カテゴリー
Art Book Photobook

野村浩さんの「CAMERAer -カメラになった人々」を購入!- 写真+コミックという新ジャンル!

先週、代官山で開催されたDaikanyama Photo Fair。

中目黒の写真ギャラリー、POETIC SCAPEさんのブースで、アーティスト・野村浩さんの「CAMERAer -カメラになった人々」を購入。
発売前から野村さんのツイートなどをチェックしていてずっと欲しかった本をようやく買えました!

手に持ちやすいサイズ。おまけの御札がついてきます

写真+コミックという新ジャンルの作品。

こちらがカメラーくん

親しみやすいキャラクターとシニカルなストーリーはそのままでも楽しめますが、写真業界の事を知っていると、なお面白いです。
実在の人に似ているキャラクターも何人も登場して、クスッとできます。

マンブくん

とても面白くて、お昼を食べに入ったお店で読みふけってしまいました。

10月6日(土)からPOETIC SCAPEで開催される展示もとても楽しみです!!

展覧会情報

野村浩 展|“NOIR” and “Selfie MANBU”
http://www.poetic-scape.com/

ご購入はこちらなどから

野村浩作品集: カメラー: HIROSHI NOMURA: CAMERAer|flotsambooks
http://www.flotsambooks.com/SHOP/PH03892.html

カテゴリー
Photobook

“GENE” / Jim Goldenberg – 代官山フォトフェア2018で購入した写真集

2018年の代官山フォトフェア(Daikanyama Photo Fair)にて、twelvebooksさんのブースで購入した写真集。

「マグナム・フォト」の正会員であるアメリカ人写真家、Jim Goldbergの「GENE」。

介護付き老人ホームで暮らす男性、ジーン・エグナー(Gene Egner)さんのポートレート集。

哀愁とユーモアを感じさせる写真がとても素敵です。

タイトルを始めとする手書き文字によるタイポグラフィや、
写真アルバムを連想させるリング製本など、ブックデザインも素晴らしい!

 


twelvebooksさんの商品紹介ページ

https://ja.twelve-books.com/products/gene-by-jim-goldberg

カテゴリー
Photobook

深瀬昌久の大回顧作品集「MASAHISA FUKASE」を購入

謎に包まれた写真家、深瀬昌久の回顧的な作品集、「MASAHISA FUKASE」を購入しました。

 

 

 

彼の40年の写真家人生全てを本という形に凝縮したかのような、ものすごいボリューム!

深瀬昌久の作品は、2014年以降の深瀬昌久アーカイブスの活動による展示や写真集は結構チェックしていたつもりでした。

本書を購入する際も、「見たことのある作品が多いのかな。」と思っていたのですが、私のそんな気持ちをあざ笑うかのように、初めて目にする作品が膨大な数、収録されています!

そのどれもがエネルギッシュで、作家が当時感じた喜びや苦悩など、様々な感情が泥まみれにミックスされているかのよう。改めて、深瀬昌久という写真家が途方もない人物だったことを実感させられました。

2018年10月26日から11月8日まで、六本木で開催される写真展もとても楽しみです!
https://www.tokyographie.jp/exhibition/masahisa-fukase

『MASAHISA FUKASE』
監修/本文 : トモ・コスガ
序文 : サイモン・ベーカー
日本語版デザイン:株式会社ザイン
発行:赤々舎
http://www.akaaka.com/publishing/masahisa-fukase.html

[amazonjs asin=”4865410848″ locale=”JP” title=”MASAHISA FUKASE”]

カテゴリー
Event Photobook Photography

【春休みオススメイベント】Photobook JP とその入場登録方法について

Photobook JPとは、2018年3月1日(木)から4日(日)にかけて横浜の大さん橋ホールで開催される、写真集に特化した新しいアートブックフェアである。

引用元: http://photobookjp.online/

カテゴリー
Book Photobook

「家族」をテーマにした写真集のリスト / List of photobook with the theme of “family”

資料として必要だったので、「家族」をテーマにした写真集について調べていた。いくつか気になった写真集と、それを購入できるブックショップのリンクと共にまとめたリストをご紹介したい。※ショップのリンクは、調査した時点でのものなので、売り切れの場合もあることをご了承頂きたい。

なお、今回は造本などの参考にしたかったため、比較的新しい写真集をチョイスしている。深瀬昌久の「家族」など、日本における超定番の写真集はあえて外している。

Since it was necessary as a document, I was investigating a photobook focusing on “family”. I would like to introduce a list of some photobook that I was interested in and a list that summarizes the book URL of the bookshop where the book can be purchased. ※ Because the link of the shop is at the time of survey, we would like you to acknowledge that it may be sold out.

Since I wanted to refer to book collection etc. this time, I am choosing a relatively new photobook. Masuhisa Fukase’s “family”, such as the super classic photobook in Japan is unlikely.