長島有里枝:「僕ら」の「女の子写真」からわたしたちのガーリーフォトへ|写真界のジェンダーバイアスを斬る一冊

写真家・長島有里枝さんの著書『「僕ら」の「女の子写真」からわたしたちのガーリーフォトへ』という本を購入して読みました。

「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ

1990年代に女性写真家のブームがありました。
それは「ガーリーフォト」や「女の子写真」と呼ばれていました。

そのブームの渦中におり、写真新世紀賞や木村伊兵衛賞を受賞した長島有里枝さんご本人が、当時から感じ続けているジェンダーバイアスについて語っている本。

写真業界を知る人にとってはかなり鋭い内容になっています。

本書を読んで、アートや写真の業界がいかに男性優位の社会なのかということに気づき、衝撃を受けました。


フェミニズムの歴史などと照らし合わせて論述されているので、とても分かりやすいです。

ぜひ多くの方に読んでいただきたい一冊です。

作成者: Shu Watanabe

Graphic Designer.

Shu Watanabeのすべての投稿を表示。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です