カテゴリー
Design Exhibition

日本科学未来館で「デザインあ展」を体験・鑑賞しました

日本科学未来館で開催中の「デザインあ展」に行ってきました。

会期も後半で、雨の休日だったので空いてるかと思いきや、凄い混雑で大盛況でした。


「デザインあ展」に行く時に気をつけること

  1. 入場券は事前にネットで買っておく
    チケット売り場はかなり混雑するので、以下のサイトからオンラインチケットを購入しておきましょう。
    http://www.e-tix.jp/design-ah-exhibition/
  2. 途中のコンビニなどで軽食と飲み物を買っておく
    混雑している場合は整理券をもらって、時間まで待機する事になります。
    館内に待合室というか、机と椅子が置かれている部屋があるのですが、売店とかは無いので、最寄りのコンビニなどで軽食と飲み物を買ってから行くのがオススメです。
  3. 出来るだけ、友達や家族、恋人などと一緒に行く
    私は一人で行ったのですが、デザインあ展は体験型の作品が多く、一人で体験するにはかなり勇気が必要です。
    誰かを誘って一緒に行った方が展示を楽しめます。

未来館の入り口の前でスマートフォンを使い、オンラインチケットを入手。整理券を受け取り、30分後に入場できました。

会場内で印象に残った作品をいくつかご紹介します。

お弁当に入っている食材を分解して並べている。デザインの解剖っぽい作品

 

様々なパッケージに記載されている注意書きのマーク。そのマークのみを残して他を真っ白にしたパッケージの展示。

道路標識やサインなどに使われている図形を自由に組み合わせる、マークの積み木的な作品。子供にとても人気でした。

ティーポットや牛乳パック、じょうろなど、器と、そこから注がれる液体の形のみを抽出した彫刻。

日本人の名字、人口の多い苗字ほどスペースと文字サイズが大きくなるというインフォグラフィックス的な作品。

お客さんがみんな、自分の苗字を探して楽しんでいました。

これもかなり好きです!

回転寿司という誰もが共通で認識しているフォーマットを使い、「回転」以外の寿司屋があったらどうなるか?という作品。

分岐、歯車、信号、偶然、ギャンブル、など、ユーモアあふれる寿司屋のイメージが登場していました。

昔のファミコンのようなチープなドット絵も内容にあっています!

常設展も充実!

「デザインあ展」以外の科学未来館の常設展示も、ものすごくボリュームがありました。全部をじっくりとは観られてないですが、特に気になったのはアンドロイドの展示です。

デザインあ展も、常設展もとても見ごたえがあるので、行くときはしっかり時間を取って楽しんでください!

 

[amazonjs asin=”B078J79QNN” locale=”JP” title=”デザインあ Blu-ray”]

カテゴリー
Design DTP

Microsoftのサブスクリプションサービス「office365 for business」 を契約

 

Mac版のoffice2011をずっと使っていたのですが、Windows使用のお客様からのWord原稿を開く際にofficeが落ちてしまいデータが全然開けない、という事が頻発してきました。

さすがに、限界を感じofficeのバージョンアップを決意。当初はそのままMacのoffice2016にバージョンアップしようかと思ったのですが、数ヶ月前に行ったDTPの勉強会で「秋にはofficeの新バージョンが出ると思います」という言葉を聞いて、やや躊躇してしまいました。

そんな時、officeにも月額制のサブスクリプションサービスがあることを思い出しました。

調べてみると、一般法人向け(個人事業主でも登録できました)の「Office 365 Business」のプランであれば、月900円で常に最新のofficeアプリケーションが使用できる!

私が受けている業務の80%で、デザイン用の原稿はWordやExcelで来るので、思い切って「Office 365 Business」を契約しました。

以下、2ヶ月ほど使った感想です。

◎良い所

▶常に最新のofficeアプリケーションが使用できる
→お客様から支給されるWord原稿などがほぼ問題なく開けるようになりました!

