高松、本とアートの旅[1日目:北浜alley、BOOK MARUTE、など]

2月の連休を使って高松に3泊4日の旅行に行きました。

四国は初めてだったのですが、素敵な本屋さんや美術館がたくさんあって、かなり充実した旅になりました。

観光した場所を写真とともにご紹介します。

th_82200020
高松港

ぐっとくるタイポグラフィ
ぐっとくるタイポグラフィ

北浜alley

http://www.kitahama-alley.jp/

th_82200025

JR高松駅から徒歩10分程度の場所にある、古い倉庫を活用した商業施設。カフェやギャラリー、ブックショップなどが入っています。

高松に着いてまず始めにこちらに寄りました。

umie

http://www.umie.info/index2.html

北浜alley内にある、大人気のカフェレストラン。

th_82200029

th_82200031

th_82240010

th_82200032

th_82200033

インテリアが素敵でした。

置いてある本は自由に読むことができます。『せとうち暮らし』など、地元の雑誌もたくさん置いてあったので、旅行で行きたいスポットなどを調べることが出来ました。

人気のお店なので、次々とお客さんが入ってきました。僕が訪れた時はお昼のちょっと前だったので入れたのですが、その時でも席8割方埋まっていて、ランチやディナーのピーク時はかなり混雑しそうな予感がしました。

BOOK MARUTE(ブックマルテ)

https://www.facebook.com/BookMarute

北浜alley内にあるアートや写真集を主に扱うブックショップ。

th_82210002

今回の旅で一番気に入ったスポットです。

まず、写真集の品揃えが良いです。広いお店ではないので数自体はそれほどでは無いのですが、話題になるような写真集の新刊は大体置いてある感じでした。

店主の方はもともと、古道具屋さんをされていた方だそうで、雰囲気のある古い定規や文房具なども陳列されていました。

ショップの隣がギャラリーとなっていて、そこでは当然写真展が行われるのですが、写真家を招いたイベントなども頻繁に行われるそうで、濱田英明さんや若木信吾さん、石川直樹さんなどがいらっしゃったそうです。

正に、四国の写真の『ハブ』のようになっているお店です。

店の奥にはカウンター付きのカフェスペースがあり、座ってドリンクも飲めるようになっています。

せっかくなのでコーヒーをいただきました。なんと、スタッフの方が一杯ずつハンドドリップで淹れてくださり、とても美味しかったです。

th_82240007
器も素敵でした
th_82240009
港からの日差しが心地よい店内

素晴らしい本に囲まれた空間で、美味しいコーヒーを頂いて、至福の時間を過ごすことが出来ました。

訪れた日は店主の方はいらっしゃらなかったのですが、対応してくれた女性スタッフの方がとても良い方で、高松のおすすめのスポットなどを色々教えて頂きました。

▶完全予約制の本屋『なタ書』
https://www.facebook.com/なタ書-229290777128383/

▶深夜までやっているブックカフェ『半空(なかそら)』
http://nakazora.jp/

▶安藤忠雄設計のギャラリーがある『四国村』
http://www.shikokumura.or.jp/

など、実際に行けた所も行けなかった所もあるのですが、普通のガイドブックに載っていない様なマニアックなスポットを沢山教えて頂きました。

また、カウンターでコーヒーを飲んでいたら、お店の常連で、香川県立体育館の保存活動をされている、建築家のカワニシノリユキさん(https://spelldesignworks.wordpress.com/)もいらっしゃって、カワニシさんからも香川の話や香川県立体育館を建築した丹下健三についてなど、興味深いお話をたくさん聞くことが出来ました。

旅の初めに訪れた BOOK MARUTE で、とても素敵な方々と出会う事ができて幸先の良いスタートになりました。

ちなみに、BOOK MARUTE では旅のおともとして、こちらの2冊を購入。

▶『圏外編集者』都築響一

▶『BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの香川案内』岡本 仁

都築さんの本は以前から気になっていたもの。出版不況の現在、どのような想いで本を作るべきなのか…ということが都築さんの経験を元に書かれていて、めちゃめちゃ面白いです。

雑誌『relax』の元編集長、岡本 仁さんによる香川案内の本も、岡本さんが実際に見て回った香川のスポットが紹介されており、読み物としても、ガイドブックとしてもオススメの一冊です。

まちのシューレ963

http://www.schule.jp/

th_82210005

片原町の美術館通り沿いにある雑貨屋さん。

雑貨屋と書きましたが、雑貨だけでなく、工芸品、調理道具、食品など、生活に結びついた商品を幅広く取り扱っていて、カフェやギャラリーも併設されています。

ちょっとしたデパートの1フロア分くらいの広さに、ショップによる確かなセレクションの商品が並んでいるとても贅沢な空間です。

取り扱っている器や民芸品などが、どれも素敵でした。

うどん市場 兵庫町店

http://www.udon-ichiba.jp/hyogo/shopinfo.html

香川といったらうどん!ですが、本場のうどん屋さんは朝早くオープンして午後2時くらいにはクローズしてしまうお店が多く、わりと遅くまでやっているこちらのお店に伺いました。

th_82210006
ゆず胡椒うどん

注文したのは「ゆず胡椒うどん」。これで大盛り500円くらいだったと思います。

麺がコシがあって美味しいのは勿論ですが、肉(炙った鶏ササミ)のボリュームも凄かったです。うどん自体が安いから具材にお金をかけられるという事なのでしょうか。かなり満足感がありました。

スーパーホテル高松・田町

http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/takamatsutamachi/takamatsutamachi.html

宿は3泊ともこちらに宿泊しました。楽天で航空券とセットのプランがあり、安かったので。

ことでんの瓦町駅から徒歩3分。アクセスの良さも勿論の事ながら、巨大な商店街の中にあり、何かと便利でした。

部屋も綺麗で、ビジネスホテルには珍しく館内に天然温泉の大浴場があり、広い湯船でくつろぐ事が出来ました。

また、朝食のバイキングも品揃えが豊富で、しっかり作っている感じがしました。旅行中は外食メインで食生活が崩れがちですが、このバイキングのおかげで、サラダを沢山食べたり、野菜を摂ることが出来ました。

ビジネスホテルではかなりオススメ出来ます。

2日目に続く

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA