Illustratorで作成した大判ポスターを分割してプリントアウトする / Illustrator split printout

Illustratorで作成した大判ポスターを分割してプリントアウトする方法です。
B1サイズのポスターをA3のプリンターを使用してプリントアウトするシーンを想定しています。

It is a method to print out by splitting a large format poster created with Illustrator.
This assumes a scene where B1 size posters are printed out using A3 printers.

“Illustratorで作成した大判ポスターを分割してプリントアウトする / Illustrator split printout” の続きを読む

Word原稿に入っている複雑な数式をIllustratorやInDesignで使用出来るようにする方法

論文集などのレイアウトをしていると、以下の図の様な複雑な数式が入ったWord原稿を頂く事があります。

こういった数式入りの原稿を、IllustratorやInDesignなどのAdobeのソフトでレイアウトする場合、そのままコピー&ペーストしても、表示されない文字があったり、表示が崩れてしまいます。

また、数式ならでは独自の表記ルールがあるので、内容を理解していないのにフォントや字間を変更する事もかなり危険です。

そのため、出来るだけWord原稿に表示されているそのままの形でAdobeソフトにデータを持っていく事が重要になります。

Word原稿をPDF書き出し→AcrobatでPDF内のフォントを全てアウトライン→PDFファイルをIllustratorで開き、保存

という作業が必要になるので、その手順をご紹介します。

“Word原稿に入っている複雑な数式をIllustratorやInDesignで使用出来るようにする方法” の続きを読む

注意!Illustratorでスウォッチを設定する時、誤って[特色]にすると大変なことに

Illustratorでカラースウォッチ機能を使う際の要注意事項です。
例えば、以下の様な文字で、「朝」の文字のみをグリーンに変えたい場合、後々の色変更などを考えて、スウォッチパネルでグローバルスウォッチとして色を登録する事が多いと思います。

swatch_001

swatch_002

通常の4色印刷の場合、上の様に、カラータイプが[プロセスカラー]になっていれば問題ないのですが、誤って、[特色]に設定してしまった場合。(または、すでにあるスウォッチをコピーして使う場合に、そもそも[特色]に設定されてしまっていたら)

“注意!Illustratorでスウォッチを設定する時、誤って[特色]にすると大変なことに” の続きを読む

InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignでレイヤーや効果をたくさん使ったり、Illustratorで細かいパターンスウォッチなどを使用している場合、データのプリントアウトにとても時間がかかってしまう事があります。

ちょっとした文字修正をしたので、プリントして確認したい、という場合でも、時間がかかってしまうと煩わしいですよね。

そんな時に、プリントアウトをスピーディに行う方法です。

“InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い” の続きを読む

Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける

Illustratorでエンボスのテキストエフェクトをかけるアピアランス設定のご紹介です。

以前の記事とは異なり、今回はソフトな印象のエンボステキストを作成します。

160223_013

“Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける” の続きを読む

Illustratorのアピアランス機能を使って丸囲みの矢印を作る

Webサイトのナビゲーションなどでも見かける丸囲みの矢印。

この囲みを矢印とセットになるように、Illustratorのアピアランス機能を使って作成する方法をご紹介します。

160115_yajirusi_011_kansei

“Illustratorのアピアランス機能を使って丸囲みの矢印を作る” の続きを読む

InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る

InDesignで下図のようなタブ型の文字囲みを作る場合、私はこれまで、テキストと、長方形の囲みと、右側の三角形のパーツ、3つを組み合わせて作成していました。

160115_kakomi_011

しかし、グループ化して使っていても、何度もテキスト修正が入ったりすると、それぞれのパーツが微妙にズレてしまったりする事もあり、出来れば一つのパーツとして作れないか?と考えていました。

今回、InDesignの表機能を使うことで、崩れにくい一パーツでタブ型の文字囲みを作る方法を考えましたので、ご紹介します

“InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る” の続きを読む

Illustratorのアピアランスで花火のような囲み飾りを作る

Illustratorのアピアランス機能を使って、花火のような、和風の囲み飾りを作る方法をご紹介します。

160114_hanabi10

“Illustratorのアピアランスで花火のような囲み飾りを作る” の続きを読む