▶クラウドストレージ「One Drive」が1TB使える
→DropboxやGoogleドライブと比較すると使い勝手はイマイチですが、officeの月額料金内で使用出来るのはかなり良いです。

▶モバイルアプリとの連携がしやすい
→厳密には、アカウントがあれば月額契約をしなくても良いみたいなのですが、移動中にWordやExcelを確認したり、PowerPointでスライドの編集をしたりする事が、PC版と連携しながら出来るのはかなり便利だと感じます。

△イマイチな所

▶買い切りでなく月額制である
→使用するには料金を払い続けなければなりません。…ただし、仕事で使うソフトである以上、買い切り版であっても定期的なバージョンアップは避けられないので、個人的にはそこまで大きな問題では無いかと思います。

以上、現時点ではイマイチな箇所はあまりありません。
もともとMacとはあまり相性の良くないoffice系アプリの書類が、
ほとんどノーストレスで開けるようになったメリットの方が大きいです。
もっと早く契約しておけば良かった。

「office365 for business」 は、業務でofficeを使用する方、特にMacの方にはかなりおすすめできる選択肢です!

カテゴリー
Design Exhibition

「good design company 1998-2018」を鑑賞

クリエイションギャラリーG8で開催されているgood design companyの展示を観に行きました。

ラーメンズからくまもん、電子マネーのIDまで、とにかく、仕事の幅と量がすごい!

宇多田ヒカルのアルバムやだしの茅乃舎など、これもgood design companyの仕事だったのか!と思うような有名な作品ばかり。

もちろん、どれもクオリティが高く、超一流のデザイナーの仕事に圧倒されました。

会場入ってすぐの場所に貼ってある水野学さんによる、gdc 立ち上げに至るまでの経緯とお世話になった方に送る謝辞のコメントがとても良かったです。

コメントの入れ方が素敵です
シンプルなデザインで格好いい!
デザインを手がけたブランドのショップバッグ
有名な出汁の茅乃舎(かやのや)さんのブランディングも手がけていたのですね!
杏露酒のロゴも!
dav
クッキーに群がる蟻が文字になっている
パッケージからアパレルまで
ものすごい仕事量です
ブックデザインもありました
アパレルのタグなどのデザイン
居酒屋でよく見るエプロン
日本酒のラベル
中川政七商店のデザイン

水野さんと多摩美術大学で同期だった、ラーメンズのライブ/公演グッズのデザインもされていたようです。

こちらは小林賢太郎さんの公演グッズ

ウイスキーの箱も
くまもんのバカラグラス!
宇多田ヒカルさんのこのアルバムアートワークも。当時良く聴きました

とにかく、ものすごい仕事量で、かつ誰もが目にしたことのあるような有名な仕事ばかり。

それを1つ1つ手を抜くこと無く全力でデザインされている様が伝わってきて、水野学さんのデザインの「力」と「愛」に圧倒された展覧会でした!

関連書籍

今回の展示に関連したアイデア誌の特別編集版が発行されたそうです。

展示に行かれなかった方、もう一度展示の内容を思い出したい方はこちらを読んでみてはいかがでしょうか。

アイデア特別編集 good design company 1998-2018

カテゴリー
Art Exhibition Travel

大地の芸術祭2018|一日バスツアーで里山と現代アートのコラボレーションを堪能!

2018年に開催された『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を観てきました。

越後妻有駅発のバスツアーを申し込み、まる一日で現代アート作品をたっぷり鑑賞してきました。

ツアーで観た作品を写真と共にご紹介します。

田島征三、ダミアン・オルテガ、クリスチャン・ボルタンスキーなどの作品が規模・内容ともに圧巻でした!

スタートは東京駅

越後湯沢駅に着くとすぐにバスの案内の方が立っていました。

トリエンナーレ開催中は何種類かのツアーが並行しているので、自分が申し込んだツアーを間違えないように注意が必要。

バスに乗るとすぐもらえる作品鑑賞パスポート

里山アートどうぶつ園

まずはこちらから。広大な広場に動物をイメージした彫刻が点在しています。

たくさんの彫刻作品が!
北海道土産ぽい木彫りの熊
ワラで作られた牛
謎の動物
景色がとても素晴らしい
アバンギャルドな作品。こういった彫刻も自然の中で観ると面白い
闇を感じるウサギ
東屋の屋根にウサギを発見!
こちらはブランコの上。作品を探す楽しみもあります
金属彫刻の鹿
カッコいいですね
耳の色がカラフルなウサギ
シュールな作品!不気味だけど興味を引かれます
ロボットのような馬
車やバイクなどで使用されるサスペンションが足になっています
これはグッと来ますね
先ほどの不気味な彫刻
近寄るとさらにゾワッとします
バッファロー
巨大な彫刻作品

レイチェル・カーソンに捧ぐ 〜 4つの小さな物語|藤原吉志子

守り神のように配置された彫刻
神殿

時空|斎藤義重

鉄骨を組み合わせた大型彫刻

うぶすなの家

趣のある佇まい
お土産もたくさん売っています
お弁当
食事処はテラス席で緑がすぐそばに

こちらでツアーのお昼ご飯。みんなでお弁当を食べます。

地場の食材が使われていてとても美味しかったのですが、これから回る作品もまだまだあるので食事時間が短い……。

ツアーなので仕方ないですよね。ササッと食べて『うぶすなの家』の作品を鑑賞します。

表面波/囲炉裏|中村卓夫

壁を覆う陶器の作品
一つ一つ模様があります
日本家屋とすごく調和するデザイン
こちらは作品では無いですが、とても趣ある時計

風呂|澤清嗣

器のようなお風呂。こんな贅沢な浴槽に入ってみたいです

日常のおもてうら|安藤雅信

建物と作品を同時に楽しめる
至る所に彫刻が
美しい自然のライティング
大きな彫刻も広々と展示されています
小型の作品も映えます
この部屋の光の入り方がとても美しかった
作品がより活きる会場
建物の構造を見るだけでも刺激になります
写真のテクニックが無くても良い写真になる
うぶすなの家の全貌

天の光、知の光―Ⅱ|羹愛蘭

書棚の中に作品が
ネオン発光する本のオブジェ
このような感じで光っています
発光する『新建築』

妻有田中文男文庫|田中文男

書棚にある本のセレクト自体が展示の企画になっています
ライトで発光する屏風絵
これも作品でしょうか…?

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館|田島征三

廃校になった小学校の校舎を使った、絵本作家・田島征三さんの巨大なインスタレーション作品。

『最後の学校』というタイトルでも有名です。

前回来たときも観て、とても感動した作品なので今回もこの作品を通るツアールートを選びました。

新作も追加されてさらにスケールアップしていました。

入り口の門も特徴的です

カラダのなか、キモチのおく。|田島征三

学校に至る道、こちらが今回の新作です
巨大なヘビの胴体を通って行く形になっています
中はこのような感じ
キャラクター達が吊されています
毛虫?的なモチーフ
胴体の中から見た入り口
学校に入り、体育館はこのようになっています
ものすごい数のキャラクター達!
壁面の模様
巨大です
みんなが学校を楽しんでいるように見えます
天井にもたくさんいます
校舎の階段はこんな感じ
作品が導いてくれます
ユーモラスなキャラクター
通せんぼしています
教室内も賑やか
学生の様に着席しています
元気なポーズ!
このような静かな作品も
影が美しい
様々な素材を使用しています
回転する作品も
実際の生徒が書き残した最後のらくがきが残されています
竜の様な巨大な作品
ド迫力です!
口から虫が飛び出しているように見えます
こんな場所にも!
外から見た校舎
次々とお客さんがやってきます

Kiss & Goodbye|ジミー・リャオ

イラストレーションの作品。とても可愛いですね
ストーリーを感じます
エアコンの室外機にも丁寧にペイントされています
 屋根にフクロウが!

太田島公園|トビアス・プートリッヒ

水を用いた作品
暑い日だったので作品の中にいると涼む事ができました

上郷バンドー四季の歌|ニコラ・ダロ

どことなく不気味な人形達によるオーケストラ
壁面のカラフルな作品は本当は空気が入るようです。この日は残念ながら休みでした

津南ミュージアム・オブ・ザ・ロスト|リョン・チーウォー(梁志和)+サラ・ウォン(黄志恆)

中国の作家の写真作品
アーカイブ資料なども展示されています
彫刻などが多かったので、写真作品が改めて新鮮に感じます
香港ハウスでの展示でした
グローブ座

Untitled project for Echigo-Tsumari|
パオラ・ピヴィ

こちらの作品。空気が入った状態で見たかったです

ワープクラウド|ダミアン・オルテガ

この作品はかなりすごかったです!

天井から床に伸びた糸に幾何学模様状キューブがついていて、中を歩くことが出来ます。

宇宙や細胞の中にいるような体験が出来ました!

中を歩くことができます
宇宙のような、雪の結晶のような…
cof
マジックで手描きのキャプション!味があって良いですね

最後の教室|クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン

こちらも、今回のコースの目玉!前回訪問した際にも観た作品ですが、その規模、表現共に「これぞ現代アート!」というべき圧倒的な迫力がありました。

間違いなくこの会場でしか観られない展示なので今回も大満足でした!

体育館。床に敷き詰められた藁と電球、扇風機が回る
影も作品の一部
廊下
廊下の奥で回転するファンが印象的
机にかけらた布
蛍光灯が棺の様にガラスケースに入れられて並んでいる
ちょっと幽霊のようですね
有名な心臓の鼓動音の作品。音に合わせて電球が明滅します

心臓の鼓動音の作品も、広い空間内で体感すると音の響き方に深みがあって圧倒されました。

影の劇場 〜愉快なゆうれい達〜|クリスチャン・ボルタンスキー

今回新たに展示された新作『影の劇場』
作品集などの資料も展示されていました
興味深い

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]|原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
タイポグラフィがカッコイイ
トイレのサインがネオン
トイレのサイン2
プールでは子ども達が気持ちよさそうに遊んでいました

以下はキナーレ内の展示作品となります。

トンネル|レアンドロ・エルリッヒ

POWERLESS STRUCTURES, FIG. 429|エルムグリーン&ドラッグセット

ソイル・ライブラリー/新潟|栗田宏一

新潟県の様々な箇所で土を採集し、標本化した作品。

様々な場所の土が瓶詰めされています
採取された場所のマップ

キナーレの屋外にもたくさんの作品がありました

Three Travellers|原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

雪の時にかぶる傘のような掲示板

10th DAY MARKET|ひびのこづえ

ひびのこづえさんのグッズが販売されているマーケット
キナーレをしっかり見たら夕方になっていました
越後湯沢の夜

そば処 中野屋 湯沢本店

越後湯沢駅の目の前にあるお蕎麦屋さんで夕食。

そば処 中野屋 湯沢本店
http://www.umaisoba.com/

人気のお店のようです
板そば
野菜天ぷら

お蕎麦と日本酒がとても美味しかったです!

日帰りも出来る時間に終わるのですが、さすがに慌ただしいので以下のゲストハウスで一泊しました。

Sansan Cafe and Bar & Backpackers
http://sansanyuzawa.com/

夏場はオフシーズンなので安く泊まれて、とても綺麗な宿だったので満足です。

「大地の芸術祭2018」、さすがに地方での芸術祭の先駆けなだけあって常設も新規の作品も見応えがありました。

越後妻有の自然や建物とも上手く調和していてとても満足できました!


【公式サイト】大地の芸術祭の里
http://www.echigo-tsumari.jp/

公式カタログ

カテゴリー
Architecture Art Exhibition

国宝から最新の映像インスタレーションまで「建築の日本展」at 森美術館

2018年4月から9月まで森美術館で開催された「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を鑑賞しました。

千利休による伝統的な茶室の原寸模型から、ライゾマティクスの最新テクノロジーを駆使した映像インスタレーションまで、日本の建築を包括的な視点で紹介している見応えのある展覧会でした。

写真撮影可能だった作品を中心にご紹介します。

北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》

作家名/作品名:北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

入り口にあった巨大な木組。

コンテンツ紹介

伝千利休《待庵》

伝千利休の国宝《待庵》の原寸模型。中に入れるので並んで待ちました。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

屋根の飾りなども気になります。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

室内はとても風情があります。森美術館の館内ということを忘れてしまいそう。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

かなり精巧な模型です。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

光の入り方も美しい。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》

香川県庁の執務室にある仕切り棚。香川県庁は香川に旅行に行った際に観に行きましたが、建物自体が丹下健三さんの建築となっています。(以下記事参照)

今回の展示はこちら。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

交互になっているフタの色が素敵です。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三《住居(丹下健三自邸)》

こちらは丹下健三さんの自宅。

作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》

今回の展示で最も印象に残ったのはこちらのライゾマティクスによる映像インスタレーション作品です。

2.5次元とも云えるスケールのフィールドに日本の建築、その構造が立ち現れては移り変わっていきます。

作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

紹介動画もありましたのでこちらを観るとより伝わると思います。


オススメの関連記事

丹下健三さんの建築「香川県立体育館」を観に行きました
建築にまつわる本を取り扱っているお店も紹介しています