URL入りのメールが送信先にエラーで弾かれる場合の対処法

症状

ある宛先に、Gigafile便でデータを送る必要があり、メール本文にダウンロードURLを記載して送ったのですが、何度送っても送信エラーで戻ってきてしまいました。

原因

原因を推測すると、送信先のセキュリティの設定により、URLが記載されたメールを受け取れない仕様になっていたようです。

対処法

対策を考えた結果、Gigafile便のダウンロードURLを新規のテキストファイルに記載。そのテキストファイルをメールに添付し、メール本文には署名も含め、一切のURLを記載しない様にした所、無事、先方に届きました。

InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い

InDesignでレイヤーや効果をたくさん使ったり、Illustratorで細かいパターンスウォッチなどを使用している場合、データのプリントアウトにとても時間がかかってしまう事があります。

ちょっとした文字修正をしたので、プリントして確認したい、という場合でも、時間がかかってしまうと煩わしいですよね。

そんな時に、プリントアウトをスピーディに行う方法です。

“InDesign, Illustrator:複雑なレイアウトをプリントする際は、JPG書き出しすると早い” の続きを読む

Illustratorのアピアランス機能を使って丸囲みの矢印を作る

Webサイトのナビゲーションなどでも見かける丸囲みの矢印。

この囲みを矢印とセットになるように、Illustratorのアピアランス機能を使って作成する方法をご紹介します。

160115_yajirusi_011_kansei

“Illustratorのアピアランス機能を使って丸囲みの矢印を作る” の続きを読む

InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る

InDesignで下図のようなタブ型の文字囲みを作る場合、私はこれまで、テキストと、長方形の囲みと、右側の三角形のパーツ、3つを組み合わせて作成していました。

160115_kakomi_011

しかし、グループ化して使っていても、何度もテキスト修正が入ったりすると、それぞれのパーツが微妙にズレてしまったりする事もあり、出来れば一つのパーツとして作れないか?と考えていました。

今回、InDesignの表機能を使うことで、崩れにくい一パーツでタブ型の文字囲みを作る方法を考えましたので、ご紹介します

“InDesignの表組み機能を使って崩れにくいタブ型の文字囲みを作る” の続きを読む