「とんかつ 銀座梅林」でメンチカツ定食を食べました / Tonkatsu Ginza Bairin

白井さんの展示を観た後で、gggの近くの「とんかつ 銀座梅林」で夕食を食べました。
銀座梅林は昭和2年創業の老舗のとんかつ屋さんです。

After watching Mr. Shirai’s exhibition, I ate dinner at “Tonkatsu Ginza Bairin” near ggg.
Ginza Bairin is a well-established Tonkatsuya store founded in Showa 2.

魅力的なメニューが多い中、かなり迷った末にこの日は「メンチカツ定食」を注文。1,000円と、この近辺ではお手頃な価格です。

Many attractive menus, after a lot of lost we ordered ‘Menchikatsu set menu’ on this day. It is affordable around 1,000 yen in this neighborhood.

出てきたのがこちら

Here is what came out

1,000円とは思えない大ボリュームです。

It is a large volume that I do not think is 1,000 yen.

お肉は、見た目とは裏腹にあっさり目の味付けで、ソースをかけてちょうど良くなる感じです。とてもジューシーでした。
コロモも、良い油を使っているためか、油っぽい感じはしません。
私としては、かなり好きな味でした。

The meat is a savory season on the contrary to the appearance and seasoning of the eyes, it is feeling just getting better by putting sauce. It was very juicy.
Because Coromo is using a good oil, I do not feel like oil.
As for me, it was a taste I liked quite a bit.

赤味噌のお味噌汁も、普段自宅では作らないので新鮮な味で、ホッとしました。また、ご飯とキャベツはおかわり自由なのでモリモリ食べられます。

As for miso soup of red miso, it does not usually make it at home, so it was relieved with a fresh taste. Also, since rice and cabbage are free, they can eat a lot.

大満足の夕食となりました。次回は是非、とんかつに挑戦してみたいと思います。

It was a great satisfying dinner. Next time I’d like to try out a pork cutlet.

なお、会計は現金のみで、クレジットカード等は使用出来ません。

In addition, the account is only cash, credit card etc can not be used.

Information
とんかつ 銀座梅林
東京都中央区銀座7-8-1
website: http://www.ginzabairin.com/index.php
Tonkatsu Ginza Bairin
7-8-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA