001

 

3.文字や背景を入れる

仕上げに、ロゴタイプやグランジの背景を入れて雰囲気を出します。

[Bernhard Bold Condensed BT / Bold]の書体で「Coffee」とタイプし、イラストの上に配置。

150617-0003

以下の様な、コンクリート風のテクスチュアを用意。

concrete

作成したイラストの上に、[描画モード:乗算]で重ねて、完成です。

150617-0004

最後に、カップのイラストをドラッグ&ドロップでグラフィックスタイルに登録して、使い回しが出来るようにします。

150715

・アレンジ

イラストを変えたり、囲みにもテクスチュアを適用することで、コーヒーショップのロゴマークのようなラベルが出来ます。

cup_arrange
Designed by Freepik

・データ

制作サンプルデータ公開しています。以下よりダウンロードして下さい。
※背景画像の解像度はアップロード用に、72ppiに下げています。

 

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA