デザイン作業時に毎週聴いているオススメのラジオ番組

私がデザイン作業などの際にBGMとして聴いているオススメのラジオ番組をご紹介します。

伊集院光、爆笑問題、アルコ&ピース、Creepy Nuts、エレ片などの深夜ラジオ中心です。

東京都でのオンタイムの放送時間を記載していますが、基本的にはradikoのタイムフリー機能で聴いています。

月曜日

25:00-27:00:JUNK 伊集院光・深夜の馬鹿力(TBSラジオ)

火曜日

24:00-25:00:アルコ&ピース D.C.GARAGE(TBSラジオ)

25:00-27:00:JUNK 爆笑問題カーボーイ(TBSラジオ)

27:00-28:30:Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)

水曜日

25:00-25:30:輪入道の暴走ぱんちらいん(bayfm)

木曜日

定期的に聴いている番組は無し

金曜日

定期的に聴いている番組は無し

土曜日

25:00-27:00:JUNKサタデー エレ片のコント太郎(TBSラジオ)

日曜日

定期的に聴いている番組は無し

どれもとても楽しく聴いているのですが、週の後半になると聴く番組が少なくなるので、新しい番組も開拓していこうと思います。

header Image by igorovsyannykov on Pixabay

Thank you for reading this article!

美しいハンドメイド本の世界。板橋区立美術館のタラブックス展を鑑賞!

2017年11月25日(土)~2018年1月8日(月)に板橋区立美術館で開催されていた展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」。

南インド・チェンナイの出版社「タラブックス(Tara Books)」。

二人のインド人女性が中心となって活動しているこの小さな出版社は、美しいハンドメイドの絵本で世界的に知られています。

教育や社会問題などをテーマに、画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークから生み出される本は、どれもとてもユニークです。

タラブックスの本づくりの全容を伝える日本初の展覧会の模様を写真でご紹介します。

CONTENTS

  1. 展示風景
  2. 巡回展情報
  3. 【関連書籍】《世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦》展覧会図録
  4. 【関連書籍】《夜の木(The Night Life of TREES)》
  5. 【関連書籍】その他、展示されていた本の購入先

展示風景

イベントポスター
会場風景
会場風景
タラブックスでの本作りの様子を伝える動画
シルクスクリーン印刷のシーン
職人による手製本(糸かがり製本)のシーン
書籍《Creation: Bhajju Shyam with Gita Wolf》表紙はシルクスクリーン印刷

書籍《Alone in the Forest》
《子どもが語るマハーバーラタ》
《The London JUNGLE BOOK》
本の表紙の試作
《夜の木》原画
《夜の木》ダミーブック
《夜の木》

タラブックスの世界的に有名な本《夜の木》。手製本で手漉き紙に全てのページがシルクスクリーン印刷されているという工芸品とも云える絵本。

様々な国毎のバージョン
タイトル表記と表紙のイラストが異なります
《SIGNATURE: PATTERNS IN GOND ART》
《I Saw a Peacock with a Fiery Tail》
《The Churki-Burki Book of Rhyme》
《Sultana’s Dream: begum rokheya sakhawat hossain》
《One, Two, Tree!》
《はらぺこライオン》
会場風景
会場風景
《Black: An Artist’s Tribute》
《Beasts of India》
《Mangoes & Bananas》
《THE SACRED BANANA LEAF》
《TUNAMI》

この《TUNAMI》という本は特に造本が凝っていました。

このように縦に開く蛇腹の形式。

《I SEE THE PROMISED LAND》
《Sita’s Ramayana》
《THE Patua PINOCCHIO》
《MONKEY PHOTO》
《The Enduring Ark》
《Hope is a Girl Selling Fruit》
《Waterlife》
展示とは別に本を手に取って読書できるコーナーがありました
《Sun and Moon》
《I Like Cats》
展示の最後にはまた映像が
こちらがタラブックスのお二人

どの本も写真では伝えきれない造本の工夫や印刷の美しさがあり、直接展示を観に行く意義がとても大きい展覧会でした。

巡回展情報

この記事を書いている2019年に入ってからも巡回展は続いており、以下のスケジュールで見る事が出来ます。

  • 4月13日(土)〜6月2日(日) 足利市立美術館(栃木)
  • 6月25日(火)〜8月18(日) 細見美術館(京都)
  • 8月31日(土)〜10月6日 三菱地所アルティアム(福岡)

見に行ける距離の方には是非オススメしたい展覧会です!

関連書籍

《世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦》展覧会図録

《夜の木(The Night Life of TREES)》

その他、展示されていた本の購入先

※日本語版がある物はそちらを掲載しています。ハンドメイド製本なので表紙デザインが版毎に変わっている物もあります。

Thank you for reading this article!

「ハガレ(HAGARE)桜新町店」カルディが運営するハイコスパなレストラン

2018年に東急田園都市線の桜新町駅前に出来た、カルディコーヒーファームが運営するレストラン&バー「ハガレ(HAGARE)桜新町店」。

リーズナブルな価格で店内の雰囲気も良いので良く利用しています。

パスタ、カレー、ピザの選べるランチセットが人気のお店。私が頼んだ料理を写真でご紹介します。

店内のインテリア

HAGAREが入っているのは3階建てのビルで1〜2階がカルディの店舗、3階がHAGAREのレストランになっています。

そんなに広くは無いですが、大きな窓でとても開放的な店内です。

カルディ店舗でも取り扱っているワインがずらりと並びます。

奥のソファー席は小さい子を連れたファミリーやお年寄りに人気です。

ランチメニュー

ランチタイムはパスタ、ピザ、カレーの3種類から選ぶ形となります。パスタとランチはそれぞれ定番と日替わりのものが存在します。

ランチには全てサラダとドリンク(コーヒーか紅茶)がつきます。

サラダ

シンプルなサラダ。ドレッシングなどは一切かかっていません。

テーブルに並ぶ岩塩やブラックペッパー、オリーブオイルなどをサラダにかけて食べます。全て下にあるカルディ店舗で取り扱っている商品なので、気に入ったら帰りに買っていくのも良いでしょう。

カリーランチ:HAGAREカリー

カレーセットのチキンカレー。食材の水分のみで調理されている珍しいパキスタン式のカレー。あまり他のお店で食べられないカレーでお肉のボリュームもしっかりとあります。

ランチドリンク(コーヒー)

ランチセットのドリンク、私は毎回ホットコーヒーを頼みます。カルディ店舗で販売しているコーヒーなので馴染みのある安心出来る味。クセが無くて飲みやすいです。

パスタランチ:日替わりパスタ

パスタランチを頼むときはやはり日替わりの本日のパスタを頼みます。参考までに私が頼んだ料理をご紹介します。

ベーコンときのこのペペロンチーノ

厚切りのベーコンときのこがたっぷり入ったペペロンチーノ。ベーコンのジューシーさときのこの風味が一度に楽しめる贅沢なパスタでした。

粉雪ミートソース

2018年の秋頃に登場した私のお気に入りのパスタ。お肉のたっぷり入ったミートソースパスタ。中にはモッツァレラチーズが入っていてボリューム満点!

粉雪のように振りかけられた粉チーズと合わせてチーズを思い切り楽しめるパスタとなっていました。

パスタランチにはご紹介したサラダ、ドリンクに加えてバケットがつきます。

本日のデザート:チーズケーキ

お茶の時間に来店して注文したスイーツ。

この日の日替わりはチーズケーキでした。

コーヒーと一緒に頼んで、見晴らしの良い店内でお茶を楽しむ事が出来ました。

Information

HAGARE 桜新町店
https://www.kaldi.co.jp/cafe/hagare_sakurashinmachi/

Thank you for reading this article!

