カテゴリー
Adobe DTP Illustrator

Adobe Illustrator 印刷入稿前に確認したいデータのチェック項目

Adobe Illustratorの「.ai」形式でデータを印刷入稿する際に、確認しておいた方が良いチェック項目をご紹介します。

「パッケージ」や「フォントのアウトライン化」をする前の段階でデータをどのように整えておくか、という観点で書いています。

Contents

  1. ドキュメントのカラーモードがCMYKになっているか
  2. アートボードやトンボのサイズが、仕上がりサイズ(用紙をトンボでカットした時のサイズ)と同じになっているか
  3. リンクウィンドウで画像の解像度とカラースペースをチェック
  4. 断ち落としになる図版や写真は、塗り足し3mm分まで絵が入っているか
  5. フチ文字など、アピアランス機能を使用している箇所は、アピアランスの分割を行う
  6. アウトライン表示にしてオブジェクトやパスを整理する

1. ドキュメントのカラーモードがCMYKになっているか

ファイル>ドキュメントのカラーモードで確認。

CMYKカラーにチェックがついていればOK。

※RGBカラーになっていると印刷できません。

2. アートボードやトンボのサイズが、仕上がりサイズ(用紙をトンボでカットした時のサイズ)と同じになっているか

アートボードサイズの確認方法

ツールバーにあるアートボードツールをクリック。

上部にあるアプリケーションバーにアートボードサイズが表示されるので、A4(210mm×297mm)やハガキ(100mm×148mm)など、印刷用紙のサイズと合っているか確認します。

トンボの作成方法

1.長方形ツールを選択し、ワンクリック。表示されたウィンドウにA4(210mm×297mm)やハガキ(100mm×148mm)など、仕上がりサイズの数値を入力し、長方形を作成。

長方形ツール
A4(297mm×210mm)やハガキ(148mm×100mm)などの仕上がりサイズを入力

2. 1.で作成した長方形を選択し、効果>トリムマークを作成でトンボを作成します。

3. リンクウィンドウで画像の解像度とカラースペースをチェック

*リンクウィンドウでは、リンク配置された画像も、埋め込み配置された画像も、ドキュメントで使用されている全ての画像情報を見る事ができます。

リンクウィンドウの見方

画像解像度とカラースペース(CMYK/RGB)のチェック

リンクウィンドウの詳細表示から配置されている画像全ての解像度とカラースペースをチェックします。

【画像解像度の目安】

  • 一般的な印刷物(チラシ、DMなど)……350〜400ppi
  • 離れて見るポスターなど……150〜200ppi
  • Webサイトなど……72〜96ppi

4. 断ち落としになる図版や写真は、塗り足し3mm分まで絵が入っているか

× この状態だとトンボでカットした際のズレによって、4辺に紙の白地が見える可能性があります。

裁ち落としにする際は塗り足し分、四辺3mmずつ図版を伸ばしましょう

5. フチ文字など、アピアランス機能を使用している箇所は、アピアランスの分割を行う

フチ文字など、便利なアピアランス機能

入稿前にはアピアランスの分割をおこないます。

【理由】アピアランス機能はIllustratorのバージョンによって動作が違うので、データを他の人に渡す場合は分割しておくのが安全です。

【注意】分割をかけるとアピアランスパネルからの再編集は出来なくなるので、デザインが決定してからおこないましょう。

※また、アピアランスの分割はフォントのアウトライン化をする前におこないましょう。

6. アウトライン表示にしてオブジェクトやパスを整理する

表示>アウトラインでアウトライン表示にし、背面にあって表示されてないオブジェクトを削除する。

また、同じ色の色面はパスファインダー>結合などを使用して一つのオブジェクトにまとめましょう。

このようなオブジェクトを、表示>アウトライン(command+Y)でアウトライン表示にすると…

同じ色面がいくつものオブジェクトに分かれていたり、背面に不要な形や線が見えます。

白い矢印のグループ選択ツールや、ダイレクト選択ツールで背面にある余分な形や線を選択して削除しましょう。

中央にあった円や余分な線を削除しました

同じ色の色面は選択し、パスファインダー>合体などを用いて1つのパーツにまとめます。

パスが整理されました

デザインがある程度決まったら、不要なオブジェクトを消したり余分なパスを整理しておきましょう。

パスが乱れていると後々の修正作業がしづらくなったり、印刷入稿などで他の人にデータを渡す時にトラブルが起こりやすくなります。

まとめ

印刷会社に入稿する前に、できるだけデータを整理しておく方が印刷時に思ってもいない様に出力されることも減るので安心できます。

今回ご紹介した方法を参考にデータをチェックしてみてください。

次回の記事では実際に入稿データの作成手順をご紹介します。こちらも合わせてご覧ください。

Adobe Illustrator 印刷入稿前に確認したいデータのチェック項目
http://watanabedesign511.info/2019/07/18/adobe-illustrator-check/

Eye catch image: WikiImagesによるPixabayからの画像

カテゴリー
Adobe DTP Photoshop

Photoshopのドキュメントウインドウが分離して戻らない時の対処法

症状

メインウィンドウとドキュメントウインドウが分離してしまっている

Photoshopのドキュメントウインドウがメインウィンドウから切り離されてしまい、フチのドラッグ&ドロップしてもメインウィンドウとくっついてくれない。

対処法

環境設定パネルのワークスペースメニュー

「環境設定」—「ワークスペース」—「フローティングドキュメントウィンドウの結合を有効にする」のチェックが外れてると吸い付かなくなるのでこちらにチェックを入れると、ドラッグ&ドロップでメインウィンドウとくっつくようになります。

カテゴリー
Adobe Design InDesign Tips

InDesignでJPGやPNGに書き出す時に、塗り足し3mmを含めない方法

InDesignで印刷用に作成したデータからJPGやPNGなどの画像に書き出す場合に、3mmの塗り足し部分を含めないで画像を書き出したい時があります。

そんな時の設定方法をご紹介します。

  1. ファイル < 書き出し < 書き出す画像形式を選択(jpg、png、など)
  2. 書き出しダイアログ内「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」の項目のチェックを外す

この設定で書き出すと、塗り足しを含めないjpgやpngで書き出す事が出来ます。

カテゴリー
Adobe Design DTP Photography

Windowsユーザーに!写真をカッコ良く加工できる2大無料ソフト&サービス

素人の方がデジカメで撮った写真データを、プロっぽく加工できるようなソフトをご紹介します。(プロっぽくなるかどうかは、元の写真のクオリティとソフトの習熟度合いにもよりますのでご注意ください。)

Adobeソフトの契約はしていないけれども写真を補正したい方は参考にしてください。

どんな人がターゲット?

  • デザイナー以外の方
  • Adobeソフトを契約していない方
  • Windowsユーザーの方

どこで使用できる?

フリーソフトとして自宅のPCにダウンロードしたり、Web上で使用します。

どんな時に使う?

寒々しい雰囲気の写真を明るくしたり、影になってしまっている部分を調整する。

ソフト/サービスの紹介

Adobe Photoshop Express

Adobeの有名な写真編集ソフト「 Photoshop」の入門用のようなソフトで、無料のようです。

Windows用なのでMac環境の私は試したことはありませんが、以下のURLからダウンロードしてインストールできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/adobe-photoshop-express-%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC-%E5%8A%B9%E6%9E%9C-%E5%A2%83%E7%95%8C%E7%B7%9A/9wzdncrfj27n?activetab=pivot%3Aoverviewtab

Googleフォト

Google製の写真管理ソフト。アップロードした画像に対して簡単な編集をする事が出来ます。

https://photos.google.com/?hl=ja

こちらは私も使用したことがあるので、使いやすいですが、解像度を自動的に少し下げてしまうので大きいサイズで印刷する画像には適してないかもしれません。

他にも……

上記以外にも、Windowsに標準で搭載されている写真管理ソフトや画像ビューアでも色を明るくしたり、色のトーンを変えたりする程度は出来そうです。(Macの「プレビュー」という標準ソフトだとできます。)

是非、試してみてください。


より本格的な写真の加工をしたくなった方には、Adobeのフォトプランがオススメです。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|オンラインコード版

(アイキャッチ画像:Photo MixによるPixabayからの画像)

オススメの関連記事

カテゴリー
Adobe Photography

LightroomやCamera RawでRAW現像する時のオススメ手順

AdobeのLightroomやPhotoshop Camera RawでRAW現像や写真の補正をするとき、たくさんある設定項目をどのような順番で操作すれば良いのか?CP+2019のAdobeブースで拝聴したセミナーの内容を元に、自分なりにまとめた手順をご紹介します。

事前準備

a1.レンズ補正

a2.トリミング、傾き、ゆがみ補正

現像・補正

1.露光量

2.コントラスト

3.自然な彩度

4.彩度

5.色温度

6.色かぶり補正

7.白レベル

8.ハイライト

9.黒レベル

10.シャドウ

11.明瞭度

12.かすみの除去

ここまでが基本の補正。この工程を2回以上繰り返してベストな仕上がりを探ります。

最後に、お好みで以下の仕上げ工程を入れて完成です。

13.周辺光量補正

14.粒子

Adobe Lightroom CC 2018のツールウィンドウと補正順
Adobe Lightroom CC 2018のツールウィンドウと補正順

現像・補正のコツ

作業をする時のコツはまずはスライダーを一番右から一番左まで大きく動かしてみることです。

何度でもやり直しが出来るところがデジタルツールのメリットですので、大きく動かした方が自分の予想を越える仕上がりを得られます。

小さく動かすと毎回自分の目に慣れた範囲にしかならず、現像・補正が上手くなりません。

思い切って作業をするのが重要です!

↓撮影時の予備としてオススメのSDメモリーカードです