合成フォント研究002:活字の雰囲気を感じさせる明朝系の組み合わせ

活字の雰囲気を感じさせるデザインにしたい時に作成した合成フォントです。 InDesignでの設定画面は以下の様になっています。 欧数字に使用している Adobe Garamond Pro は、そのままだと和文のフォントよ […]

Thank you for reading this article!

Fontset:ヒラギノ角ゴ+ヒラギノ角ゴAD仮名+Fira Sans|AXISフォントぽい合成フォントを作る

会社案内やPR誌で使用出来るようなAXISフォントの様な合成フォントを、ヒラギノをベースにして作成してみました。

Thank you for reading this article!

Fontset:UD新丸ゴ+丸アンチック+Clone Rounded Latin|モダンな丸ゴシックの合成フォントを作る

以前の記事でご紹介したUD新丸ゴの漢字と丸アンチックのかな書体の組み合わせに、欧数字をAdobe Typekitで使えるClone Rounded Latinに変更して、よりモダンな印象になるような合成フォントを作成しま […]

Thank you for reading this article!

Fontset:『秀英明朝+本明朝新がな』の合成フォントで、ニュートラルな明朝体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。 今回は、秀英明朝の漢字と本明朝新がなの仮名、さらに、欧数字に Adobe Garamond を組み合わせて、クセの無いニュートラルな明朝体を作ります。

Thank you for reading this article!

Fontset:『こぶりなゴシック + Clear Tone SG』で今風の書体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。 ゴシック体で本文を組む時、こぶりなゴシックを使うことが多いです。 完成度の高い書体なのですが、従属の欧数字は細長くて、やや和文のエレメントに合っておらず、古さも感じるので、欧数 […]

Thank you for reading this article!