カテゴリー
Art Book Photobook

アートブックショップ『flotsambooks』が代田橋に実店舗をオープン!

私がいつも、写真集やアートブック、イベントなどでお世話になっているブックショップ、flotsambooksさんが東京の代田橋に実店舗をオープンしたので行ってきました!

flotsambooks実店舗

入り口から見た印象よりも、実際に店内に入るとかなりたくさんの本が販売されています。

学生さんにも買いやすいリーズナブルな価格帯の本や、ZINEなどもたくさん置いてありました。

ネットショッピングも便利ですが、やはり実店舗だと思いがけない本との出会いがありますね。

この日は、初めて見たブルーノムナーリの素敵な作品集をゲット!

店主の小林さんによると、今後は、サイン会や展示などもイベントも行っていくようです。とても楽しみです!

営業時間は以下のTwitterに掲載されるそうです
@flotsambooks

住所は杉並区和泉1-10-7。最寄りは京王線の代田橋駅です。

関連記事

デザイナーの私がお世話になっているデザインや写真集に強い本屋さんのまとめ

カテゴリー
Design Travel

京橋のデザインホテル「an/other TOKYO(アナザートーキョー)」に宿泊。こだわり抜かれたデザインに大満足!

東京の京橋に2019年5月にオープンしたデザインホテル「an/other TOKYO(アナザートーキョー)」に宿泊してきました。

SMALL 2【 客室コンパートメント・ダブルルーム 】というタイプの部屋に宿泊し、朝食はホテルのレストランでモーニングセットも楽しみました。

ホテルの写真と共に感想をご紹介します。

Contents

  1. 今回の宿泊費
  2. エントランス・外観
  3. レセプション・客室階
  4. 今回宿泊した客室
  5. 2Fレストラン・朝食
  6. 1Fカフェ&バー
  7. まとめ・注意点
  8. Information

今回の宿泊費

今回の、楽天トラベルから【楽天トラベル限定モニタープラン】1日3室限定(ご朝食付き)というプランで、部屋タイプ:SMALL 2【 客室コンパートメント・ダブルルーム 】を2名で予約しました。

宿泊費は、15,768円(消費税込)でした。

エントランス・外観

エントランス
エントランス
エントランス

レセプション・客室階

レセプション。移り変わるデジタルサイネージはソニーが協賛しているそうです
エレベーター。ホテル名のタイポグラフィを活かしたデザイン
客室階。部屋番号のタイポグラフィもカッコイイ

今回宿泊した客室

今回宿泊した部屋は、SMALL-2【 客室コンパートメント・ダブルルーム 】というタイプのお部屋です。

注意!バスルームはシャワーのみ、バスタブはありません

客室
テレビもありました
洗面台。アメニティは下の棚に収められています
客室

2Fレストラン・朝食

今回は朝食込みのプランにしました。

2Fのレストランで朝食を取ります。

レストラン。ドリンクはセルフサービスで、飲み放題
水はレモン入り
レストラン座席
ラウンジとしても使うことが出来るのでPCで作業をしている方もいました
照明のデザインも素敵です
朝食メニュー。この中から選べます

今回は「トーストセット」を選びました。

モーニングのトーストセット
かなり厚切りのトースト。ジャムもついています

写真だと少なめに見えるかもしれませんが、パンのボリュームがあり、男性の私でも充分に満足できる量でした。

他のお客さんが頼んでいたミニハンバーグカレーなどを見ても、外国人の宿泊者が多い事もあり、量はしっかりとしていました。

朝・昼・夜で異なるメニュー表

1Fカフェ&バー

1Fにはコーヒーとお酒を飲めるカフェ&バーがありました。

今回は1泊という事もあり使うタイミングがありませんでしたが、とても雰囲気が良いので次回行く事があれば是非使ってみたい場所です。

カフェ&バーのカウンター
テーブル席もあります。屋外にもテーブル席がありました
とても良い雰囲気です
ぜひ使ってみたい

まとめ・注意点

ホテルや室内のインテリア、アメニティなどにおいて大変デザイン性が高いホテルだったので、1泊の滞在でしたがとても満足できました。

レストランも、料理の味はもちろんのこと、インテリアの雰囲気やソファがとても良かったので、のんびりとしたモーニングタイムを過ごせました。

京橋駅から近く、周辺はビジネス街なので休日には閉まっている飲食店が多いです。夕食を外で食べる場合はその点に注意した方が良いです。

ゴージャスなディナーを取るなら銀座、リーズナブルに食べるなら有楽町まで出てお店を探した方が良いです。

ちなみに私は初日の夜は有楽町にある餃子の王将で食べました。

ですが、ホテルそのものは、立地も良く観光にも便利なので大変オススメできます!


Information

an/other TOKYO(アナザートーキョー)

カテゴリー
Cafe Coffee Food Sweets

蔵前の喫茶半月へ。素敵なインテリアに囲まれ深煎りコーヒーとチーズケーキを堪能

蔵前の「喫茶 半月」へ。

店に入るなりとても素敵なインテリアに心を奪われます。

喫茶利用だったので少し待ち、2階に通されました。

昔ながらの雰囲気を残す店内で深煎りコーヒーと濃厚なチーズケーキをいただきました。

椅子などの座り心地も良くつい長居してしまいます。

カウンターで売っている焼き菓子などもとても美味しそうでした。

インテリアの素敵なカウンター
チーズケーキとホットコーヒーを注文しました
コーヒーは深煎りでかなり好みの味。コーヒー好きな人も満足出来る味だと思います
チーズケーキ。器も素敵です
とても濃厚な味わいで大満足!

オススメの関連記事:カフェ、喫茶店など

カテゴリー
Food

「365日」姉妹店「ヨル15℃(ジュウゴド)」で新鮮野菜と創作パン料理を堪能

代々木八幡駅からすぐのレストラン「ヨル15℃(ジュウゴド)」で夜ご飯を食べました。

こちらのお店は人気のパン屋さん「365日」の姉妹店。

新鮮な野菜と名物のパンをベースにしたオリジナリティ溢れる創作料理はどれも身体に優しい味わいで新鮮な味覚体験ができました。

ディナータイムに頼んだメニューを写真でご紹介します。

外観
店内には様々な本がディスプレイされている
この日は団体さんの予約客がいたので私たちはカウンターに座りました
大勢で来るのも楽しそうです
カウンターからの眺め。奥にコーヒーサーバーが見えます
テーブルの上にはドライフラワーなど
亜麻猫

まずは乾杯用のお酒。その日のオススメの日本酒は売り切れていたので「亜麻猫」というこちらのお酒を注文。

あっさりとしていて飲みやすかったです。

日本酒もグラスで
名物の「夜パン」
クリームチーズやオリーブオイルをつけていただきます

名物の「夜パン」はモッチリとしていて、珍しい食感でした。このパンだけでも美味しいですがプレーンな味わいなのでどんなお料理にも合いそうです。

こちらも名物の「パンSUSHI」
バケットのようなカリカリのパンの上に寿司ネタが乗っています。左が「アジ」で奥が「アナゴ」
シャリ?のパンとネタの間にはワサビでは無くアボカドのペーストが

もう一つの名物「パンSUSHI」。見た目やネーミングがすごいので割とキワモノ系の食べ物かと思いきや、バゲットのシャリシャリ感と寿司ネタの柔らかさ、そして温度差のコントラストがとても新鮮な味わいで美味しかったです。

もっと色々な種類も食べてみたくなりました。

チョリソー
野菜サラダ

サラダは野菜の新鮮さが感じられて美味しかったです。特にトマトが普段なかなか味わえないくらいしっかりとした甘さで、かつ歯ごたえもあって感動しました!

お刺身
けんちん汁風のスープ。ガーリックトーストが付いてきます
温かくてホッとします
食後の紅茶

店舗情報

webサイト(facebook):https://www.facebook.com/jugodo15c/

住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷1丁目2−8

関連書籍

「365日」の考えるパン

「ヨル15℃(ジュウゴド)」の姉妹店「365日」のパンの美味しさの秘密を解説している一冊です。

カテゴリー
Food

世田谷の桜新町に旗艦店がオープン!「ライフ桜新町店」に行ってみた

スーパーマーケット『ライフ』の桜新町店が2019年2月6日にオープンしたので行ってきました。

売場面積3590㎡を誇る巨大な旗艦店!

食品は元より医薬品、化粧品、文房具、キッチン用品、清掃用品、収納用品、ペットフード、衣料など様々な商品を扱っています。

オープンから3日間くらい店舗に足を運んだので感想をご紹介します。

とにかく巨大です!

良かった点

1.日用品が充実している

 イメージ画像/Image by NjoyHarmony on Pixabay

こちらの店舗は2階建てで1階が食品、2階が日用品の売り場になっているのですが、2階の日用品の充実度がかなりすごかったです!

医薬品、化粧品、文房具、キッチン用品、清掃用品、収納用品、ペットフード、衣料(靴、下着、バッグ、スーツケースなどの旅行用品までも!)など、日常生活に必要なグッズは大抵ここにくれば入手できるのではないかという充実ぶり。

周囲にはこれまで文房具店少なく文房具を買うときはコンビニくらいしか選択肢が無いという状態だったので、ライフ桜新町店の充実した文房具のラインナップは嬉しい限りです。

ただし2階は9:00〜22:00までの営業時間なので、そこは注意が必要です。

2.イートインスペースが広い

イメージ画像/Image by inseng0 on Pixabay

店舗で購入したお惣菜などを座って食べる事が出来るイートインスペースが中2階と1階の2箇所にあります。

特に中2階のスペースは広いので買い物途中の休憩にも使えると思います。学生さんや子連れのファミリー、お年寄りにも使い勝手が良いのでは無いでしょうか。

イートインスペースのメニュー

イートインスペースには専用のレジがあり、以下のようなメニューを注文出来ます。

  • ハンバーガー
  • サンドイッチ
  • ドリンク(ドリップコーヒー他)
  • レモン水(無料)
  • 店内のパンコーナーで購入した惣菜パン

水が無料なのはポイントが高いですね。店内にはかなり大きなベーカリーがあるので、惣菜パンを買ってこのスペースで食べるのが個人的にはオススメです。

3.鮮魚が安くて新鮮

イメージ画像/Image by tookapic on Pixabay

鮮魚が近隣のスーパーと比較するとかなり安いです!

安いからと言って品質が低いという事は無く、むしろ、かなり鮮度の高い旬の魚が並んでいます。

このライフが出来てから鮮魚は殆どここで買うようになりました。

4.冷凍肉が豊富

イメージ画像/Image by Free-Photos on Pixabay

これはあまり他のスーパーでは見たことが無かったのですが、冷凍肉の種類がとても豊富でした。

鶏の手羽元、豚肉の細切れやバラ、鶏胸肉のミンチなど、大きなジップロックに入ってリーズナブルな価格で売られていました。

常に家にこの冷凍肉のストックがあると安心出来ますね!

5.キッズルーム(エリア)がある

イメージ画像/Image by tookapic on Pixabay

子供を遊ばせるキッズルーム(エリア)があります。

惜しかった点

1.野菜の鮮度と価格

イメージ画像/Image by Pexels on Pixabay

主に野菜に関してなのですが、有機栽培野菜コーナーがありそちらは結構新鮮そうな野菜が売られているのですが、通常の野菜コーナーに並んでいる野菜は、鮮度に対して価格が高く感じられてしまいました。

お店の照明の具合もあるかもしれませんが、地域の他のスーパーと比べて鮮度と価格のバランスがやや高いような印象です。

2.ポイントが貯まるクレジットカードがJCB

イメージ画像/Image by PublicDomainPictures on Pixabay

使う毎にポイントが貯まるクレジットカードが勿論ライフにもあるのですが、カードのブランドが「JCB」です。

せっかくカードを作るならVISAかMASTERCARDの方が海外などでも使える場所が多いので使い勝手が良いのですが。。。

3.入り口の導線

イメージ画像/Image by ElasticComputeFarm on Pixabay

出入り口は2箇所あるのですが、オープン当初の人が多い日の状況では、メインの出入り口(用賀駅側)とレジ後の袋詰めコーナー、2階からのエスカレーターがわりと固まった場所にあるので人が固まってしまい、買い物をした後に店舗から出るのが少し大変でした。

メイン出入り口の前にナッツの量り売り器があることや、その日はさらに出入り口付近でぽんかんの詰め合わせセールなどをしていた事なども合わさって導線があまり良くなかったです。


以上、オープン初日〜3日くらいまでの期間で訪問した印象です。

この近辺ではかなり大きめのスーパー(というよりショッピングセンター)なので、これからどのように地域に溶け込んでいくのかがとても楽しみです。


ライフ桜新町店のオープンから3日間の個人的評価


店舗情報

ライフ桜新町店

  • 電話番号:03-3429-1770
  • 住所:東京都世田谷区桜新町2丁目23番1号[東急田園都市線 桜新町駅0.7km徒歩8分]
  • 営業時間:9:30~24:00(2階は9:30〜22:00)
  • 駐車場台数:駐車台数120台
  • 車いす(1F・2F各フロア1台)

関連するリンク(プレスリリースなど)