カテゴリー
1812_Netherlands Design Photobook Travel

アムステルダムでオススメのアートブックショップ『MENDO』

オランダ、アムステルダム旅行では、市内の本屋を何軒か回りましたが、行った中で一番素敵だったのが、MENDOというアートブックショップです。

黒い看板が目印

Webサイト(https://www.mendo.nl/)もかなりオシャレですが、店内のインテリアも黒で統一されていてとても格好いいです。

店内に何ヵ所か椅子が設置されていて、座って本を確認することが出来ます。

写真集やアートブックは大きくて重い事が多いので、座って読めるのはかなり快適でした。まさに、本好きの気持ちが分かっています。

サイトにも記事があるように、スタッフの方がオススメの本をセレクトして特集を組んでくれています。どんな本が選ばれているかを見るだけでも勉強になります。

また、MADE BY MENDOというレーベル名で自分たちで出版もしているようです。センスのある本屋さんの出版レーベルなだけあって、装幀がとても素敵な本ばかりでした。アムステルダムの歴史や街に関連した内容の本も多かったです。

さらに、店内で什器として使用されている真っ黒い本の形のブックスタンドやオリジナルの香水などもプロデュースして販売していて本当に多才です。

私が訪問した際にも、このお店をめがけて来たと思われる旅行客が、両手いっぱいに本を買って帰っていきました。

オーナーの方もとても親切に本の事を教えてくれます。

アートブックや写真集に興味がある人には、アムステルダムで是非行って欲しい書店です!

店舗情報

MENDO

  • Webサイト(オンラインショップ):https://www.mendo.nl/
  • 住所:Berenstraat 11, 1016 GG Amsterdam The Netherlands
カテゴリー
1812_Netherlands Infographics Travel

インフォグラフィックスの聖地? アムステルダムのスキポール空港のサインデザインを写真でご紹介します!

オランダ、アムステルダムのスキポール空港(Schiphol Airport)は世界でも有数の乗り換え客を誇り、トランジット空港とも呼ばれています。

様々な国籍の人が使用するため、どの国の人にも伝わりやすいように案内のサインシステムが物凄く明快になっている、インフォグラフィックスの聖地とも言える場所!

2017年の夏と2018年の冬にこちらの空港を使用したので、そこで撮影した世界でも有数の明快なサインデザインを写真でご紹介します。(プライバシーへの配慮から、人の顔は黒く消しています。)

2017年夏

フランスのアルルに旅行をした際、マルセイユからオランダ経由で東京行きの飛行機に乗りました。トランジットの際にスキポール空港を使いました。

駐車場やタクシー乗り場の案内もわかりやすい
建築がかっこいい!
喫煙所を案内する看板が見える
鉄道の乗車口へのトンネル。未来的なデザイン
アムステルダム市内への案内はブルーのカラーで、空港内のイエローと対比させており、わかりやすい
電車の券売機
ショッピングゾーン。乗り場への案内板が大きく、すぐ目に入る場所に掲示されている
搭乗口の数字が大きい。遠目からでも視認性が高い
KLMのチェックインカウンター
広場
どこにいても、搭乗ゲートへの誘導が明快である
黒ベースと黄色ベースのサインがあるが、どちらも、方向を示す矢印は白抜きの矩形の中に入っているので見やすい
スキポール空港の有名な時計台。人が針を動かしているように見える
インフォメーションの「? | !」マークも大きい
英数字のメリハリの付け方が気持ち良い

2018年冬

今度はアムステルダム宿泊時に利用。冬の早朝なので薄暗いが、2017年の画像と比較してみてください。

電車やタクシー、トイレなどのピクトグラムも見やすい
非常口のサインも
「Departures / Arrivals」のサイン。見やすいだけでなく、デザインとしても洗練されている
トイレの案内。日本と比べて、サインの看板自体のサイズが大きい!
早朝ですが人通りが多い
床にもサインが貼ってあるのが見える
エレベーターのサイン
 搭乗ゲート直近のサイン。これも文字が大きい!

空港の中にいるだけで楽しめます。

旅行やトランジットでスキポール空港を訪れた際には是非、空港のサインシステムにも注目してみてください。


オススメの関連書籍

駅をデザインする(ちくま新書)

駅や空港などのサインシステム、インフォグラフィックスについて解説している書籍です。

カテゴリー
1812_Netherlands Food Travel

オランダの廃棄食材活用レストラン「INSTOCK(インストック)」へ!

オランダ・アムステルダム旅行の記事です。最近話題になっている様々なレストランから廃棄予定の食材を集めて再活用したレストラン「INSTOCK(インストック)」

こちらのアムステルダム店でモーニングを食べてきました。朝はグラノーラのメニューだけですが、お店のコンセプトやオランダの食の豊富さを十分感じる事ができる内容でした。

Instock Amsterdam

場所はトラム7号線「Amsterdam, 1e Coehoornstraat」駅のすぐそばです。

店頭に置かれた「THE FOOD RESCUE BIKE」

朝は8:30からオープンです。予約は不要で入れます。

店内。12月の朝なので、まだ暗い

店内中央の黒板の下にある「607924」というカウンターは、様々なレストラン等から回収してきて、料理に使用するための食材ストックの数だそうです。

メニュー

モーニングの時間帯(オープン〜11:30まで)はグラノーラとドリンクのセットのみの1メニューとなります。

まずはコーヒー

これがモーニング(BREAKFAST)のセットです。

右の器に入っているのはなんと、珍しい、ビールを使ったグラノーラだとか。

ビールを使ったグラノーラ
混ぜます

ザクザクとした独特な歯ごたえとほのかな甘さで食べごたえがありました!

りんごの下には酪農国家オランダの名物、ヨーグルトがたっぷり入っています。水抜きされているのか、ズッシリとしたボリュームでとても美味しい!

モーニングセットなのでもっとあっさりしているかと思ったのですが、インストックのコンセプトを体験できるとても満足な内容でした!

次回はぜひランチやディナーで行ってみたいと思います。

INSTOCK アムステルダム店・モーニングタイムの評価


INSTOCK

https://www.instock.nl/

Restaurant Amsterdam
月-日 AM8:30 – PM11:00
Czaar Peterstraat 21, Amsterdam

こちらの紹介動画を見ると、雰囲気やコンセプトがわかりやすいと思います。

Instock Turns Surplus into Delicious Meals「一流シェフが腕をふるう」オランダの廃棄食品レストランInstock

カテゴリー
1812_Netherlands Travel

Amazon Prime Video は海外では再生できないので注意!

Amazon Primeを年間契約しているので、海外旅行の際にFIre HD 10 を持参して、Prime Videoのドラマを旅先で見ようと思ったのですが。。。。

エラーが出て再生できない!

どうやらAmazon Primeの契約は国毎にされているので、海外に行ってしまうとPrime Videoは再生できなくなってしまうようです。

日本にいる間にダウンロードした動画は海外でも再生できました。

また、Primeでは無いAmazonビデオの有料作品であれば、海外でも購入して再生することができました。

海外旅行でPrime Videoの作品を見たい場合は、できるだけ日本にいる間にダウンロードをしておきましょう。

カテゴリー
1812_Netherlands Travel

オランダ(アムステルダム)旅行で役に立ったスマートフォンアプリ

アムステルダム旅行で役に立ったスマートフォンアプリをご紹介します。

私がAndroid機を使っていますので、Android用がメインですが、iPhoneアプリもある場合は合わせてご紹介します。

1. NS

NS

NS

Nederlandse Spoorwegenposted withアプリーチ

日本で言うと、Yahoo路線検索 のような交通乗り換えアプリです。アムステルダムは広くはありませんが、電車、メトロ、トラム(路面電車)、バス、と様々な交通機関を乗り継いで移動するので、目的地への交通手段をしっかり調べてから移動する方が良いです。

Googleマップでも勿論良いのですが、こちらのNSの方が、オランダの交通機関が直接作っているアプリなので、地名やルートの精度がより優れています。

ホテルや良く使う目的地などをブックマークに入れておくとなお便利です。

2. WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger

WhatsApp Inc.posted withアプリーチ

LINEのようなメッセンジャーアプリ。こういったアプリは、国ごとに使用されているものが違うので、事前にその国で何が流行っているか調べておくと良いです。

以前行った台湾ではLINEだったのですが、オランダではこのWhatsAppが多く使われているようだったので日本にいる間にダウンロードして、登録しておきました。

※登録時にSMSでの認証が必要なので電話番号が必要になります。私は海外ではデータ通信専用SIMだけを使う予定でしたので、日本にいる間に認証を済ませました。

私は毎回ホテルではなくアパルトマンに泊まるので、宿に着いてもフロントに誰もいない、という時もありました。その時、連絡が取りやすいようにWhatsAppを入れておきました。

宿泊初日、宿の洗濯機が壊れていたのですが、それに気づいたのが受付が締まった後でした。しかり、WhatsAppを入れていたおかげで、オーナーとチャットで連絡を取り、迅速に修理してもらえました。

現地で知り合った人と連絡先を交換する際にも入れておくと良いと思います。

3. Buienradar – weer

Buienradar - weer

Buienradar – weer

RTL Nederland B.V.posted withアプリーチ

雨予報アプリ。オランダは本当に雨が多いです。何時間後に雨雲が来るといった情報を視覚的に伝えてくれるアプリです。

GPSで位置情報をONにしておくと、雨が降り出す頃に通知をしてくれます。

その他、基本のアプリ

4. Googleマップ

マップ - ナビ、乗換案内

マップ – ナビ、乗換案内

Google LLCposted withアプリーチ

これはこれで必須ですね。私は、交通情報はNSで調べて、最寄り駅から施設までの徒歩ルートはGoogleマップでナビを出す、という使い方をしていました。

5. Booking.com

ホテル予約のブッキングドットコム

ホテル予約のブッキングドットコム

Booking.composted withアプリーチ

毎回、宿はBooking.comで予約しています。宿との連絡も間に入ってやってくれるので、こちらも旅行には欠かせないアプリです。


旅行先の国で実際に使われているアプリを事前に調べて、日本でインストールしてから行くと、旅がグッと便利になります。