他人に嫌なことを言われた時に、気にしないようにするための心構えをまとめました。

1. 自己認識

自分自身を理解し、受け入れること。自分の長所と短所を認識する。自分の特性や不完全さを受け入れる。
自分自身の価値観と優先順位を認識する。
自分が何者であるかを知ることは、自信の強固な基盤となる。

2. 視点

出典を考慮する-コメントを発言した人物の信頼性と意図を考慮する。
誰かが理由もなく傷つけられている場合、その意見は考慮する価値がないかもしれない。
誰もがそれぞれの経験や信念によって形成された独自の視点を持っていることを理解する。
人によって物事の見方が違っても大丈夫。

3 . 共感

コメントをする人の動機や感情を理解するように努める。
人は自分の不安を他人に投影することがある。
たとえ同意できない場合でも、相手の視点を考慮して共感する練習をする。
そうすることで相手のコメントから感情を切り離すことができる。

4. マインドフルネス

瞑想や深呼吸の練習など、マインドフルネスのテクニックを開発する。
これらの習慣は、否定的なコメントにこだわるのではなく、今この瞬間に集中し続けるのに役立つ。

5. ポジティブなセルフトーク

ポジティブなアファーメーションでネガティブな考えに対抗する。自分の強みと実績を思い出す。
友人に与えるのと同じ優しさと励ましをもって自分自身を扱うこと。

6. 学び、成長する

建設的な批判を個人の成長の機会として利用する。
フィードバックに正当性がある場合は、改善のチャンスと考える。
他人からの評価を求めるのではなく、継続的な自己改善に焦点を当てる。

7. 境界線を設定する

常に傷つけたり否定的なコメントをする人とは明確な境界線を確立する。
自分にとって有害な関係から距離を置く権利がある。

8. サポートを求める

前向きで協力的な人たちに囲まれること。
友人、家族、または励ましてくれる信頼できる友人に自分の気持ちを共有する。

気にしない心を身につけるには、時間と練習が必要ですね。
重要なのは、他人の意見に自分の価値を定義させないこと。
これらの内容を意識して過ごしたいと思います。

関連書籍

気にしない練習—不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント

Header: 165106によるPixabayからの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA