Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける

Illustratorでエンボスのテキストエフェクトをかけるアピアランス設定のご紹介です。

以前の記事とは異なり、今回はソフトな印象のエンボステキストを作成します。

160223_013

1.アートボードを80mm×60mmで作成

2.テキストを打つ

160223_001

「Soft」というテキストを、今回は[VAG Rounded BT / 100Q]で打ちました。

一旦、[command+3]で隠しておきます。

3.ドキュメントの全面にK:20%のグレーを敷く

160223_002

4.テキストをカラー[白]で配置

160223_003

さきほどの「soft」を表示させ、テキストカラーを[白]にします。

5.テキストに、アピアランスパネルで[ぼかし]をかける

160223_004

テキストを選択し、アピアランスパネルで[効果>スタイライズ>ぼかし][ぼかしの半径:1mm]でテキストの輪郭をぼかします。

6.テキストのアピアランスをコピー

160223_005

テキストをぼかしの効果ごと、コピーします。

7.上になる文字の色を濃いグレーに変更

160223_006

ぼかしを維持したまま、上のテキストを[K:40%]のグレーに変更しました。

8.テキストを移動させ、ズレを作る

160223_007

7.で濃いグレーにした方のテキストを選択し、アピアランスパネルの[パスの変形>変形効果][水平方向:1mm / 垂直方向:1mm]に設定し、テキストを右下にズラす。さらに、濃いグレーの方のレイヤー効果を[乗算]に設定。

160223_008

160223_009

白いテキストと、濃いグレーのテキストがズレて、こうなります。既にエンボス感が出ています。

9.メインカラーを入れる

濃いグレーの方のテキストをアピアランスパネルでコピー。最上段のテキストのカラーを[M:100% / Y:100%]に変更。

160223_010

160223_011

さらに最上段のテキストをアピアランスパネルより[パスの変形>変形効果][水平方向:0.5mm / 垂直方向:0.5mm](濃いグレーのテキストの移動値の半分)移動させる。

160223_013

これで完成です。

ここで紹介したカラー、移動値などは、表現に合わせて調整して下さい。

参照元リンク:
Real World Illustrator: TECHNIQUE: Emboss Text Effect http://rwillustrator.blogspot.com/2008/07/technique-emboss-text-effect.html
作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA