カテゴリー
DTP Print

プリンターの互換インクを使う2つのメリットとデメリット

フリーランスになってから始めの3年くらいは、こちらの、CanonのA3ノビまで対応できるインクジェットプリンターを使用してデザイン(DTP)業務をしていました。

Canon インクジェットプリンター PIXUS iX6830

仕事もそれほど多くなかった時期なので、純正のインクでは無く、他社製の互換インクをずっと使用していました。

しかし、プリンターを買い替えると共に、互換インクを使うのは一切辞め、今は純正のインクだけを使用しています。

互換インクを使うメリットとデメリットは何なのか?私の経験から、所感を書いていこうと思います。

互換インクのメリット

1. 圧倒的に安い

まず、純正品と比べると大分安いです。

iX6830の純正インクは、単品だと1色1500円程度、セットの物は6000円くらいの価格で販売されていました。

これが、互換インクになると、会社にもよりますが、半額近くまで安くなります。

私が使用していた互換インクの会社では、単品が700円、セットの物が3000円程度で販売されていました。

互換インクを使う人は大半の人が、この、価格の安さを魅力に感じると思います。実際私も、この安さには大分助けられました。

2.販売サイトが多い(納期・ポイント)

互換インクも様々なメーカーがありますが、意外と、販売サイトが多くすぐに購入する事が出来ます。

互換インクメーカーのホームページで注文しても中1日くらいで届くので納期については心配はありません。

また、ポイント還元をしている所も多く、まとめて買う事で独自のポイントがついたり、楽天やYahooに出店しているメーカーで買えば、そこでポイントを溜める事もできます。

同じ互換インクメーカーをずっと使うのであれば、ポイントを使うことでさらに安く購入することが可能です。

互換インクのデメリット

1. メーカー保証や修理の対象外になる

互換インクを使った段階で、そのプリンターはメーカー保証や修理の対象から外れてしまいます。

つまり、プリンターが故障してしまった場合、自分で直すか、諦めて新しい物に買い替えるか、の2択になってしまいます。

iX6830は当時の売価が25,000円くらいだったので、その位の価格であれば買い替えても良いのですが、仮に本体が50,000円近い機種の場合、修理が効かず、買い替えになってしまうのはかなりの痛手です。(実際、iX6830は3年間の使用中に一度壊れ、同じ物を買い直しました。)

プリンターは捨てる時には粗大ゴミに出すことになるので、環境のためにも、修理して使う方が好ましいです。

2. インクの発色が純正に劣る

私が互換インクの使用を辞めた大きな理由がこちらです。

互換インクも会社によって質はまちまちで、頑張っている所もあるのですが、インクの発色はどうしても純正より劣ります。

インクジェットプリンターの『発色が良い』という特徴が無くなってしまう感じです。

趣味で使う分には互換インクでも良いのかもしれませんが、業務で使うとなると、色が濁っていたりすると正確にデザインを判断する事が難しくなります。

また、書類をお客様に渡す場合も、発色がイマイチなので、自分でプリントアウトした物は使用出来ず、仕方なく近所のセブンイレブンでネットプリント出力した物を使用していました。

いくら、安い互換インクを使用していても、時間=コストと考えた場合、これでは採算が合いませんね。。。

デザイナーとしても、せっかく作ったデザインの発色が悪いと気分が上がりません。

以上の事があり、私は今は互換インクを使用していません。

まとめると、以下の様になります。

互換インクが適している人

  1. 主に趣味でプリンターを使用する人……印刷クオリティはほどほどあればOK
  2. プリンター本体の価格が安い機種を使用している人……例:5,000〜30,000円。インクが原因でプリンターを買い替えても痛くない金額
  3. 楽天やYahooなど、各種ポイントを溜めるのが好きな人

純正インクが適している人

  1. 主に仕事でプリンターを使用するプロのクリエイター
  2. プリンターの本体価格が高い機種を使用している人

結論

やはり、デザイナーや写真家など、クリエイティブ業に関わるプロの人は純正インクを使用すべきです。

現在使っているプリンター

私が現在使っているプリンターはこちらです。

エプソン プリンター A3 インクジェット ビジネス向け PX-S7050

ビジネスインクジェットプリンターというジャンルで、インクジェットプリンターの発色・経済性と、レーザープリンターのプリント速度を合わせた様な機種になっています。

印刷スピードがとても速いので、販売用などでは無い、自分で確認するレベルのクオリティや、企画書などプリントアウトでは十分過ぎるほど役に立ちます。

インクは勿論、純正の物を購入して使用しています。

本体は、後継機種が販売されたこともあり、かなり安くなっていますね。

カテゴリー
Design Office

私のデザイン制作PC環境(2019年2月版)

フリーランスのグラフィックデザイナーとして自宅兼事務所で仕事をしている私のデスク周りの制作環境を紹介します。デザイナーとして独立を考えている人や、自宅で作業をする事が多い人は参考にしてもらえたら幸いです。

CONTENTS

デスクトップPC

Apple Mac Pro

[カスタマイズ内容]

  • 3.7GHz Quad-Core Intel Xeon E5
  • 16GB 1866MHz DDR3 ECC – 4X4GB
  • 512GB PCIe-based Flash Storage
  • Dual AMD FirePro D300-2GB VRAM
  • USER GUIDE-JPN
  • COUNTRY KIT-JPN

以前はiMacを使用していたのですが、一体型の弊害か夏になるとモニターの裏についている本体がかなり発熱しその熱を顔に浴びてのぼせるような状況になる事がありました。それがかなり辛かったので買い替える際には一体型はやめてこのMac Pro を購入。

コンパクトなデザインで気に入っています。メモリを後から増設できるのも良いです。1点失敗したと思ったのはフラッシュストレージの容量を512GBにしてしまったこと。かなりすぐに容量が埋まってしまうので金額的にはもう少し頑張って1TB積むべきだと感じました。

Illustrator、Photoshop、InDesignなどのアプリケーションを使う分にはオーバースペックかとも、と購入当初は感じていましたが仕事を続けていくうちに映像編集の案件なども頂く様になり、AfterEffectsやPremiereなどを使う事も増えてきました。

レンダリングなどもとてもスピーディーにしてくれるので、今となってはこのMAC PROを買っておいて本当に良かったと感じています。

モニター

BenQ カラーマネージメントモニター ディスプレイ SW2700PT 27インチ

Adobe RGBの色域を99%カバーするこちらのモニター。これまで使っていた2010年式のiMacのモニターと比較すると発色が断然良いです。また、iMacを使用していた際はモニターの光沢による反射が結構辛かったのですが、このBenQのモニタはマットで、さらに遮光フードもついているので目の疲労がかなり軽減されました。

エディトリアルデザインをする際はモニターサイズは大きい方が良いので27inchを選択。かなり良いです。

▶キーボード

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B

デザイン制作にはテンキーが必須とも云えるのでこちらのキーボードを使用。電池切れの心配が無いので有線の方が使いやすいです。

マウス

ケンジントンExpertMouse

2-3年前からトラックボールタイプのマウスを愛用しています。慣れるまでは戸惑ったが、一度慣れてしまえば通常のマウスは使えなくなるくらい快適。腱鞘炎から解放されます。マウスパッドとセットの物を購入しました。

ペンタブレット

Wacom Intuos Pro Medium

画像の切り抜きなどにかなり便利なペンタブレット。A4サイズ程度の描画領域があるMサイズを使用。最近動画の仕事をする機会が増えたのですが、Adobe Premierなどでタイムラインを調整する時もペンタブレットの方がスピーディーに作業をすることができます。

デスクトップスピーカー

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

Mac Proは本体をデスクの下に置いている事と、デフォルトのスピーカーがあまり良くないので、PC用のスピーカーはこれを使用しています。音質は値段相応という感じだが作業中に聴く分には十分。スピーカー側にイヤホンジャックが付いているのも、音を出せない夜間の作業の際にも便利です。

デスクライト

Zライト Z-208 B ブラック

Zライト Z-208 B ブラック

Zライト Z-208 B ブラック

posted with amazlet at 18.02.01
山田照明
売り上げランキング: 127,060

これに

日立 高演色形蛍光灯 演色AAA昼白色(色評価用) グロースタータ形 20W FL20S・N-EDL-NU

こちらの色評価用の蛍光灯を付けている。色を正確に見るという点でライトはとても重要です。

(2018年12月23日追記)

ZライトはなんとAmazonでの取扱いが廃止されてしまいました。。。今はLEDの物に切り替わったようなのですが、体験していないのでオススメは出来ません。

ヤフオクなど、中古で探してみる他無いようです。

▶ ヤフオク!で「山田照明 z-208」で検索

プリンター

EPSON A3ビジネスインクジェットプリンター PX-S7050

エプソンの「ビジネスインクジェットプリンター」。
起動から印刷までの速度、印刷精度、ランニングコストなど、かなり優れている完成度の高いプリンターです。

ビジネスインクジェットプリンターとは?

印刷スピードに拘ったインクジェットプリンターです。

レーザープリンターとインクジェットプリンターの特性を足して2で割った様な特性を持っています。

ビジネスインクジェットプリンターの特徴

  • プリンター本体の価格、インク代、プリンターヘッド代、など、導入費用や維持コストがレーザープリンターより安い
  • 一般的なインクジェットプリンターよりもプリントスピードが圧倒的に早い
  • 文字の印刷は一般的なインクジェットプリンターより精細。また、印刷面にマーカーを引いてもにじまない
  • インクジェット方式なのでプリントの精度(シャープさ、ベタ面の平滑度)はレーザープリンターより劣る
  • 写真印刷の発色・クオリティは写真専用のインクジェットプリンターより劣る

上記の様な特徴があります。

エプソンとブラザーのショールームに行って同価格帯のビジネスインクジェットプリンターを何台かテストプリントをしたところ、印刷機能(印刷スピード・クオリティ)だけで見ればこの機種がダントツで優れていました。※他社の機種はスキャナーやコピー機能がついている。

写真専用のインクジェットプリンターと比較すると品質は劣りますが、ページ物のデザインや確認用のプリントアウトには完璧と言っていいほどのパフォーマンスを発揮してくれます。

インクを純正で揃えると総額で26000円くらいかかるのがややネックでしょうか。

PX-S7050用の純正インクは以下になります。大容量のモデルがオススメです。

ICBK93L(ブラック)

ICC93L(シアン)

ICM93L(マゼンタ)

ICY93L(イエロー)

独立した初期に使用していた安いプリンター

上でご紹介したPX-S7050は独立後5年ほど経って仕事量が安定してきた頃に購入した機種です。

フリーランスデザイナーとして独立した当初はより安価なこちらのインクジェットプリンターを使用していました。

Canon インクジェットプリンター PIXUS iX6830

A3ノビまで使用出来るオーソドックスなインクジェットプリンターです。

本記事公開時点で実売20000円を切る価格なので、壊れたら買い替えれば良いやくらいの気軽な気持ちで導入する事ができます。実際に私はこの機種を2回買い替えて使用しました。

PIXUS iX6830のインクはこちら

【純正品】 キヤノン(Canon)対応 インクカートリッジ 5色マルチパック 大容量タイプ 1箱(5色セット) 型番:BCI-351+350/5MP ds-1100624

スキャナー

キヤノン フラットベッドスキャナ CanoScan9000F MarkII

古い機種なのですがフィルムスキャンができてそれなりに高解像度でスキャンできる(かつ、価格も手頃)ので、なかなか買い換えられません。

MacのOSをSierraに上げてから本機に搭載されているワンタッチスキャンボタンが効かなくなってしまったので、Canonさんにはできればバージョンアップした機種を出して頂きたいです。

エプソン スキャナー DS-570W

専門学校で講師をするようになり授業の書類などが一気に増えて収納が追いつかなくなってきたので購入したドキュメントスキャナー。

シートフィードで文書を読み込んでくれて両面一度にスキャン可能。スキャニングスピードも早いので、古い書類はこのスキャナーでデータ化し紙の方は処分しています。

整理整頓がかなり楽になりました。

チェア

オカムラ バロンチェア

長時間のデスクワークに椅子はかなり重要です。

オカムラのバロンチェアはエルゴノミクスに基づいたデザインで、腰や背中への負担を大幅に軽減してくれます。

横浜にある中古オフィス家具専門店『今井家具店』さんで購入しました。

中古オフィス家具の販売・買取 | 今井家具店 /
http://www.imaikaguten.com/

バロンチェア以外にもたくさん展示されていて、実際に座って試せるのでこちらの店舗はかなりオススメです!

仕事部屋の照明

小泉成器 シーリングライト【インバータ 蛍光灯 昼光色 8~10畳】丸形スリム蛍光ランプFHC BHN0119D

蛍光灯のシーリングライト。以前はLED照明を使用していたのだが、長時間作業しているとチラつきを感じ(低価格の商品だったからかもしれないが)、目の疲労がすごかったので蛍光灯の物を購入し、以下の蛍光管を付けて使っている。

パナソニック スリムパルックプレミア 蛍光灯 27+34形 丸形 ナチュラル色 (2本セット) FHC2734ENWH2K

目の疲れはかなり改善されて快適になったが、蛍光灯→LED照明の切り替えの波により、上記のシーリングライトはAmazonでは購入不可能となってしまった。

ノートPC

MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)

[仕様]

  • 2.5GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD250GB + HDD500GB

ノートパソコンはMacBook Proの2012年のモデルを未だに使用しています。

中古PC販売店のじゃんぱらで見つけて購入した物です。じゃんぱらはカスタマイズされたPCも取り扱っているのですが、この機種はデフォルトで搭載されているCD/DVDドライブを取り外し、そこにSSDを積んだ魔改造モデルでした。

しかしそのおかげで現在でもDTP作業を行う分にはかなり快適に使えているので、買い替えたい気持ちもあるのですがまだまだ活躍してくれそうです。

映像編集にだけ関して云えばグラフィックボードが旧型なのでレンダリングにかなり時間がかかります。DTPメインなら今から購入しても良いですが、映像をやる可能性がある方は最新の機種の方が良いと思います。

カテゴリー
Tool

ハイコストパフォーマンスなA3ノビ対応IJプリンター:Canon PIXUS iX6830

ix6830

2年ほど使用していたCanonのインクジェットプリンター、PIXUS iX6530が突然壊れてしまったので、後継機種のPIXUS iX6830に買い替えました。