Categories: Travel

ゲストハウス『Hanare』に宿泊し、谷根千の年末年始を堪能(1)

2018年の12月31日から2019年の1月1日まで、大晦日を気分を変えて過ごしたいと思い、普段あまり縁のない東京の下町、谷根千エリアに宿を取って年越しをしようと思いました。

12月28日くらいに思い立ち、調べてみた結果、デザインが素敵そうなこちらの宿に宿泊しました。

Hanare

元々は、東京藝術大学の学生寮だった建物をリノベーションした建物だそうです。

hanareは東京・谷中のホテルです。
しかし、単に一つの建物に完結したホテルではなく、まち全体を一つの大きなホテルに見立てることで 地域と一体になったホテルです。
ホテルのレセプションは最小文化複合施設「HAGISO」の2Fにあります。
宿泊室はまちの中。
大浴場はまちの銭湯。….

about | hanare

HAGISO(萩荘)

こちらの多目的施設の2階がレセプションになってます。1階のカフェも気になりますが、まずは受付。

とても趣のある建物で、内装も素敵でした。このHAGISOだけでも満足してしまった感はありましたが、歩いて2分くらいのゲストハウス、Hanareに移動。

Hanare

こちらが外観。玄関はプッシュ式のダイアル錠になっていて、出かける時は戸締まりをする形になります。

年末年始だったので玄関にはお正月飾りが。

Hanare館内

下駄箱はこんな感じ。部屋ごとに靴を入れます。上に乗っている下駄も借りられるようです。夏などは良さそうですね。

照明も素敵です。

吹き抜けの階段、角度は急ですが昔の日本家屋っぽさを感じられます。柱や梁のかかり方も機能的で美しい。

玄関脇にあるセルフサービスのお茶やアメニティコーナー。
引き出しには綿棒や、眠れない時用に耳栓も入っています。
私は使いませんでしたが、壁は結構薄く、他の部屋の音などが聞こえやすいので、気になる人のために耳栓が用意されています。

写真の左側には、飲料水のサーバーがあります。温水も出るのでカップ麺やインスタントコーヒーなどを買ってきて部屋で飲む事もできます。

谷根千や都内の旅行ガイドなどが置いてあります。


洗面台。壁の板が素材そのまま使われていてとても格好良かったです。蛇口の取っ手の形もあまり見たことがない形で細部までこだわりを感じました。

KONOHA

今回はKONOHA(木葉の間)という名前の客室に泊まりました。

広さは10.7㎡なのですが、天井がかなり高いので全く狭く感じません。


部屋の中央にこの重箱のような箱が置かれているのですが。。。

手前にずらすと、物書きが出来る机になります。そして、重なってる箱の中に、、、

オリジナルデザインのアメニティが美しく収納されています。シャンプー&ボディソープ、歯ブラシ、そして、旅の記録を書けるノートまで!

ガラスに描かれている木の葉の模様が光をとても美しく通してくれます。こういったガラスは現在では生産されていないそうです。部屋の名前KONOHAは、このガラスの模様から取られています。

2階建ての建物の2階なので、抜かれた天井から屋根の形を感じ取る事ができます。

梁になっている木材もとても歴史を感じる趣があります。

組木の跡が見える柱


個人的に秀逸だと思ったのはこの、タオル掛けなどのデザイン。普通のホテルでは、フックとハンガー付いているだけ、という所が多いですが、壁に始めからタオル掛けがデザインとして付けられており、タオルをかけた時のたたずまいもとても美しいです。

貴重品ボックスとお香立ても調和の取れたデザインで備え付けられている
写真左から加湿器、ティッシュボックス、ゴミ箱。悪目立ちしがちな実用的な家電なども、白で統一されて目立たずに配置されている

細長い姿見。こんなデザインは初めてみました。実際に使ってみると、この細さでも全身を見ることが出来ます。

電気のスイッチも押しやすい。細かい部分まで気が使われているデザイン
部屋のネームプレートもオリジナルのデザイン

HAGISO – CAFE

宿泊プランには朝食がセットになっており、こちらのHAGISOのカフェで食べることが出来ます。

年末年始は特別メニューの『お雑煮』でした。

本もたくさん取りそろえられている
展示などが行えるギャラリースペース
店内インテリアも素敵です

お雑煮ですが、コーヒー付き。マグカップが素敵です。味も深煎りで、わりとしっかりしていて朝飲むのに丁度良い感じ。

こちらがお雑煮。出汁がかなりしっかりと出ていて、とても美味しかったです。

年末年始以外の、通常時のモーニングメニューも気になったのでまた是非食べに来たいと思いました。

東京に旅行に来た方はもちろん、都内に住んでいる方でも東京の魅力を再発見できる素晴らしい宿です。興味を持った方は是非宿泊してみてください!

Information

Hanare

谷根千の街並みなどは、次回の記事でご紹介します。

ゲストハウス『Hanare』に宿泊し、谷根千の年末年始を堪能(2)
http://watanabedesign511.info/2019/01/16/hanare-2/

Shu Watanabe

Graphic Designer.