コスパ抜群の撮影スタジオ、川口元郷の「KAF GALLERY」で物撮り体験

物撮りが出来るスタジオを探していたのですが、都内はなかなか価格が高く、粘り強くスペースマーケットなどで探したところ、埼玉県の川口元郷駅にあるKAF GALLERYというレンタルスタジオ・ギャラリーを発見。

早速レンタル使用してきました。

予約について

こちらを予約する時の際の注意ですが、時間貸しはスペースマーケットのみ、全日レンタルはギャラリーの公式ホームページから申し込む、という事です。

スペースマーケットでも全日レンタルは出来るのですが、公式ホームページから申し込んだ方が安いです。

価格について(2019年2月26日現在)

スペースマーケットで予約した場合

  • 1時間900円

公式ホームページで予約した場合

  • 平日(1日) :¥5,000-
  • 土日(1日):¥10,000-
  • 7日間:¥30,000-

設備について

以下の撮影用備品が常備されており、無料で使用する事が出来ます。

  • スタジオライト(簡易型2台)
  • 電源用延長コード
  • レフ板2枚、
  • 三脚
  • 姿見鏡
  • ドライヤー
  • ハンガーラック
  • 脚立

その他の設備は以下のギャラリー公式サイトに掲載されています。
http://www.art-kouba.com/kaf_gallery/index.html

会場写真

こちらがギャラリーの外観。南北線の川口元郷駅からは徒歩10分くらい。隣が保育園、向かいが小学校なので子供の声で常に賑やかです。

入り口。レンタル時間になるとオーナーの方が来てくれて鍵を開けてくれます。

室内。アンティーク調の椅子がセットされています。左下の荷物は私の物です。


展覧会が出来る会場なのでかなり広いです。スピーカーも付いているのでパーティーなどしても楽しそうです。大きなソファーもありました。

奥に撮影機材が見える。左側は給湯室になっており椅子や机などがしまってあります(備品として使用可能)。

撮影用の照明。三脚も備品として用意されていました。

控え室。コスプレの撮影などで利用する人が多いようで化粧台の様な鏡が設置されていました。

電子レンジやアイロン、毛玉取りまで!写真では見切れていますが左側にあるニートパソコンも備品として使えるみたいです。

棚の上には近所の出前店のチラシが入ったファイルが。撮影中の食事として出前が取れます。

撮影した写真

今回は入り口付近で自然光での撮影をしました。ですので、室内天井の照明のみで備品の照明器具は使用していません。

カメラは「SONY α7S」、レンズは「SONY SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」手持ち撮影です。

床はギャラリーの床そのままです。なかなか雰囲気のある写真が撮れました。

Information

KAF GALLERY

予約(全日|公式):http://www.art-kouba.com/kaf_gallery/index.html
(時間貸し|スペースマーケット):https://www.spacemarket.com/spaces/kafgallery/rooms/cKKc_VvKG9dvjnSL

東京メトロ南北線直通 埼玉高速鉄道 「川口元郷駅」徒歩5分

Thank you for reading this article!

日本が誇るパウダースノーを堪能!野沢温泉スキー場でシーズン初滑り

今シーズン初のスノーボードは長野県の野沢温泉スキー場へ行ってきました。

私は初めて行くスキー場だったのですが、感動するほど素晴らしいパウダースノーを堪能する事が出来ました。

最寄りのコンビニから
駐車場
午前中のリフト。早めに行ったのですがすでにたくさんの人が滑ったラインが
とにかく広いスキー場
9時半くらいから晴れてきました

この日は快晴でとても良い滑りを楽しめました。

日本人だけでなく海外からのお客さんも多く、まさにこの雪質は日本の大きな観光資源と言えるのではないでしょうか。

食堂や休憩できるカフェなどもたくさんありました。食堂では電子マネーも使用出来たのでゲレンデにお金を持っていかなくても大丈夫そうです。

色々な遊び方が出来るとてもオススメのスキー場です!

リフト券の割引クーポンについて

人気のスキー場だからかリフト券の割引クーポンは多くは無かったのですが、以下のサイトなどで入手する事が出来ます。

プリントアウトして提示しないと使用できないので、滑りに行く前日にはプリントアウトしておきましょう。※ 2019年2月26日現在の情報です


information

野沢温泉スキー場
http://www.nozawaski.com/

今回、行く前にこちらのワックスを塗ってから行ったのでかなり滑りが良くなりました。手軽に塗れるのでオススメです。

Thank you for reading this article!