ラテンの風を感じる現代アート:ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル

orozco_150313

東京都現代美術館で5月10日まで開催中の、ガブリエルオロスコ展を観に行きました。
独特のアイデアを感じる写真作品から迫力ある立体作品まで、彼の作風を堪能出来る展覧会でした。
場内撮影可能でしたので、展示の様子を写真とともに紹介します。

ガブリエル・オロスコ(1962-メキシコ生)は、1990年代前半から現在まで国際的に活躍している現代美術を代表するアーティストの一人です。

オ ロスコは、路上に打ち捨てられた物や何気ない風景の中から魅力的なかたちを発見したり、それらにほんの少し介入してかたちを変えたりして作品に転換しま す。(中略)地域性や政治性を排除したユニバーサルな彫刻や、さりげないスナップショットのような写真は、90年代の現代美術を語る上で欠かせないもので あり、現在活躍する日本の若手アーティストにも大きな影響を与えています。(中略)本展では、自動車を分割して貼り合わせた代表作《La DS》や最新のカンヴァス作品など、オロスコの魅力を伝える過去から現在までを紹介します。異なる年代と場所で生まれた作品がここ東京で出会い、新たな循 環が始まります。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/gabrielorozco.html より

26010018+

26010017+

代表作「La DS」。縦方向に3分割にスライスされ、真ん中を抜いて再構成されたシトロエン。有名な作品ですが、実物は迫力がありました。内装のシートやダッシュボードまで半分になっています。

26010021+

旅先のホテルの設備に着想を得た「Toilet Ventilator」。シーリングファンに取り付けられトイレットペーパーがくるくると回転する様は、見る人を“ゆるい”気持ちにしてくれます。

26010023+

アクリル絵の具で描かれた絵画作品「Samurai Tree (Invariant 8)」。

円 とそれを4分割した形態を組み合わせ、上から見た木(有機的で左右対称性のある)の成長の姿と関連づけた作品。オロスコは「私は、木がどのように中心から 成長するかという考えが好きです。」といい、木が地面に根を張り、中心の幹から枝を伸ばし成長する姿に、オロスコ自身を重ね合わせているそうです。

鮮やかなブルーとレッド、そしてゴールドの組み合わせがとても美しかったです。

26010022+

日本の料亭?の請求書に、この円弧の絵画が描かれた作品もありました。

他 にも、写真には撮っていませんが、中央に池のある4人用の卓球台「Ping Pond Table」、アーティストが胸の前で握りしめた指を型どった粘土作品「My Hands are My Heart」などの立体作品や、帽子の様に空のキャットフード缶を乗せたスイカの写真「Cats and Watermelons」を始めとしたユーモラスな写真作品も数多く展示されていてかなり充実した展示になっています。

オロスコの作品は、現代美術らしい斬新さは勿論感じるのですが、それ以上に、メキシコ由来のラテンのノリというか、ユーモラスさを感じるものが多く、見ていて楽しい気分になる展覧会でした。

ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
Date: 2015.01.24-05.10(休館日:月曜日(05.04は会館)、05.07)
Place: 東京都現代美術館(企画展示室3F)
Artist: Gabriel Orozco
はてなブックマーク - ラテンの風を感じる現代アート:ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA