カテゴリー
DTP Font Typography

非デザイナーの方にも!Macの標準フォントでデザインに使えるおすすめ書体〈和文編〉

Mac OSに搭載されている標準フォントの中から、私がデザイン制作でも良く使用するおすすめのフォントを紹介。(OSはSierra)

近年、標準フォントにもクオリティの高いものが増えてきているので、非デザイナーの方でもここで紹介するフォントを上手く使用すれば、プロ顔負けのハイクオリティな制作物を作ることができるだろう。

和文:明朝体

漢字、ひらがな、カタカナ、英数字を収録した「和文フォント」と英数字のみを収録した「欧文フォント」に大きく分け、さらにフォントの形によって分類して紹介していく。今回は和文フォント編。まずは明朝体から。

ヒラギノ明朝体 ファミリー*

ファミリーとは複数の太さを取り揃えた同一の骨格を持つフォントのシリーズの事。ファミリーの数が多いフォントの方が、本文や見出しなど使い回しがしやすい。

字游工房によるデザイン。現代的でシャープな表情を持つ明朝体で、雑誌やパンフレットなどに最適。

凸版文久明朝 & 見出し明朝 ファミリー*

字游工房デザイン。凸版印刷で使用されていた書体を現代向けに改刻。紙だけでなく、スクリーン上に表示された時の視認性も考慮されている、読みさすさを重視した明朝体。

游明朝体 & 游明朝体+36ポかな ファミリー*

字游工房デザイン。「時代小説が組めるような明朝体」をテーマにデザインされた游明朝体Rを核としたフォントファミリー。クセの無いオーソドックスな字形なので多用な媒体で使用可能。

游明朝体の仮名のみをクラシカルな「36ポかな」に差し替えた「游明朝体+36ポかな」はタイトルや見出しなどで大きく使いたい時に適している。

和文:ゴシック体

ヒラギノ角ゴ ファミリー*

字游工房デザイン。「ヒラギノ明朝」との組み合わせを意識してデザインされたオーソドックスなゴシック体。「ヒラギノ明朝」同様、あらゆる媒体で違和感なく活用できる書体である。

凸版文久ゴシック & 凸版文久見出ゴシック ファミリー*

字游工房デザイン。横組みでの使用に特化して作られた、本文用のゴシック体。仮名文字の、筆が入る際のでっぱりを左向きにつけるという珍しいデザインで、独特の読むリズム感を演出している。

游ゴシック体 ファミリー*

字游工房デザイン。游明朝体と対になるオーソドックスなゴシック体。品格と可読性を併せ持つ完成度の高い書体。

和文:丸ゴシック体

筑紫A丸ゴシック ファミリー*

フォントワークスによるデザイン。「筑紫」はフォントワークスが独自に開発している書体シリーズ。この丸ゴシックは、現代的な表情でありながら、ふところを絞ったデザインにより、“温かさ”や“なつかしさ”を感じさせるような味わい深さを持っている。

筑紫B丸ゴシック ファミリー*

筑紫A丸ゴシックの仮名をよりオールドスタイルなデザインにしたもの。とてもレトロ感が出ている。

*マークのフォントはFont Bookからダウンロードして使用可能になるもの。使用方法は以下のリンクを参照。
https://support.apple.com/ja-jp/HT206872

欧文フォント編は次回に。

タイポグラフィおすすめ書籍

定番フォント ガイドブック


オススメの関連記事

カテゴリー
Font Fontset

Fontset:『UD新丸ゴ+丸アンチック』の合成フォントで汎用性の高い丸ゴシック体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。

漢字に[UD新丸ゴ]、かなに[丸アンチック]の書体を組み合わせて、モリサワパスポートの書体だけで、汎用性の高い丸ゴシック体を作ってみました。

maru_003

カテゴリー
Font

モリサワパスポート購入メモ(2016年版)

印刷系のデザイナーや印刷会社にはほぼ必須となっている『モリサワパスポート』。

使える書体の数やクオリティから、内容に対しては決して高いとは思いませんが、それでもやはり出来るだけ安く購入したいもの。先日、今年度分の更新をしたので、メモをしておきます。

カテゴリー
Font Fontset

Fontset:『秀英明朝+本明朝新がな』の合成フォントで、ニュートラルな明朝体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。

今回は、秀英明朝の漢字と本明朝新がなの仮名、さらに、欧数字に Adobe Garamond を組み合わせて、クセの無いニュートラルな明朝体を作ります。

mincho_1

カテゴリー
Font Fontset Typography

Fontset:『こぶりなゴシック + Clear Tone SG』で今風の書体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。

ゴシック体で本文を組む時、こぶりなゴシックを使うことが多いです。
完成度の高い書体なのですが、従属の欧数字は細長くて、やや和文のエレメントに合っておらず、古さも感じるので、欧数字だけ別の書体を組み合わせる事が多いです。

今回はこぶりな同様にモリサワパスポートに入っている新ゴ用に用意された欧文書体『Clear Tone SG』と組み合わせて、より洗練された、新しい印象になる合成フォントを作ります。

clear_2