カテゴリー
DTP

QRコードの最小印刷サイズは何mm?スマホカメラで検証してみた

QRコードを印刷する時、最小何mmまで小さくしても読み取れるのでしょうか?

13mm〜4mmのサイズでQRコードを印刷し、スマートフォンのカメラを使って読み取りテストをしてみました。テスト環境と結果についてご紹介します。

Contents

  1. テスト用QRコード作成
  2. QRコードを印刷
  3. 読み取り・検証環境
  4. 検証結果
  5. まとめ

1.テスト用QRコード作成

QRコードに使用するサイト・URL

URLが長い方がQRコードが複雑になるので、当サイトのこちらの記事のURLを使用します。

InDesignのデータをIllustratorデータに、可能な限り変換する | | WATANABEDESIGN.Blog
http://watanabedesign511.info/2015/03/10/indd-to-ai/

QRコードを書き出すサイト

QRコードを開発した「デンソーウェーブ」さんによる公式のQRコード作成サイトを使用します。

QRコード作成|QRの解析 無料【公式】|商用利用可|QRコードメーカー
https://m.qrqrq.com/

画像をクリックするとこちらのサイトに飛びます

QRコード書き出し時の設定

1-上記サイトの「URLを入力…」の欄にURLを入力(コピー&ペースト)

2-入力欄下の「アクセス解析」のチェックボックスは今回は「無効」にチェック

3-「QRコード作成」をクリック

4-QRコードが作成され、以下の様な画面が表示されたら「サイズオプション」をクリック

サイズオプションをクリック

5-「サイズオプション」ウインドウで「セルサイズ」を最小の「4」に設定し「OK」

セルサイズを4に

6-作成されたQRコードをダウンロード

2.QRコードを印刷

作成したQRコードを最大13mm〜最小4mmまで、以下の様にレイアウトしA4用紙に原寸でプリントアウト。

13mm〜4mmまで1mm刻みで縮小してレイアウト
A4用紙にプリントアウト

プリンターはこちらを使用しました。

エプソン プリンター A3 インクジェット ビジネス向け PX-S7050

3.読み取り・検証環境

スマートフォン

検証用にはこちらのスマートフォンを使用しました。

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser ホワイト

2016年7月発売の機種。3年前の古い機種なので、これで読み取れるサイズなら、よりカメラ機能が進化している現行機種なら読み取れるに違いない、という仮定から、あえて古い機種を使用しました。

QRコード読み取りアプリ

公式QRコードリーダー“Q”

公式QRコードリーダー“Q”
開発元:arara
価格:無料
平均評価: 4.3/5(合計3,844件)
インストール:100万回以上
(2019年7月24日時点)

デンソーウェーブ公式の読み取りアプリがあったのでこちらを使用。

4.検証結果

上記の環境で13mmから順に読み取ったところ、以下のような結果になりました。

  • 13mm →〇…読み取りOK
  • 12mm →〇…読み取りOK
  • 11mm →〇…読み取りOK
  • 10mm →〇…読み取りOK
  • 9mm →〇…読み取りOK
  • 8mm →△…自動では読み取れず、QRコードをクリックしてフォーカスすると読み取れた
  • 7mm →△…自動では読み取れず、QRコードをクリックしてフォーカスすると読み取れた
  • 6mm →×…読み取りできず
  • 5mm以下 →×…読み取りできず
結果

〇はスマートフォンのカメラのオートフォーカス機能が効き、自動で読み取れる範囲。

△は自動では読み取れず、QRコードの部分をタップしマニュアルでフォーカスすることによって読み取れる範囲。

×は読み取り不可となりました。

QRコードにする情報は重要度が高い場合が多いので△の範囲は避けた方が良いですね。

5.まとめ

今回の検証から、QRコードの最小印刷サイズは「9mm」という結果になりました。

余裕を見ると、10mm〜12mm程度と考えておくのが良さそうです。

※注意1: この結果は今回のテストでの条件・環境における内容です。QRコード化するサイトのURLの長さや印刷方式、読み取るスマートフォン・アプリの性能によって、最小読み取り可能サイズは変わってくるので、あくまでも目安と考えてください。

※注意2: 前述のデンソーウェーブのサイトで作成するQRコードの推奨最小サイズは約「14mm」となっておりますので、それ以下のサイズで使用する場合は自己責任としてください。(不具合が起きても当サイトでは一切の責任は負えません。)

作成者: Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA