カテゴリー
Architecture Art Exhibition

国宝から最新の映像インスタレーションまで「建築の日本展」at 森美術館

2018年4月から9月まで森美術館で開催された「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を鑑賞しました。

千利休による伝統的な茶室の原寸模型から、ライゾマティクスの最新テクノロジーを駆使した映像インスタレーションまで、日本の建築を包括的な視点で紹介している見応えのある展覧会でした。

写真撮影可能だった作品を中心にご紹介します。

北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》

作家名/作品名:北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

入り口にあった巨大な木組。

コンテンツ紹介

伝千利休《待庵》

伝千利休の国宝《待庵》の原寸模型。中に入れるので並んで待ちました。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

屋根の飾りなども気になります。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

室内はとても風情があります。森美術館の館内ということを忘れてしまいそう。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

かなり精巧な模型です。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

光の入り方も美しい。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》

香川県庁の執務室にある仕切り棚。香川県庁は香川に旅行に行った際に観に行きましたが、建物自体が丹下健三さんの建築となっています。(以下記事参照)

今回の展示はこちら。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

交互になっているフタの色が素敵です。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三《住居(丹下健三自邸)》

こちらは丹下健三さんの自宅。

作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》

今回の展示で最も印象に残ったのはこちらのライゾマティクスによる映像インスタレーション作品です。

2.5次元とも云えるスケールのフィールドに日本の建築、その構造が立ち現れては移り変わっていきます。

作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

紹介動画もありましたのでこちらを観るとより伝わると思います。


オススメの関連記事

丹下健三さんの建築「香川県立体育館」を観に行きました
建築にまつわる本を取り扱っているお店も紹介しています
カテゴリー
Photography Tool

Huawei P20 を購入。カメラ機能がものすごく良かったので作例を紹介!

普段使用しているスマートフォンを HuaweiのP20に機種変更しました。

Huawei 5.8インチ P20 SIMフリースマートフォン ミッドナイトブルー

Leicaのダブルレンズを搭載し、カメラ機能が特に売りのこちらの機種で撮影した写真の作例をジャンルごとにご紹介します。

*条件:デフォルトの「写真」モードで撮影。解像度12MBで記録したものをPhotoshopで縮小して掲載。

1. FLOWER / 花、植物

背景のボケがかなりきれいに出ています。花の色はもう少し鮮やかに出ても良いかもしれない。

こちらはかなりいい感じ。ボケもきれいで、色も鮮やかに出ました。

2. FOOD / 食べ物

サンドイッチ。構図がいまいちですが、きれいに写りました。色がちょっとあっさりめかもしれません。

サラダ。これはもう少しグリーンが鮮やかに出て欲しいですね。

レアチーズケーキ。調子が飛びがちな白い部分の形もしっかりと出ています。

カレーうどん。夜に行ったお店での撮影ですが、いい感じです。

焼き魚。微妙な色合いですが、焦げた部分の表情まで精細に写っていて、かなりいい感じ。

厚揚げ。

野菜炒め。お皿のハイライトがやや飛んでしまった。

「大阪王将」の定食。いい感じに撮れました。

パスタ。

『銀座 梅林』のとんかつ。ちょっとピンが外れてしまいました。

てんぷら。これもピンが外れてしまった。

 

3. ROOM / 室内

朝のカフェ店内。窓際なのでもともと明るい。イメージ通りの色。

スタバの店内の写真。雰囲気が出ています。

カフェ店内。右側が窓なのでこちらも採光は良い。色がキレイに出ている。

店内2。広角レンズなので奥に抜けるパースが気持ちいい。かなり明るい時間帯だったので、もう少し色が濃く乗っても良いかもという印象。

新橋の『PRONT』。もう少し暗部が明るく出ると良かった。

窓ごしのビル群。かなりの逆光だが、手前のカップのパッケージに書かれた文字なども潰れずに読める。ビルはもう少しボケて良いか。

4. LANDSCAPE_DAYLIGHT / 太陽光下の風景

夏の日差し。かなり良い仕上がり。光が強い時間帯だがグリーンやレッドの固有色がしっかりと出ていて、美しい。

横浜大さん橋。これはかなり良く撮れました!濃いブルーの色乗りや、周辺減光がいい具合に効いて、Leicaのカメラで撮った写真という雰囲気がかなり出ています!

スマートフォンでこれだけの写真が撮れるのはとても嬉しいですね!

夕方の表参道。写真のゴールデンタイムと云われる夕方の時間帯。いい感じです。

窓ごしの六本木のビル群。これもブルーがいい感じです。

かなり強い日差しだったので、さすがに暗部が潰れてしまった。

cof

水平をもっとしっかり取っておくべきだった一枚。細部まで解像されている感じなのは良い。

こちらも、日差しが強すぎたのかコントラストが付きすぎた。

標識のブルーやレッドの色が鮮やかに出ていい感じに。鮮やかな色の箇所をワンポイント入れてあげるといい写真になりそう。

こちらも商店の店先の赤い色がいいアクセントに。

夕暮れ時の路地。もう少し色が濃く乗ったほうが雰囲気が出そうです。

5. LANDSCAPE_NIGHT / 夜景

これはすごい!とにかくこの機種のカメラは夜景撮影機能が素晴らしすぎます。表参道の交差点がまるでシンガポールのマリーナベイサンズのようなドラマティックさに!

走行するトラックのボケ方も良いです。

銀座。

六本木。

桜新町。

面白いくらい良く撮れます。

SUMMARY / まとめ

Huawei P20のカメラは、細かい設定をしなくてもとてもいい感じに撮れるので写真を撮るのが本当に楽しくなるスマートフォンです。

私は他にもSONYのコンデジ、RX100を持っているのですが(これもすごくいいカメラ)、P20がこれだけキレイに撮れるとRX100の出番が減っていきそうです。。。

これからどんどん撮影していきたいと思います!

その他、P20で撮影した写真を以下のflickrフォトアルバムにアップロードしています。よろしかったらご覧ください。

180924_Huawei P20 Photo sample

HUAWEI P20 5.8インチ SIMフリー スマートフォン ミッドナイトブルー 【日本正規代理店品】

おまけ:私が使用している Huawei P20のアクセサリー

液晶保護フィルム

【Spigen】 スマホフィルム Huawei P20 ガラスフィルム 【フルカバー】 全面保護フィルム 液晶強化ガラス 9H硬度 發油加工 GLAS.tR SLIM ガラスフィルム L21GL23079 (ブラック)

耐衝撃スマホケース

【Spigen】 スマホケース Huawei P20 ケース 対応 TPU 米軍MIL規格取得 マット仕上げ ラギッド・アーマー L21CS23080 (ブラック)

予備の充電器

Ewin® ACアダプター Type-Cケーブル一体型 USB 充電器 type-c 充電器 AC急速充電 折りたたみ式プラグ搭載 変換プラグ 1.5mケーブル DC 15W, 5V 3A (合計) 出力 Google 5X/6P/Pixel/ Pixel XL/Samsung Galaxy S8/ S8+/LG 5X/G5/Huawei P10/Mate9 USB Type-C機器対応 PSE認証済品 【一年保証付き!】

オススメの関連記事

カテゴリー
Design Event Exhibition Typography

TDC2018展で最新のタイポグラフィデザインに触れる

イベントポスター

ギンザグラフィックギャラリーで開催されていたTDC(Tokyo Type Directors Club)の2018年度の展示へ。

公募を勝ち抜いたタイポグラフィ作品が平面~立体まで並んでいました。

会場内は撮影可能でしたので私が気になった作品を何点かご紹介します。

中国のデザイナーの作品。派手!
こちらもビビッドな色使い
展開例。素敵ですね!
『THINK OF THINGS』のステーショナリー

文房具会社のKOKUYOが展開するライフスタイルショップ『THINK OF THINGS』のデザイン。とても素敵なアートディレクションです。

鉛筆をモチーフにした模様が素敵です
オリジナルの白い道具箱も
カフェもあるショップなのでコーヒーカップまでデザインしています
相撲の寄席文字のようなタイポグラフィ
クリスマスイベントのグッズデザイン。リボンの処理が軽やかで良いです
シンプルなステーショナリーセット。こういう潔いデザイン大好きです
コラージュ技法を用いたポスター
津軽三味線のポスター。弦を押さえる手の形を力強いイラストで表現。カッコいい!
『吉本興業百五年史』こういった物にも、当たり前ですがデザイナーの仕事が求められます
中国のイベントポスター?でしょうか
展示風景やアプリの展開例
パッケージデザインはこのような商品まで!

最新のタイポグラフィデザインの作例を知ることができてとても勉強になりました。

Webサイト

TDC 2018/ギンザ・グラフィック・ギャラリー « TDC TOKYO JPN
http://tdctokyo.org/jpn/?p=6492

関連書籍

Tokyo TDC Vol.29

カテゴリー
Art Exhibition

「君と免疫。展」at 表参道|免疫のイメージを視覚化した2日間だけの展示会

表参道のSO-CAL LINK GALLERYで2018年2月24日、25日の二日間のみ開催されたインスタレーションアートの展覧会「君と免疫。展」を鑑賞しました。

牛乳などの乳製品でお馴染み、株式会社明治のプロデュースで私たちの体内にある“免疫”について、様々なアーティストが自由な解釈によって表現した作品が展示されていました。

表参道のSO-CAL LINK GALLERY
株式会社明治主催のイベント
DAISY BALLOON「bridge」

免疫の構造を立体化したバルーンアート作品。

DAISY BALLOON「bridge」

たった二日間のイベント。会場は大盛況でした。

DAISY BALLOON「bridge」
DAISY BALLOON「bridge」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」

キノコの胞子が付いたような不思議なサボテン。

吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」

作家の想像上の免疫の形を細密に描写した作品。

ものすごい細密描写で印象に残りました。

石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
勅使河原 一雅「混沌の王国」

細胞の中に漂っている様な気持ちになれる映像インスタレーション作品。

勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
動画1
動画2
清川 進也「スパイラリズム」

免疫のメカニズムを楽器として構築した作品。

カテゴリー
Design Paper

街で見かけた気になるデザイン:「ニッポン貝人列伝」のDM

LIXILギャラリーで2018年3月8日〜5月26日まで開催される「ニッポン貝人列伝 -時代をつくった貝コレクション-」という展覧会のDMをもらったのだが、そのデザインが良かった。