アフタヌーンティーのセブン-イレブン限定のチルドカップティーを飲んでみた

アフタヌーンティーによる、セブン-イレブン限定のチルドカップティーが発売されたので購入して飲んでみた。

パッケージが上品で素敵である。

左側が「アフタヌーンティー チャイ」(178円)、右側が「アフタヌーンティー シャルドネダージリン」(168円)。どちらもColdドリンク。

アフタヌーンティー チャイ

まずはこちらのチャイ。スパイスがかなり効いていて本格的な印象。ミルクもとても濃厚で、美味しかった。

これを飲んだ後で、別の会社が出しているボトル缶のチャイを飲んでみたが、アフタヌーンティーの物と比較するとスパイスが弱く、物足りなさを感じてしまった。

アフタヌーンティー シャルドネダージリン

こちらはアフタヌーンティー・ティールーム店舗で人気No.1のフレーバーティーをアレンジしたものとの事。白ワイン用に使われる「シャルドネ」というブドウ品種の果汁が入っており、フルーティーでサッパリとした味わい。

晴れた日に公園や屋外のベンチで飲むと気持ちよさそうだ。

こういったチルドカップの商品、コーヒーはよく見かけるが、紅茶は初めて見たのでなかなか挑戦している商品だと思う。

アフタヌーンティーのこの2商品をセブン-イレブンで買って飲んで以降、紅茶にも色々な飲み方があるという事を改めて実感した。紅茶ファンの間口を広げる意味でも面白い商品だと思う。

どちらも、味に関しては自信を持って開発している、という事が伝わってくる商品なので、気になった人は飲んでみたら満足できると思う。

これを機に、もっと色々な種類の紅茶が手軽に飲めるようになったら面白くなるだろうと感じた。

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA