[Mac限定]PDF貼魔王を使用してB5中綴じのZINEの面付けをする

InDesignを使用して中綴じのZINEや写真集のレイアウトを作成し、Kinkosネットプリントなどで自分で印刷して製本する場合、ページの面付けが必要になります。

InDesignのブックレット印刷機能を使用しても良いのですが、Macには「PDF貼魔王」というフリーソフトがあり、これを使うととても便利です。

B5サイズ中綴じ16ページの冊子を作成する事を想定し「PDF貼魔王」での面付けの設定をまとめました。

続きを読む [Mac限定]PDF貼魔王を使用してB5中綴じのZINEの面付けをする

Word原稿に入っている複雑な数式をIllustratorやInDesignで使用出来るようにする方法

論文集などのレイアウトをしていると、以下の図の様な複雑な数式が入ったWord原稿を頂く事があります。

こういった数式入りの原稿を、IllustratorやInDesignなどのAdobeのソフトでレイアウトする場合、そのままコピー&ペーストしても、表示されない文字があったり、表示が崩れてしまいます。

また、数式ならでは独自の表記ルールがあるので、内容を理解していないのにフォントや字間を変更する事もかなり危険です。

そのため、出来るだけWord原稿に表示されているそのままの形でAdobeソフトにデータを持っていく事が重要になります。

Word原稿をPDF書き出し→AcrobatでPDF内のフォントを全てアウトライン→PDFファイルをIllustratorで開き、保存

という作業が必要になるので、その手順をご紹介します。

続きを読む Word原稿に入っている複雑な数式をIllustratorやInDesignで使用出来るようにする方法

InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignでレイヤーや効果をたくさん使ったり、Illustratorで細かいパターンスウォッチなどを使用している場合、データのプリントアウトにとても時間がかかってしまう事があります。

ちょっとした文字修正をしたので、プリントして確認したい、という場合でも、時間がかかってしまうと煩わしいですよね。

そんな時に、プリントアウトをスピーディに行う方法です。

続きを読む InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignにinddファイルをリンク配置する時の読み込みオプションについて

InDesignファイルに別のinddファイルをリンク配置する際に、裁ち落としで配置したかったのに塗り足しが入ってしまったり、その逆もあったりと、思い通りにならない事が多かったので、改めて配置オプションの挙動を確認してみました。

2016-01-26-225856

ドキュメント配置の時に表示される上記のダイアログ。

『ページ境界線ボックス』『裁ち落とし境界線ボックス』『印刷可能領域境界線ボックス』。これら3つの違いをまとめました。

続きを読む InDesignにinddファイルをリンク配置する時の読み込みオプションについて

InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る

InDesignで下図のようなタブ型の文字囲みを作る場合、私はこれまで、テキストと、長方形の囲みと、右側の三角形のパーツ、3つを組み合わせて作成していました。

160115_kakomi_011

しかし、グループ化して使っていても、何度もテキスト修正が入ったりすると、それぞれのパーツが微妙にズレてしまったりする事もあり、出来れば一つのパーツとして作れないか?と考えていました。

今回、InDesignの表機能を使うことで、崩れにくい一パーツでタブ型の文字囲みを作る方法を考えましたので、ご紹介します

続きを読む InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る

InDesignに画像をリンク配置したIllustratorファイルを配置し、PDFに変換した場合に画像の色がくすむ

InDesignにIllustratorファイルを配置し、印刷用のPDF(X/1-a)に書きだした際に、Illustratorにリンク配置されている画像の色がくすんでしまうという現象が起きたので、考えられる原因と、対策をメモしておきます。

続きを読む InDesignに画像をリンク配置したIllustratorファイルを配置し、PDFに変換した場合に画像の色がくすむ

Word原稿をレイアウトソフトで使用する際の手順と注意点

word

Wordで支給されたテキスト原稿をレイアウトソフト(InDesign、Illustrator)にコピー&ペーストして使用する際の手順と注意点をまとめました。

続きを読む Word原稿をレイアウトソフトで使用する際の手順と注意点

InDesignのデータをIllustratorデータに、可能な限り変換する

idai

最近は、ペラ物でもInDesignでレイアウトをすることがほとんどなのですが、印刷会社によっては、Illustratorデータでの入稿を求められることがあります。
ギリギリまでInDesignで作成して、最後にIllustratorの入稿データに変換する際に、私が行っている手順を紹介します。

注)文字のアウトライン化や画像の再リンクを行うので、リスクがあります。理想はもちろん、初めから全てIllustratorで作成することです。

続きを読む InDesignのデータをIllustratorデータに、可能な限り変換する