注意!Illustratorでスウォッチを設定する時、誤って[特色]にすると大変なことに

Illustratorでカラースウォッチ機能を使う際の要注意事項です。
例えば、以下の様な文字で、「朝」の文字のみをグリーンに変えたい場合、後々の色変更などを考えて、スウォッチパネルでグローバルスウォッチとして色を登録する事が多いと思います。

swatch_001

swatch_002

通常の4色印刷の場合、上の様に、カラータイプが[プロセスカラー]になっていれば問題ないのですが、誤って、[特色]に設定してしまった場合。(または、すでにあるスウォッチをコピーして使う場合に、そもそも[特色]に設定されてしまっていたら)

swatch_003

モニター上では問題なく、「朝」がグリーンの色に変わりました。

swatch_004

ですが、実際印刷してみるとどうでしょうか?Illustratorの[ウィンドウ>分版プレビュー]でシミュレーションしてみます。

swatch_005

この時点で、CMYK版の他にグリーンが特色の版として表示されています。4色印刷の場合特色は使用しないので、グリーンの版を非表示にすると…

swatch_006

swatch_007

「朝」の文字が消えてしまいました!

これは、実際に私がお客様から聞いたケースなのですが、

Illustratorで入稿したデータを4色で印刷したら、一部の文字が消えてしまった。
データを調べたら、特色で色を設定している箇所があり、その部分が消えていた。

という事でした。

グローバルスウォッチの[プロセスカラー]と[特色]は並んで表示されており、また、モニター上では問題なく表示されるため、注意しないと、間違えて設定してしまうこともありそうです。

入稿前にはスウォッチパネルで特色設定がされていないかどうかを必ず確認した方が良さそうです。

swatch_008

はてなブックマーク - 注意!Illustratorでスウォッチを設定する時、誤って[特色]にすると大変なことに
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA