プレゼンテーションの参考になる動画・書籍

先日、とある企画をプレゼンテーションする機会がありました。

私はデザイナーという職業柄、作ったものをプレゼンする機会は多いのですが、企画のプレゼンはあまりやったことがなかったので、動画や、本を見てやり方を勉強しました。

その際に私が参考になったものをご紹介します。

まずはTEDの動画。

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、カナダのバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチ、モントレー)で、毎年大規模な世界的講演会を主催している非営利団体のこと。

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。

TED (カンファレンス) – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/TED_(%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9)

TEDの動画は、プレゼンテーションの参考になる事は勿論のこと、自分の知らない世界について知ることができるので、聴いているだけでも面白いです。

その中で、私が特に参考になった日本人のプレゼンテーション動画を4つご紹介します。

1.植松 努『思うは招く』

北海道の町工場から宇宙開発に携わる、植松電機の専務取締役、植松努さん。

子供の頃に教師に言われた「どーせ無理」という言葉。全ての可能性を閉じてしまうこの言葉を無くしたい、という熱い想いが込められています。

2.高橋 晋平『新しいアイデアのつくり方』

株式会社バンダイでカプセル玩具の企画開発をしている高橋晋平さん。

誰にでもできるような、新しいアイデアを生み出す方法を紹介しています。玩具だけでなく、デザインの仕事でも応用出来そうな発想法だと感じました。

3.佐藤 卓『あ moment』

グラフィックデザイナーである佐藤卓さんによるスピーチ。

アイデアのきっかけを見逃さない様に、というメッセージを明快なプレゼンテーションで伝えています。

4.三好大助『自信』

バングラディシュで学生向けキャリアマガジンの出版事業をスタートアップした三好大助さん。

「自分に自信をつけるためには?」という誰もが抱く悩みに対して、三好さん自身の経験を元に伝えています。

プレゼンテーションの構成が非常に上手くて、抽象的なテーマでありながら、結論をズバッと出していて、納得させられました。

そして、以下の動画

パックン×高田明「相手の心をツカむ!話術」

お笑い芸人「パックン(パトリック・ハーラン)」とジャパネットたかたの「高田明」社長による対談。

人に想いを伝えるには?というコミュニケーションの普遍のテーマに対して、とても分かりやすい言葉でトークしています。


書籍は、本屋さんに行くと、プレゼンテーションの本がたくさん並んでいて迷いますが、まずは以下の本を読んで、より詳しく知りたい項目が出たら、それを掘り下げている本を買うのが良いと思います。

プレゼンテーションの教科書[第3版]:脇山 真治

DSCF0353

日経デザインの「教科書シリーズ」。

もちろん、この本だけでもプレゼンテーションの技術を構築できるような構成になっています。

第3版なので、上に挙げたTEDや、東京オリンピックの招致プレゼンに関してもその技術を解析して、考察しています。

上手い人がどうやってプレゼンテーションをしているのかを見る事はとても勉強になりました。

また、参考になるものがあったら追加していこうと思っています。

 

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA