カテゴリー
Food

「無印良品 銀座」地下1階「MUJI Diner」でお得なオムライス定食のランチ!

2019年4月4日にオープンした無印良品の新しい旗艦店「無印良品 銀座」へ。店内を見つつB1Fのレストラン「MUJI Diner」で休日ランチをしてきました。

この日は雨でしたがとても賑わっていました
1Fは食品コーナー。オリジナルの日替わり弁当や、無印良品の食品、ベーカリーや有機野菜の販売コーナーがあります

B1F / MUJI Diner

レストランは地下一階。混んでいる事が多いので以下の手順で順番待ちをします。

  1. 店内端末に名前(電話番号)を登録
  2. QRコードを書いたレシートが発行される
  3. QRコードを読み込むと順番待ちの組数を確認できるので、順番が近づくまでは他の階などを見て時間を潰すことが可能。(電話番号を登録しておくと5組前になると電話をくれるので、電話番号を登録しておく方がオススメです)

この日は30分くらい待ちました

店内には大きなキッチンが!
新鮮な魚が並びます
食欲をそそられます
美味しそう
テーブル席

店内には様々な席があるのですが、今回はこちらのテーブル席に通されました。

入り口からも離れていて静かな席です。

無印良品で取り扱いのあるソファっぽい椅子がとても快適で、良い席に座る事ができました。

壁を埋め尽くす本!面白い内装です
ディスプレイされている本も気になります

メニュー

2019年6月29日のメニューは以下の様な感じでした。

無印良品 銀座店、MUJI Dinerのランチメニュー表
2019年6月29日のメニュー

銀座ではかなりリーズナブルといえる価格です。

この日はハンバーグ定食が無くて「肉豆腐定食」が代わりにありました。

オムライス

オムライスを注文。

黄色い卵と赤いケチャップのコントラストが色鮮やかです
海藻入りのお味噌汁がとても美味しかったです

料理の感想

  • オムライスはボリュームもしっかりあって、美味しかったです。こういった料理は家で作るのはちょっと手間なのでレストランで食べられるのは嬉しいですね。
  • 海藻入りのお味噌汁、味噌も香りが良くてこだわりを感じました。美味しいです。
  • 惣菜なども全体的にやさしい味付けで食べやすかったです。
コーヒーは別料金 280円

食後にコーヒーを注文しました。

かなりたっぷり(スタバのトールサイズくらい?)の量があり、満足感が高いです。

注意点

サラダバーは取り放題ではない

サラダバーとありますが、盛り付けられるのは1人1回です。ファミレスのドリンクバーとは「●●バー」の感覚が異なるので注意。

唐揚げ定食の唐揚げがちょっと特殊

唐揚げ定食の唐揚げは多くの方がイメージされる唐揚げとちょっと異なるので注文される方は注意してください。

  1. 肉はもも肉では無く鶏胸肉….唐揚げというと鶏もも肉のイメージですが、ここの唐揚げは鶏胸肉を使用しています。
  2. ピリ辛のソースがかかっている….唐辛子の入ったピリ辛のソースがかかっています。知らずに子ども用に頼んでいたファミリーがいたのですが、そのおうちの子どもは辛くて食べられなかったみたいです

MUJI Diner はこんな人にオススメ

  1. 銀座でリーズナブルにランチをしたい人
  2. 優しい味の定食を食べたい人
  3. 学生さん
  4. 子ども連れのファミリー

銀座ではかなりリーズナブルなので、休日のお得なランチにオススメです!

※価格・メニューは2019年6月29日現在の内容です。変更されている場合もあるので、必ず、最新の情報をご確認の上でおでかけください。


MUJIが生まれる「思考」と「言葉」

カテゴリー
Food

「365日」姉妹店「ヨル15℃(ジュウゴド)」で新鮮野菜と創作パン料理を堪能

代々木八幡駅からすぐのレストラン「ヨル15℃(ジュウゴド)」で夜ご飯を食べました。

こちらのお店は人気のパン屋さん「365日」の姉妹店。

新鮮な野菜と名物のパンをベースにしたオリジナリティ溢れる創作料理はどれも身体に優しい味わいで新鮮な味覚体験ができました。

ディナータイムに頼んだメニューを写真でご紹介します。

外観
店内には様々な本がディスプレイされている
この日は団体さんの予約客がいたので私たちはカウンターに座りました
大勢で来るのも楽しそうです
カウンターからの眺め。奥にコーヒーサーバーが見えます
テーブルの上にはドライフラワーなど
亜麻猫

まずは乾杯用のお酒。その日のオススメの日本酒は売り切れていたので「亜麻猫」というこちらのお酒を注文。

あっさりとしていて飲みやすかったです。

日本酒もグラスで
名物の「夜パン」
クリームチーズやオリーブオイルをつけていただきます

名物の「夜パン」はモッチリとしていて、珍しい食感でした。このパンだけでも美味しいですがプレーンな味わいなのでどんなお料理にも合いそうです。

こちらも名物の「パンSUSHI」
バケットのようなカリカリのパンの上に寿司ネタが乗っています。左が「アジ」で奥が「アナゴ」
シャリ?のパンとネタの間にはワサビでは無くアボカドのペーストが

もう一つの名物「パンSUSHI」。見た目やネーミングがすごいので割とキワモノ系の食べ物かと思いきや、バゲットのシャリシャリ感と寿司ネタの柔らかさ、そして温度差のコントラストがとても新鮮な味わいで美味しかったです。

もっと色々な種類も食べてみたくなりました。

チョリソー
野菜サラダ

サラダは野菜の新鮮さが感じられて美味しかったです。特にトマトが普段なかなか味わえないくらいしっかりとした甘さで、かつ歯ごたえもあって感動しました!

お刺身
けんちん汁風のスープ。ガーリックトーストが付いてきます
温かくてホッとします
食後の紅茶

店舗情報

webサイト(facebook):https://www.facebook.com/jugodo15c/

住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷1丁目2−8

関連書籍

「365日」の考えるパン

「ヨル15℃(ジュウゴド)」の姉妹店「365日」のパンの美味しさの秘密を解説している一冊です。

カテゴリー
Food

「ハガレ(HAGARE)桜新町店」カルディが運営するハイコスパなレストラン

2018年に東急田園都市線の桜新町駅前に出来た、カルディコーヒーファームが運営するレストラン&バー「ハガレ(HAGARE)桜新町店」。

リーズナブルな価格で店内の雰囲気も良いので良く利用しています。

パスタ、カレー、ピザの選べるランチセットが人気のお店。私が頼んだ料理を写真でご紹介します。

店内のインテリア

HAGAREが入っているのは3階建てのビルで1〜2階がカルディの店舗、3階がHAGAREのレストランになっています。

そんなに広くは無いですが、大きな窓でとても開放的な店内です。

カルディ店舗でも取り扱っているワインがずらりと並びます。

奥のソファー席は小さい子を連れたファミリーやお年寄りに人気です。

ランチメニュー

ランチタイムはパスタ、ピザ、カレーの3種類から選ぶ形となります。パスタとランチはそれぞれ定番と日替わりのものが存在します。

ランチには全てサラダとドリンク(コーヒーか紅茶)がつきます。

サラダ

シンプルなサラダ。ドレッシングなどは一切かかっていません。

テーブルに並ぶ岩塩やブラックペッパー、オリーブオイルなどをサラダにかけて食べます。全て下にあるカルディ店舗で取り扱っている商品なので、気に入ったら帰りに買っていくのも良いでしょう。

カリーランチ:HAGAREカリー

カレーセットのチキンカレー。食材の水分のみで調理されている珍しいパキスタン式のカレー。あまり他のお店で食べられないカレーでお肉のボリュームもしっかりとあります。

ランチドリンク(コーヒー)

ランチセットのドリンク、私は毎回ホットコーヒーを頼みます。カルディ店舗で販売しているコーヒーなので馴染みのある安心出来る味。クセが無くて飲みやすいです。

パスタランチ:日替わりパスタ

パスタランチを頼むときはやはり日替わりの本日のパスタを頼みます。参考までに私が頼んだ料理をご紹介します。

ベーコンときのこのペペロンチーノ

厚切りのベーコンときのこがたっぷり入ったペペロンチーノ。ベーコンのジューシーさときのこの風味が一度に楽しめる贅沢なパスタでした。

粉雪ミートソース

2018年の秋頃に登場した私のお気に入りのパスタ。お肉のたっぷり入ったミートソースパスタ。中にはモッツァレラチーズが入っていてボリューム満点!

粉雪のように振りかけられた粉チーズと合わせてチーズを思い切り楽しめるパスタとなっていました。

パスタランチにはご紹介したサラダ、ドリンクに加えてバケットがつきます。

本日のデザート:チーズケーキ

お茶の時間に来店して注文したスイーツ。

この日の日替わりはチーズケーキでした。

コーヒーと一緒に頼んで、見晴らしの良い店内でお茶を楽しむ事が出来ました。

2019年7月15日追記

カフェタイムに訪問。この日の「本日のデザート」はベイクドチーズケーキでした。

しっとりした上品な甘さでとても美味しかったです。

ドリンクもセール価格になっていて、カフェラテを200円で飲むことが出来ました。

本日のデザート「ベイクドチーズケーキ」850円

Information

HAGARE 桜新町店
https://www.kaldi.co.jp/cafe/hagare_sakurashinmachi/

カテゴリー
Food

荻窪の隠れ家レストラン ZINGARA(ザンガラ)へ行ってきました

友人夫婦とディナー、荻窪にあるZINGARA(ザンガラ)というレストランへ行ってきました。

テーブルは一席なので基本的にはカウンターになります。

店名のZINGARA(ザンガラ)とは、「ジプシー」を意味するそうで、世界各地の文化や伝統を取り入れた民族料理の様な食事が楽しめるお店でした。

メニューはその時々での仕入れによって異なるそうです。アラカルトで注文したので、いくつか写真でご紹介します。

地図はこちら → https://goo.gl/maps/Daw6cC5Xz7N2

店舗は建物の二階なので、このジプシーの看板が目印です。

ウニたっぷりのプリン。プリンの表面がカリッカリになっていて、中のやわらかさとの食感のコントラストを楽しめます。


パテ。手前のジャムはなんとバラのジャム!シャリシャリした歯ごたえで、パテと一緒にパンに乗せるととても美味しいです。

白子のクリームソースとカラスミ。白子は濃厚ですが、控えめの味つけ。対してカラスミはしっかりと塩が効いていて、ワインにすごく合いそうです。

カキのパエリア。こちらもカキがたっぷり入っています。贅沢な味!

デザートのチョコレートケーキ。ちょっとアイスっぽくなっていて、食べると冷たい。ですが、口当たりも良く、さっぱりしていてデザートにちょうどいい。


どの料理も一工夫されていて食材や食感にかなりこだわっている感じが感じられ、とても刺激を受けました。普段料理をする方が行くととても発見があるのでは無いでしょうか。

ボリュームもしっかりしているので男性でも満足できると思います。

店内のインテリアや、器もとても素敵で、またぜひ行ってみたいお店です。


店舗情報

レストラン ZINGARA(ザンガラ)

  • 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-25-10 2F
  • 月〜土 17:00~23:00(フードL.O.22:00/ドリンクL.O.22:30)
  • 定休日 日曜日
  • 東京メトロ丸の内線荻窪駅/JR荻窪駅 各徒歩5分
  • Google MAP → https://goo.gl/maps/Cspk7vqf1eT2