freee にて確定申告の際、実際の口座残高と登録残高がズレてしまった場合の確認と解決法

会計ソフトの「freee」で確定申告の作業をしている際、登録口座の残高が、実際のインターネットバンキングから取得した明細とズレている事態が生じてしまった。

このままでは確定申告が完了出来ないので解決法を調べた。来年度も起きてしまうかもしれないので、備忘録として記載しておく。

原因

口座振替の際に、「振込」側の口座の登録と「入金」の登録で、重複して登録されてしまっていたため。

解決法

「レポート」<「現預金レポート」を表示し、開始日を確定申告をおこなう年度の1月1日、終了日を締め日の翌日に設定。

入金額の欄を確認していき、近い日付で同じ金額が入金されている箇所を確認。

重複しているうち、取引区分が「入金」となっている方の取引を削除する。(「振込」となっている方を削除しないように)

削除した取引は「未登録明細」に戻っているので、それぞれ、「×」マークをクリックし、「明細を無視する」を選択し、明細を無視する。

これで重複された取引が解消され、確定申告作業を進めることが出来た。

 

会計freee 個人事業主向け スタータープラン
会計ソフト freee(フリー) (2017-12-11)
売り上げランキング: 5,441
Share this!