InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignでレイヤーや効果をたくさん使ったり、Illustratorで細かいパターンスウォッチなどを使用している場合、データのプリントアウトにとても時間がかかってしまう事があります。

ちょっとした文字修正をしたので、プリントして確認したい、という場合でも、時間がかかってしまうと煩わしいですよね。

そんな時に、プリントアウトをスピーディに行う方法です。

複雑なデータは「JPG」に書き出してからプリントアウト

複雑なデータをプリントアウトする際には、データをJPGで一枚の画像に書き出しすると早いです。

◆InDesignの場合

[ファイル]>[書き出し]>[フォーマット:JPG]
JPGの書き出しウィンドウが表示されるので、以下の様に設定しています。
※メモリが不足する場合、品質を少し下げます。

id_gamen

◆Illustratorの場合

[ファイル]>[書き出し]>[フォーマット:JPG]
JPGの書き出しウィンドウが表示されるので、以下の様に設定しています。

ai_gamen

内容と色の確認には十分

クライアントへの提出用でなく、自分で色や、内容を確認する場合には、この方法はかなり有効だと思います。

私の場合、インクジェットプリンターを使用して複雑なデータを印刷した際に、何故か、文字などが消えてしまう現象も起きていたのですが、JPGで一枚の画像にすると、その様な現象も起きなくなりました。

はてなブックマーク - InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA