InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignでレイヤーや効果をたくさん使ったり、Illustratorで細かいパターンスウォッチなどを使用している場合、データのプリントアウトにとても時間がかかってしまう事があります。

ちょっとした文字修正をしたので、プリントして確認したい、という場合でも、時間がかかってしまうと煩わしいですよね。

そんな時に、プリントアウトをスピーディに行う方法です。

複雑なデータは「JPG」に書き出してからプリントアウト

複雑なデータをプリントアウトする際には、データをJPGで一枚の画像に書き出しすると早いです。

◆InDesignの場合

[ファイル]>[書き出し]>[フォーマット:JPG]
JPGの書き出しウィンドウが表示されるので、以下の様に設定しています。
※メモリが不足する場合、品質を少し下げます。

id_gamen

◆Illustratorの場合

[ファイル]>[書き出し]>[フォーマット:JPG]
JPGの書き出しウィンドウが表示されるので、以下の様に設定しています。

ai_gamen

内容と色の確認には十分

クライアントへの提出用でなく、自分で色や、内容を確認する場合には、この方法はかなり有効だと思います。

私の場合、インクジェットプリンターを使用して複雑なデータを印刷した際に、何故か、文字などが消えてしまう現象も起きていたのですが、JPGで一枚の画像にすると、その様な現象も起きなくなりました。

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA