2016冬|香川旅行記-4:カフェレストMIMOCA-丸亀市猪熊弦一郎現代美術館のカフェでの昼食

2016冬の香川旅行記その4です。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館のカフェで食べたお昼ごはんセットのご紹介です。

丸亀駅のすぐ側にある現代美術館

谷口吉生による建築は外光の入り方がとても美しい
カフェMIMOCAの店内にはイサムノグチ、剣持勇、アルヴァ・アールトやハンス・J・ウェグナーらによるデザインのインテリアが並ぶ

11時から14時がランチタイム。私はいのくまの昼飯というランチセットを注文しました。

いのくまの昼飯…1200円
雑穀ごはんと汁物に月替わりの主菜を一品、副菜を2品お付けしています。
メニュー | Café MIMOCA

小鉢の野菜が水々しい
メインディッシュは鮭の和風フライ。アサリの出汁が効いたホワイトソースが鮭の味を引き立てる

全体的にあっさりめの優しい味付けだったので、とても良かったです。
出てくるまでわりとゆっくりなので、丁寧に作っていただいている感じがしました。

店内インテリアと、ロケーションがとても素敵なので、本当にゆったりとした気持ちで食事が出来るカフェです。

カフェレストMIMOCA
http://www.cafemimoca.jp/
営業時間:10:00 〜 18:00(L.0. 17:30)
休業日:美術館の休館日に準ずる。

 

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA