グラフィックデザイナーの私がInDesignとIllustratorをどう使い分けているか?

グラフィックデザイナーの私が、InDesignとIllustratorをどう使い分けているかについて、媒体毎にご紹介します。

主にInDesignで制作する媒体

  1. 書籍
  2. カタログ
  3. パンフレット
  4. 文字の多いチラシ
  5. プレゼンテーション用のスライド

1.2.3.はInDesignが最も得意とするページものなので、当然InDesignを使用します。

4.のようなチラシでも、文字が多い場合はInDesignの方がデータが重くならないのでこちらを使用します。

巻き3つ折りのパンフレットなどもInDesignで作成します。

5.は、パワーポイントの必要が無くPDFでもOKなプレゼンテーションの場合、InDesignで作成してPDF書き出しして使用することもあります。

主にIllustratorで制作する媒体

  1. 書籍、カタログ、パンフレットの表紙
  2. ビジュアル重視のチラシ
  3. Webのバナーデザイン
  4. ビジュアル重視のポスターデザイン
  5. グラフや地図などのインフォグラフィック
  6. 展示の計画書

1.は、本文はInDesignで作成していても表紙はビジュアル要素が多いのでIllustratorで作成することが多いです。

2.3.4.は私がIllustratorを使用することが最も多いパターン。

5.はIllustratorのグラフ機能が便利なので、こちらで作成することが多いです。

6.は展示の構成案をIllustratorで作成することがあります。InDesignよりも最大ドキュメントサイズを大きく設定できるので、展示の原寸でプランを作成して、そのまま大判印刷データとして流用することもできます。

以上が私の使い分けです。

また思いついたら追記していこうと思います。

Macで過去に作ったZip圧縮ファイルがファイル破損による解凍エラーに

1年前に作ったパンフレットの内容を更新する仕事。

ZIP圧縮してあった過去データを解凍して作業をしようと思ったところ、、、、

なんと解凍エラー!

3種類くらいの解凍ソフトを試しても全てダメ。

Bandizipという有料のMac用zip圧縮・解凍ソフトでもダメでした。こちらのソフトには破損されたzipファイルを修復する機能がついているのですが、それを使用しても、肝心のInDesignファイルが復元できず、、、、

途方に暮れたのですが、ダメ元でTimeMachineのバックアップを見てみると、1年前の作業フォルダにアクセスができ、なんとか復元できました。

終わった仕事のデータを保存する際、なんとなくZip圧縮していたのですが、今後は圧縮せずに保存しようと思いました。

Header: J SによるPixabayからの画像

MacでWebP画像をJPGに一括変換するアプリ

Webサイトからダウンロードした画像がWebP形式だと、すぐに開けずにストレスが溜まりますよね。

一括で変換するツールが無いか調べたところ、こちらのMac Appで可能なことが分かりました。

WebPコンバーター-AnyWebP

WebPコンバーター-AnyWebP

登録したWebP画像を一括でJPGに変換してくれます。

10枚を超える画像を変換する場合は有償となりますが、それまでは無料で使用できるみたいです。

このソフトを導入してかなり便利になりました。

ブログの記事を音声入力で書くことにした。Mac での音声入力設定の仕方

ブログの記事を 音声入力で書くことにしました。

Mac での設定はシステム環境設定からキーボード>音声入力で音声入力をオンにします。

ただしそのままだとマックの変換精度が低いので、変換にはGoogle音声入力を使って書いています。

Mac で Google の音声入力を使うには Google ドキュメントを使用する必要があります。

新規ドキュメントを開き、ツール>音声入力をクリックするとマイクのマークが表示されます。

それをクリックしてマイクが赤くなったら入力できます

音声入力を使う事で、ブログの記事を書くスピードがとてもアップしました。

Macでファイルをクリックすると「今すぐダウンロード」が表示されてファイルを開く事ができない

症状

Macでデスクトップにある画像ファイルを開こうとクリックしたのですが、反応が無く、右クリックする以下の画像の様な「今すぐダウンロード」というメニューが表示されてしまう。

「このアプリケーションで開く」も「今すぐダウンロード」もどちらをクリックしてもファイルが開かない状況が起きてしまいました。

対処法

「システム環境設定」>「iCloud」

「iCloud Drive」>「オプション」

「“デスクトップ”フォルダと“書類”フォルダ」にチェックが入っていた場合、ここのチェックを外すと解消する場合があります。

原因

iCloudの「“デスクトップ”フォルダと“書類”フォルダ」にチェックが入っていると、デスクトップと書類フォルダにあるファイルをiCloudに自動バックアップする設定になるようです。

そのため、ファイルを開こうとすると、開く前に「iCloudからダウンロードをする」という工程が発生するようで、ファイルが重かったりネット回線にエラーがある場合にファイルが開けない状況が起こるようです。