タイポグラフィの基礎:文字の調整方法

タイポグラフィの基礎、文字の調整方法について、変化の付け方をご紹介します。

文字をただ打つだけでなく、組み方を工夫するだけで、既存の書体を使っても多彩な表情を出すことが出来ます。

続きを読む タイポグラフィの基礎:文字の調整方法

Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける

Illustratorでエンボスのテキストエフェクトをかけるアピアランス設定のご紹介です。

以前の記事とは異なり、今回はソフトな印象のエンボステキストを作成します。

160223_013

続きを読む Illustrator:アピアランス機能を使って、テキストにソフトなエンボスのエフェクトをかける

Fontset:『こぶりなゴシック + Clear Tone SG』で今風の書体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。

ゴシック体で本文を組む時、こぶりなゴシックを使うことが多いです。
完成度の高い書体なのですが、従属の欧数字は細長くて、やや和文のエレメントに合っておらず、古さも感じるので、欧数字だけ別の書体を組み合わせる事が多いです。

今回はこぶりな同様にモリサワパスポートに入っている新ゴ用に用意された欧文書体『Clear Tone SG』と組み合わせて、より洗練された、新しい印象になる合成フォントを作ります。

clear_2

続きを読む Fontset:『こぶりなゴシック + Clear Tone SG』で今風の書体を作る

欧文コンデンス体と縦組みの和文を組み合わせるタイポグラフィ

下記のゲームのサイトの文字組が格好良かったので、参考にしていくつかサンプルを作成してみました。

PS4®専用ソフトウェア 
GRAVITY DAZE | プレイステーション® オフィシャルサイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/gravitydaze/ps4/

typo1

続きを読む 欧文コンデンス体と縦組みの和文を組み合わせるタイポグラフィ

角丸が可愛いフリーフォント:「Blogger Sans」Fontfabric

150311

独創的なフォントを取り揃えているタイプファウンドリー、Fontfabric(フォントファブリック)より、新作フリーフォント「Blogger Sans」が公開されました。

続きを読む 角丸が可愛いフリーフォント:「Blogger Sans」Fontfabric