祖師ヶ谷大蔵の「ごはん屋 ヒバリ」で、野菜づくしの夜ご飯

祖師谷大蔵にある自然食のお店「ごはん屋 ヒバリ」さん。以前から気になっていたのですが、先日ようやく行くことが出来ました。

ディナータイムだったので電話で予約をして、3500円のおまかせコースを注文。

ワンドリンクは別で注文が必要だったので梅酒を頂きました。自家製の梅酒のようで、甘すぎず、丁度良かったです。

前菜盛り合わせ

まずは前菜の盛り合わせ。写真手前の自家製ハムが肉厚でとても美味しい。また、カリフラワーのピクルスも適度な酸味と歯ごたえで箸が進みます。

ビーツのスープ

ビーツ(Beets)という、カブとじゃがいもを足して2で割ったような食感の真っ赤な野菜を使ったスープ。
ビーツは「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養が豊富なようです。
見事なくらいに鮮やかなマゼンタのスープに添えられた白いサワークリームがアクセントになっています。

写真を見るとアッサリしてそうですが、実際に食べてみると豚?ひき肉も入っており、食べごたえがありました。お肉が入っていた事によってコクもしっかり出ていました。

有機野菜のグリル

こちらのお店の特色である有機野菜をつかったグリル。お皿に乗っているのは写真左から里芋、かぶ、レンコン、自家製干し芋、ビーツ、ゴボウ、です。
私が特に印象に残ったのは里芋です。皮がついていますが、スッとはがせるくらいにトロトロになっていて、口に入れた瞬間にとろけるようなまろやかさがありました。
カブも、素材が持つみずみずしい甘さがしっかり詰まっていました。

椎茸のステーキ

続いてこちらはなんと椎茸のステーキ!
かなり肉厚で見た目も美味しそうなのですが、実際に噛んでみるとうま味の詰まったスープがこぼれるほど出てきて、本当にお肉のステーキを食べているかのような食感。
石づきまでまるごと頂けて、とても美味しかったです。

がんも

そしてメインは揚げ出し豆腐のようなガンモ。丸く乗っている大根おろしが雪だるまのようでかわいいです。
出汁醤油のやさしい味がしっかり染みていて、とてもホッとする味わいでした。

最後は、炊き込みごはんかデザートを選べるのですが、この日は私はデザートを選びました。

チョコレートケーキ

普段、自分ではあまりチョコレートケーキは頼まないのですが、このケーキもとても美味しかったです。
とてもしっとりしていて、密度も高く、ケーキというよりも生チョコの固まりのような濃厚さがありました。
最後までしっかり満足できるコースでした。

まとめ

期待していたとおり、というか期待以上に素晴らしいお店でした。
どの料理も一見シンプルながら、食材の持つうま味を最大限に引き出すような工夫が感じられて、食べていて発見がありました。
コースのメニューは定期的に変わるそうなので、また是非行きたいと思います。

ごはん屋 ヒバリ
http://hibarigohan.com/
https://www.facebook.com/hibarigohan/

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA