InDesignにinddファイルをリンク配置する時の読み込みオプションについて

InDesignファイルに別のinddファイルをリンク配置する際に、裁ち落としで配置したかったのに塗り足しが入ってしまったり、その逆もあったりと、思い通りにならない事が多かったので、改めて配置オプションの挙動を確認してみました。

2016-01-26-225856

ドキュメント配置の時に表示される上記のダイアログ。

『ページ境界線ボックス』『裁ち落とし境界線ボックス』『印刷可能領域境界線ボックス』。これら3つの違いをまとめました。

【検証】

まず、リンク用のドキュメントを以下の数値で作成します。

2016-01-26-225540

  • 天地:50mm×左右:50mm
  • 裁ち落とし(塗り足し):周囲 3mm
  • 印刷可能領域:周囲10mm

ドキュメントを色分けします。

160126-0003

  • ページサイズ50mm×50mmをマゼンタ
  • 裁ち落とし(塗り足し)の3mmをイエロー
  • 印刷可能領域の10mmをシアン

このファイルを「sample.indd」として保存しました。これを使って、配置するときのエリアを確認します。

新規ドキュメントを作成し、[ファイル>配置]で「sample.indd」を選択。この時、[読み込みオプションを表示]にチェックを入れます。

2016-01-26-232529

読み込みオプションのダイアログに表示される『ページ境界線ボックス』『裁ち落とし境界線ボックス』『印刷可能領域境界線ボックス』…これらの設定を変えて配置してみました。

2016-01-26-225856

【結果】

以下の様になりました。

2016-01-26-230322

・ページ境界線ボックス=ページサイズ
・裁ち落とし境界線ボックス=塗り足しまでを含む
・印刷可能領域境界線ボックス=印刷可能領域までを含む

『ページ境界線ボックス』と『印刷可能領域境界線ボックス』はそのままという感じですが、『裁ち落とし境界線ボックス』が塗り足しまで、というのがちょっと分かりにくいネーミングですね…。

しかし、これで、今度から間違えることは無さそうです。

作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA