カトリーヌ・ロングリー(Katherine Longly)写真集公開プレゼン

RPS(Reminders Photography Stronghold)ギャラリーで開催されたこちらのイベントに行ってきました。 カトリーヌ・ロングリー(Katherine Longly)写真集公開プレゼンテーション イベントの概要は以下のfacebookページをご覧下さい。 https://www.facebook.com/events/289655285040357/ 印象に残ったコメントを箇条書きにしておきます。 -本の最後に自分の子どもの頃の写真を入れている事に関して 人の個人的なストーリーを聞いているので、自分のストーリーもオープンにしないとフェアじゃないと感じたから。 -編集で気をつけた事 パーソナリティの異なる10人が提供してくれた素材を一冊にまとめるので、本としての統一感に気をつけた。 -この本で伝えたかった事 人にとって食事はどのような役割を果たすか。 -表紙の綿飴は 「霞を食べる」というイメージをメタフォリカルなヴィジュアルで表現した。 -本作りのために五回も日本に来ているが、制作費用や渡航費はどうしたの? 最初の二回のダミー作成時はベルギー政府から援助金が出た。それ以降は博物館の監視員など、アルバイトをして捻出。本作りにかけた費用を合計すると計100万くらい。 トーク終了後の懇親会 会場には食品サンプルのようなキーホルダーが吊されたインスタレーションもありました。 Information Artist:カトリーヌ・ロングリー(Katherine...
2019-04-020 DownloadsDownload