村越としや個展『沈黙の中身はすべて言葉だった』を観賞

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで始まった、村越としやさんの写真展『沈黙の中身はすべて言葉だった』を観てきました。

自身の故郷である福島の風景を素直に捉えたランドスケープ。今回は初の、パノラマサイズの作品のみで構成した展覧会。

この展示、素晴らしく良かったです。

村越さんの静謐でありながらも秘めたるメッセージを感じるような作風と、パノラマという表現がものすごくマッチしていました。

大きく引き伸ばされたパノラマ写真の実在感。

映像では無く写真という媒体であるにも関わらず、そこに写る木々の葉が風で揺れている事を感じるような、海の音が聴こえてくるようなリアリティがありました。

2月13日の会期終了までに、是非もう一度観に行きたいです。

村越としや 「沈黙の中身はすべて言葉だった」
会期: 2016年1月9日(土) – 2月13日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/13888
はてなブックマーク - 村越としや個展『沈黙の中身はすべて言葉だった』を観賞
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA