『omoto村の寄り合いご飯』@神楽坂フラスコ

神楽坂にあるフラスコというギャラリーで開催していたomotoさんの個展『omotoの身のまわり展 -わたしの村を考える。-』。
会期中に行われたフードユニット「つむぎや」さんによる週末限定のランチイベント『omoto村の寄り合いご飯』というごはん会に参加してきました。

DSCF0427

つむぎやさんは男性2人組のフードユニット。

金子健一とマツーラユタカからなる野郎2人組フードユニット。
「食を通して、人と人とを、満ち足りたココロをつむいでいく」をモットーに、和食ベースのオリジナル料理を、雑誌やイベント、料理教室、ケータリングなどを通して提案している。
つむぎやとは | つむぎや http://www.tsumugiya.com/about/

私は以前、世田谷の『夏椿』で器の作家さんとコラボレーションしたランチイベントに参加したことがあり、その時に頂いた創作和食がとても美味しかったので、今回も期待して参加しました。

今回は「寄り合い」という事で、参加した人がおかずを持ち寄って良いという方式だったので、様々な料理が食卓を彩りました。

写真と共にご紹介します。

DSCF0422

今回のごはん会は手巻き寿司スタイル。写真中央のおひつに入っているのは、酢飯ではなく、ごま油と塩で味付けされたご飯。のりに大葉とご飯を乗せてそこに様々なおかずを乗せて楽しむ「創作手巻き」。

私は酢飯がそんなに得意では無いので、このごま油の風味のご飯は、食べやすくてとても良かったです。ご飯そのままでも美味しい上に、色々なおかずと組み合わせても、おかずの味を邪魔しません。

DSCF0428

つむぎやさんは勿論のこと、他の方の持ち寄りのおかずも美味しいものばかり、とても色鮮やかな食卓になりました。(私は持ち込み料理を作れなかったのですが…。)

使われている器も素敵でした。

DSCF0429

手前のお皿は、ひじきと切り干し大根の、カレー風味の和え物。

DSCF0424

DSCF0425

菜の花のおひたしは持ち寄りのおかず。とても美味しかったです。

DSCF0426

DSCF0423

お麩の唐揚げ。衣には小麦粉ではなく、米粉を使っているそうです。衣をカリッと噛むと中はとてもジューシーで、それでいて油っこくなくて、とても食べやすかったです。

DSCF0430

シメのイチゴと白ワインのスープ。とても爽やかな飲み心地でした。

手巻きというスタイルは、誰でも参加できるのは元より、お客さん同士が、「このおかずを組み合わせると美味しいよ」と話したりして盛り上がれるので、とても良かったです。

参加した方は、主婦や会社員の方、料理雑誌の編集をされていた方や、フードコーディネーターの方など、食に強い関心を持っている方ばかりで、持ち寄りのおかずもとても素敵でした。

またこのようなイベントがあれば、今度は是非私も持ち寄りのおかずを作って参加したいです。

 

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA