2016冬|香川旅行記-1:香川県立体育館の迫力に圧倒

2016年の12月末に、再び香川県の高松市を中心に旅行をしてきました。印象に残ったスポットについていくつか記事を書こうと思っています。

1つ目の記事は『香川県立体育館』

1964年に竣工したこの建物は丹下健三による建築で、彼の代表作とも言われています。

耐震改修工事の入札不調により2014年の9月に閉館し、将来的には取り壊される事になっています。

前回、香川を旅行した際、香川県立体育館 保存の会の代表をされている建築家のカワニシノリユキさんからそのお話を伺い、今回の旅で初めて訪問してみました。

以下が私が現地で撮影した写真です。

ものすごい迫力でした!

広角のデジカメでも大分離れないと全部収まらない程の巨大さ。

SFアニメに登場する宇宙戦艦の様なデザインで、外から見てるだけでもワクワクしました。

見てるだけでエネルギーが湧いてくるような建築の力がありました。

こんなインパクトのある建築が高松の街中にポッとあるという点も面白いです。

とはいえ、この構造を維持しながら耐震工事をするという事は相当な予算がかかるだろうという事も実物を見て実感しました。

私は、高松を訪れた際には是非また『香川県立体育館』を訪問し、今度は建物の内部も見てみたいと強く思いました。

なんとか存続出来る様に願っています。

香川県立体育館 保存の会
http://kentaihozon.org/
https://twitter.com/kentai_hozon

電子署名サイト
https://goo.gl/fOJreS

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA