Fontset:『秀英明朝+本明朝新がな』の合成フォントで、ニュートラルな明朝体を作る

合成フォント(fontset)の研究です。

今回は、秀英明朝の漢字と本明朝新がなの仮名、さらに、欧数字に Adobe Garamond を組み合わせて、クセの無いニュートラルな明朝体を作ります。

mincho_1

◆動機

秀英明朝は漢字もかなも柔らかさがあり、美しいが、特徴的なかなの連綿(『い』や『え』などのパーツが繋がっている様)が、使用する媒体を選ぶので、もう少しニュートラルなものに変えたい。

本明朝新がなはとても完成度の高い書体だが、漢字がやや堅い印象があるのでもう少し柔らかくしたい。

以上の理由から、秀英明朝の漢字と本明朝新がなの仮名を組み合わせて、使い勝手の良い明朝体の合成フォントを作成してみました。

◆設定と書体見本

1.[漢字]秀英明朝L+[かな]本明朝新がなM+[欧数字]Adobe Garamond Regular

mincho_1

160210-0001_1

秀英明朝の『L』と本明朝新がなの『M』を組み合わせます。本明朝新がなの『L』だと秀英明朝の『L』よりも細く、ウェイトが合わないので。

Adobe Garamond Regular は和文に合わせて110%拡大します(共通)。

2.[漢字]秀英明朝M+[かな]本明朝新がなBook+[欧数字]Adobe Garamond Regular

mincho_2

160210-0002

秀英明朝の『M』と本明朝新がなの『Book』を組み合わせます。本明朝新がなの『M』だと、秀英明朝の『M』よりもやや細いので、より黒みのある本明朝新がなの『Book』を使用しました。それでも、この組み合わせは漢字の方が強く見えてしまいますが。

3.[漢字]秀英明朝B+[かな]本明朝新がなB+[欧数字]Adobe Garamond Semibold

mincho_3

160210-0003

秀英明朝の『B』と本明朝新がなの『B』、Adobe Garamond の『Semibold』を組み合わせます。これはかなりウェイトが合っています。

4.[漢字]秀英初号明朝+[かな]本明朝新がなE+[欧数字]Adobe Garamond Semibold

mincho_4

160210-0004

最後は見出し用。秀英初号明朝と本明朝新がなの『E』を組み合わせます。

初号明朝はこれまでの秀英明朝とはやや印象が変わるので、番外編といった感じです。

◆まとめ

会社案内など、明朝体を使いたいけど古い印象にしたくない場合、このようなニュートラルな印象の合成フォントがあると、使い勝手が良さそうです。

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA