マツモトダイスケ個展『 ONE OF WONDER』@半蔵門ANAGRA

荒野で争うウルトラマンとゴジラ、雪山を彷徨う2人の原人などによって繰り広げられる、「正義」や「罪と罰」をテーマにした写真。

深いテーマを扱いながらも、ウルトラマンとゴジラが、マスクと手袋をつけただけのものだったり、原人も、全裸に、ハンズで良く見るパーティーグッズのチンパンジーのマスクを被せただけだったり、どこかチープで笑えてきます。

何で知ったのかは忘れてしまったのだけど、作家のサイトで、これらの作品を見て以来、とても興味を惹かれていた写真家「マツモトダイスケ」さん。

そんなマツモトさんの個展が半蔵門にあるANAGRAというスペースで開催されるという事で、以下のインタビュー記事を見てさらに興味が湧いたこともあり、行ってきました。

マツモトダイスケは在りし日の英雄たちの仮面を借り、オレたちがついつい忘れがちな90年代Jドリームエモ神話を今日もえがく
http://wearetsk.com/daisuke-matsumoto-one-of-wonder/

ANAGRAは半蔵門駅から徒歩5分くらいの場所にある、ギャラリー兼バーのようなスペース。

マンションの地下にあり、まさに穴蔵という雰囲気。

会場に入ると、壁にランダムに飾られた写真と、その周囲に配置された謎なオブジェクトの数々に息を飲みました。

銃と軍帽を付けて、全身緑に塗られて表彰台に乗せられたマネキン、パトランプと組み合わされて発光する仮面ライダーのマスク、中央に置かれた碁盤の上に散らばっている麻雀牌やトランプ、カウンターの裏に飾られている数々のマスク…正にカオス空間です。

展示されていた写真は、これまでZINEなどに掲載していたものや、新作が中心になってるようで、全て販売されていました。

私が特に印象に残ったのは、世界地図の上に、大陸の形にマヨネーズがかけられている作品です。

世界の大陸の形にかけられたマヨネーズは、そのうねりがまるで脳みその様に見えてきて、「世界というのは一人一人の頭(脳)の中にあるものだ」というような事を暗示しているようにも見えました。

他にも、先ほどの、緑のマネキンが富士山をバックに佇む作品や、前述のウルトラマンのテイストにも通じるような、民族系のマスクを用いた作品も良かったです。

作家のマツモトさんも在廊されていたので、少しお話をさせて頂きました。作品についても話して頂いたので以下にメモします。

▶緑のマネキンについて

戦争をテーマにした作品。緑のマネキンは軍人で、「誰が一番多く敵を殺せるか?」というバトル・ロワイアルゲームの勝者。だから、表彰台に乗っており、2位と3位はいない(死んでいるので)。

▶特撮について

幼い頃から実家に『ウルトラマンエース』のビデオがあり、それが好きで何回も見ていた。

また、故郷の鳥取は水木しげるの出身地で、学校の図書館には必ずと言っていいほど、水木しげるの妖怪のマンガがあり、それをいつも読んでいた。

▶会場中央にある麻雀?のオブジェについて

知人2人(弁護士などのエリートな業種の方)に、碁盤の上に、麻雀牌、ハードディスク、基盤、トランプなどを置いて、最後にハードディスクに辿り着くという事だけ決めて、自由にゲームをしてもらった。その様子を撮影して写真にした。

▶作品に登場する裸のモデルについて

基本的に友達に「やってくんない?」と言って協力してもらっている。

そして、衝撃だったのが入り口近くの床に落ちていた(様に見えた)潰れたワラジのような物体。マツモトさんに聞いた所、これは『 SEKAINOHEIWA 』で使用したゴジラのマスクの慣れの果てだとのこと。久しぶりに引っ張り出したらペチャンコになっていたそうです。

マツモトさんの写真は、一見めちゃくちゃな事をやっているように見えるのですが、そこに、私たちが子供の頃に親しんだ『特撮』や『妖怪』などのエッセンスが入ることで、とてもストーリーを感じるような作品になっています。

写真だけではなく、アート全体で見ても、『特撮』というフィルターを通して表現している作品は他に知らなかったので、とても新鮮な印象を受けました。

何よりも、タランティーノ映画などの『B級感』が大好きな私にとって、今回の展示空間が放つ雰囲気は素直にシビレました。

ANAGRA presents
DAISUKE MATSUMOTO SOLO EXHIBITION
ONE OF WONDER
2016.03.04-03.11
Website:http://www.anagra-tokyo.com/#!anagra-now/c1j1m
Photographer:マツモトダイスケ(http://daisukematsumoto.com/

今回の展示のものでは無いですが、写真集も買いました。

SEKAINOHEIWA

160308_matsumoto_1

160308_matsumoto_2

160308_matsumoto_3

160308_matsumoto_4

Photographer:Daisuke Matsumoto
Publisher:Mark Pearspn, Zen Foto Gallery
Year:2012

TSUMITOBATSU

160308_matsumoto_5

160308_matsumoto_6

160308_matsumoto_7

160308_matsumoto_8

Photographer:Daisuke Matsumoto
Publisher:Zen Foto Gallery
Year:2014

2冊ともとても良いです。

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA