Fontset:ヒラギノ角ゴ+ヒラギノ角ゴAD仮名+Fira Sans|AXISフォントぽい合成フォントを作る

会社案内やPR誌で使用出来るようなAXISフォントの様な合成フォントを、ヒラギノをベースにして作成してみました。

ヒラギノはそのままだと、ウロコの出方や仮名の形からややオールドな印象も受けるので、仮名書体だけを、MORISAWA PASSPORTに収録されているヒラギノ角ゴAD仮名という書体に変えることにしました。

ヒラギノ角ゴAD仮名の特徴
「ヒラギノ角ゴAD仮名」は、「ヒラギノ角ゴ」と同様、9つのウエイトバリエーションを持つかな書体です。「ヒラギノ角ゴ」との組合わせで、広告の見出しから雑誌や広報誌、テロップやコーポレートフォントなど、幅広く使用することができます。字面の大きさは同一ウエイト内ではほぼ一定のため、横組みと縦組み、いずれの組み方向でも、ラインが揃う整然とした印象の文字組みになるのが特長です。

ヒラギノ角ゴAD仮名 W1 | 書体見本 | モリサワのフォント | 株式会社モリサワ http://www.morisawa.co.jp/fonts/specimen/1821

また、欧数字の書体もAXISフォント風にFrutigerベースのFira Sansという書体に変更します。

Fira Sansはオープンソースのフォントなので、TypekitGoogle Fontsなどでダウンロード出来ます。

基本設定

1702231930 1

かなは漢字と同サイズで、Fira Sansは115%拡大し、ベースラインを-2%に設定します。

ヒラギノ角ゴW2

170223 hiraAD

まず、比較用にデフォルトのヒラギノ角ゴW2の書体見本です。

1.[漢字]ヒラギノ角ゴW2+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W2+[欧数字]Fira Sans Light (115%)

170223 hiraAD2

2.[漢字]ヒラギノ角ゴW4+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W4+[欧数字]Fira Sans Regular (115%)

170223 hiraAD3

設定変更

W6以降は、欧数字がより小さい様な印象があるので、Fira Sansの拡大率を120%に変更します。

1702231930 2

3.[漢字]ヒラギノ角ゴW6+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W6+[欧数字]Fira Sans Medium (120%)

170223 hiraAD4

4.[漢字]ヒラギノ角ゴW8+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W8+[欧数字]Fira Sans Bold (120%)

170223 hiraAD5

5.[漢字]ヒラギノ角ゴW9+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W9+[欧数字]Fira Sans Heavy (120%)

まとめ

ヒラギノ角ゴはデフォルトでも完成度が高い書体ですが、AD仮名を使うことによって、横組にした時により、読みやすくなります。

細めのウェイトがスマートで良い感じです。

はてなブックマーク - Fontset:ヒラギノ角ゴ+ヒラギノ角ゴAD仮名+Fira Sans|AXISフォントぽい合成フォントを作る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA