Illustratorのアピアランス機能を使って丸囲みの矢印を作る

Webサイトのナビゲーションなどでも見かける丸囲みの矢印。

この囲みを矢印とセットになるように、Illustratorのアピアランス機能を使って作成する方法をご紹介します。

160115_yajirusi_011_kansei

ドキュメントサイズ:左右50mm×天地30mm

1.矢印の骨格を[塗り:なし/線:なし]で描く

160115_yajirusi_001

160115_yajirusi_002

2.アピアランスパネルで線を追加

160115_yajirusi_003

160115_yajirusi_004 160115_yajirusi_005

[塗り:K100%/線幅:1mm/角の形状:ラウンド結合]

3.矢印のパス全体を選択し、グループ化

160115_yajirusi_006

アピアランスパネルにも[グループ]と表示される

160115_yajirusi_007

4.矢印を選択し、アピアランスパネルで線を追加

160115_yajirusi_008

5.4.で追加した線を選択しアピアランスパネルから[効果>形状に変換>楕円形]を選択

160115_yajirusi_009

160115_yajirusi_010

形状オプションパネルで[値を指定]、囲みの大きさを指定(今回は15mm×15mm)して完成。

160115_yajirusi_011_kansei

この方法で作るメリット

必ず、矢印の図形の中央から楕円形が描かれるので、ズレる事が少ないです。

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA