千賀健史写真展「THE SUICIDE BOOM」 at RPSギャラリー

Reminders Photography Strongholdギャラリーで2018年11月3日〜25日まで開催された千賀健史さんの写真展「THE SUICIDE BOOM」を鑑賞しました。 メディアで有名人の自殺のニュースが報道された際に起きてしまう「後追い自殺」。 それら連鎖的な自殺や死の美化について、作者の千賀さんは脳を浸食する「自殺のマインドウィルス」があると考えました。 目に見えない自殺のウイルスをヴィジュアライズした展示です。 写真集の構造の様に様々なメッセージがレイヤー化されたような展示構成 脳を侵食する「自殺のマインドウィルス」。レントゲンのように発光する写真のイメージによって強く印象づけるような展示になっている。 右の柱に投影された動画は、街を行き交う人々の姿 旧字体でタイプされた「天国」の文字 スマートフォンを通してマインドウィルスが浸食するイメージ 自殺者が増えていくカウンターが回る映像 三原山の自殺にまつわる記事を抽出した壁面 新聞記事から煙のように拡散されていく目に見えないウイルス 手紙やネット掲示板からの具体的な文字情報と、抽象的なイメージが重なる事で新たな意味が生まれる こちらの展示の告知フライヤーのデザインを担当させていただきました。 11月3日(土)より開催の千賀健史...
2018-11-050 DownloadsDownload