Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける

Illustratorでエンボスのテキストエフェクトをかけるアピアランス設定のご紹介です。

以前の記事とは異なり、今回はソフトな印象のエンボステキストを作成します。

160223_013

1.アートボードを80mm×60mmで作成

2.テキストを打つ

160223_001

「Soft」というテキストを、今回は[VAG Rounded BT / 100Q]で打ちました。

一旦、[command+3]で隠しておきます。

3.ドキュメントの全面にK:20%のグレーを敷く

160223_002

4.テキストをカラー[白]で配置

160223_003

さきほどの「soft」を表示させ、テキストカラーを[白]にします。

5.テキストに、アピアランスパネルで[ぼかし]をかける

160223_004

テキストを選択し、アピアランスパネルで[効果>スタイライズ>ぼかし][ぼかしの半径:1mm]でテキストの輪郭をぼかします。

6.テキストのアピアランスをコピー

160223_005

テキストをぼかしの効果ごと、コピーします。

7.上になる文字の色を濃いグレーに変更

160223_006

ぼかしを維持したまま、上のテキストを[K:40%]のグレーに変更しました。

8.テキストを移動させ、ズレを作る

160223_007

7.で濃いグレーにした方のテキストを選択し、アピアランスパネルの[パスの変形>変形効果][水平方向:1mm / 垂直方向:1mm]に設定し、テキストを右下にズラす。さらに、濃いグレーの方のレイヤー効果を[乗算]に設定。

160223_008

160223_009

白いテキストと、濃いグレーのテキストがズレて、こうなります。既にエンボス感が出ています。

9.メインカラーを入れる

濃いグレーの方のテキストをアピアランスパネルでコピー。最上段のテキストのカラーを[M:100% / Y:100%]に変更。

160223_010

160223_011

さらに最上段のテキストをアピアランスパネルより[パスの変形>変形効果][水平方向:0.5mm / 垂直方向:0.5mm](濃いグレーのテキストの移動値の半分)移動させる。

160223_013

これで完成です。

ここで紹介したカラー、移動値などは、表現に合わせて調整して下さい。

参照元リンク:
Real World Illustrator: TECHNIQUE: Emboss Text Effect http://rwillustrator.blogspot.com/2008/07/technique-emboss-text-effect.html
作業環境
OS:OSX 10.8.5
Application:Adobe CS5
はてなブックマーク - Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA