カテゴリー
Bakery Food

『CENTRE THE BAKERY 青山店』で購入したマンガのようなイギリス食パンを味わう!

CENTRE THE BAKERY 青山店とは?

表参道駅B2出口から徒歩5分、国連大学の隣のビルに入っている食パン専門店『CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー) 青山店』。銀座にある人気店が表参道に出店したようです。

休日に、青山ブックセンターとファーマーズマーケットを見に表参道に行った際にこちらのお店ができた事を知り、せっかくなので購入してみました。

取り扱っているパンは『イギリスパン』『角食パン』『ブルマン』の3種のみ。一本のサイズでしか販売しておらず、スライスも店舗ではしてくれないという潔さ。

どれも美味しそうでかなり迷いましたが、今回は1日1回しか製造しないという『イギリスパン』を購入しました。

イギリスパン

購入したイギリスパン

マンガに出てきそうなくらい「これぞ!」という食パンのフォルム。

1日1回のみ製造とのこと

実物は写真で見るよりもボリュームと迫力があります。

価格は700円+税
袋に入っていた説明書によると、薄めにスライスするのがオススメらしいです
トーストで食べました。バターがとても合う!

クセのない味ですが、ほのかに小麦の上品な風味を感じられて、食事と合わせるのに最適なパンだと思いました。

バターがとても良く合いました。

土曜日の混雑・並び具合

銀座の店舗は行列ができるという事ですが、土曜日の11時くらいに表参道に着いたのですが、並ぶことは無く入れました。

店内は壁一面のパン

壁一面に並ぶ食パンが通りからも目に入ってきてかなり食欲をそそる店内ディスプレイになっています。


価格も、2斤分のサイズで700〜800円なので、高すぎるという感じはありません。

次回は是非『角食パン』に挑戦してみたいと思います!


店舗情報

CENTRE THE BAKERY 青山店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目52−2 青山オーバルビル

カテゴリー
Art Exhibition

「君と免疫。展」at 表参道|免疫のイメージを視覚化した2日間だけの展示会

表参道のSO-CAL LINK GALLERYで2018年2月24日、25日の二日間のみ開催されたインスタレーションアートの展覧会「君と免疫。展」を鑑賞しました。

牛乳などの乳製品でお馴染み、株式会社明治のプロデュースで私たちの体内にある“免疫”について、様々なアーティストが自由な解釈によって表現した作品が展示されていました。

表参道のSO-CAL LINK GALLERY
株式会社明治主催のイベント
DAISY BALLOON「bridge」

免疫の構造を立体化したバルーンアート作品。

DAISY BALLOON「bridge」

たった二日間のイベント。会場は大盛況でした。

DAISY BALLOON「bridge」
DAISY BALLOON「bridge」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」

キノコの胞子が付いたような不思議なサボテン。

吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
吉田 愛「無意識と意識が介在する庭」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」

作家の想像上の免疫の形を細密に描写した作品。

ものすごい細密描写で印象に残りました。

石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
石井 正信「幻想免疫図鑑」
勅使河原 一雅「混沌の王国」

細胞の中に漂っている様な気持ちになれる映像インスタレーション作品。

勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
勅使河原 一雅「混沌の王国」
動画1
動画2
清川 進也「スパイラリズム」

免疫のメカニズムを楽器として構築した作品。