Fontset:ヒラギノ角ゴ+ヒラギノ角ゴAD仮名+Fira Sans|AXISフォントぽい合成フォントを作る

会社案内やPR誌で使用出来るようなAXISフォントの様な合成フォントを、ヒラギノをベースにして作成してみました。

ヒラギノはそのままだと、ウロコの出方や仮名の形からややオールドな印象も受けるので、仮名書体だけを、MORISAWA PASSPORTに収録されているヒラギノ角ゴAD仮名という書体に変えることにしました。

ヒラギノ角ゴAD仮名の特徴
「ヒラギノ角ゴAD仮名」は、「ヒラギノ角ゴ」と同様、9つのウエイトバリエーションを持つかな書体です。「ヒラギノ角ゴ」との組合わせで、広告の見出しから雑誌や広報誌、テロップやコーポレートフォントなど、幅広く使用することができます。字面の大きさは同一ウエイト内ではほぼ一定のため、横組みと縦組み、いずれの組み方向でも、ラインが揃う整然とした印象の文字組みになるのが特長です。

ヒラギノ角ゴAD仮名 W1 | 書体見本 | モリサワのフォント | 株式会社モリサワ http://www.morisawa.co.jp/fonts/specimen/1821

また、欧数字の書体もAXISフォント風にFrutigerベースのFira Sansという書体に変更します。

Fira Sansはオープンソースのフォントなので、TypekitGoogle Fontsなどでダウンロード出来ます。

基本設定

1702231930 1

かなは漢字と同サイズで、Fira Sansは115%拡大し、ベースラインを-2%に設定します。

ヒラギノ角ゴW2

170223 hiraAD

まず、比較用にデフォルトのヒラギノ角ゴW2の書体見本です。

1.[漢字]ヒラギノ角ゴW2+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W2+[欧数字]Fira Sans Light (115%)

170223 hiraAD2

2.[漢字]ヒラギノ角ゴW4+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W4+[欧数字]Fira Sans Regular (115%)

170223 hiraAD3

設定変更

W6以降は、欧数字がより小さい様な印象があるので、Fira Sansの拡大率を120%に変更します。

1702231930 2

3.[漢字]ヒラギノ角ゴW6+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W6+[欧数字]Fira Sans Medium (120%)

170223 hiraAD4

4.[漢字]ヒラギノ角ゴW8+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W8+[欧数字]Fira Sans Bold (120%)

170223 hiraAD5

5.[漢字]ヒラギノ角ゴW9+[かな]ヒラギノ角ゴAD仮名W9+[欧数字]Fira Sans Heavy (120%)

まとめ

ヒラギノ角ゴはデフォルトでも完成度が高い書体ですが、AD仮名を使うことによって、横組にした時により、読みやすくなります。

細めのウェイトがスマートで良い感じです。

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA