注意!Illustratorでスウォッチを設定する時、誤って[特色]にすると大変なことに

Illustratorでカラースウォッチ機能を使う際の要注意事項です。
例えば、以下の様な文字で、「朝」の文字のみをグリーンに変えたい場合、後々の色変更などを考えて、スウォッチパネルでグローバルスウォッチとして色を登録する事が多いと思います。

swatch_001

swatch_002

通常の4色印刷の場合、上の様に、カラータイプが[プロセスカラー]になっていれば問題ないのですが、誤って、[特色]に設定してしまった場合。(または、すでにあるスウォッチをコピーして使う場合に、そもそも[特色]に設定されてしまっていたら)

swatch_003

モニター上では問題なく、「朝」がグリーンの色に変わりました。

swatch_004

ですが、実際印刷してみるとどうでしょうか?Illustratorの[ウィンドウ>分版プレビュー]でシミュレーションしてみます。

swatch_005

この時点で、CMYK版の他にグリーンが特色の版として表示されています。4色印刷の場合特色は使用しないので、グリーンの版を非表示にすると…

swatch_006

swatch_007

「朝」の文字が消えてしまいました!

これは、実際に私がお客様から聞いたケースなのですが、

Illustratorで入稿したデータを4色で印刷したら、一部の文字が消えてしまった。
データを調べたら、特色で色を設定している箇所があり、その部分が消えていた。

という事でした。

グローバルスウォッチの[プロセスカラー]と[特色]は並んで表示されており、また、モニター上では問題なく表示されるため、注意しないと、間違えて設定してしまうこともありそうです。

入稿前にはスウォッチパネルで特色設定がされていないかどうかを必ず確認した方が良さそうです。

swatch_008

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA