オランダのミッフィーミュージアム(Nijntje Museum)へ行きました

2018年の12月にオランダへ1週間ほど旅行に行ってきました。観に行った場所などを随時投稿していこうと思います。

まずは、ユトレヒト(Utrecht)にあるミッフィー・ミュージアム(Nijntje Museum)

オランダ第4の都市、ユトレヒトは日本でも大人気のミッフィーちゃんの生みの親、ディック・ブルーナ(Dick Bruna)さんの故郷です。

ミッフィーは英語圏の国や日本で用いられている別称で、正式にはナインチェ(Nijntje)と言います。

館内は家族連れで賑わっていて、体験型の展示が多く、子供達が元気に遊んでいました。

美術館の雰囲気を、写真と共にご紹介します。

こちらが入り口。ミッフィーのシルエットを象った看板が素敵です。冬の時期だったので入り口前にいるミッフィーもあたたかそうな帽子をかぶっていました。

入り口からのぞくミッフィーが可愛い

館内に入ると様々な場所にミッフィーや友達のキャラクターが描かれています。

また、この日も子供達がたくさん入っていて、保育園の様な賑やかさ。

壁面に大きく描かれたイラスト
上を見上げると飛行機が
窓には雪のイラストが。細かい部分までこだわられています
キャラクター達が階段の上に導いてくれます
階段は1段毎に数字が振ってあって、数の勉強にもなります
階段踊り場の仲間たち
消防車
ひつじと牛のパネルの身体に何か付いています
他の動物達にも丸い部分が
よく見ると、ひつじの毛の手触りをイメージした布が。触覚を刺激しながら、動物について知る事ができます
ミッフィーの絵本に登場するキャラクター達が着ている服。こちらも、子供達が実際に触って体験できます
中に入れる積み木のようなオブジェ
道路標識
人形劇の様な舞台。動かして劇のように遊ぶことができます
交通のコーナー。信号や横断歩道など、楽しみながら交通ルールを学べます
自動車は、子供が乗り込むことができます
親子で楽しそうに遊んでいる姿がそこかしこで見られます
ミッフィーのランプ!
こちらにも体験型の展示が盛りだくさん
絵合わせの様な積み木
ディックブルーナさんが影響を受けたアーティストについて学ぶ事ができるゲーム
天使がかわいいですね
柔らかい素材でできている本のオブジェ
ブルーナさんのキャラクター『ブラック・ベア』
ブルーナさんの作品が額装されています
身体を使う絵合わせ
色使いが綺麗です
天使のオブジェと光の入り方がバッチリで、雰囲気が出ていました
巨大な積み木
この帽子は外の立体ミッキーにかぶせられる様になっているのかもしれません
こちらの部屋の地面にはユトレヒトの地図が描かれています
うさこちゃんの本が天井からつるされて飾られています。ダイナミック!シリーズの数に圧倒されます
こちらのタンスは何でしょうか?
開けると中に展示物が!
こちらのドアにも
子供が楽しめる仕掛けですね
本屋フィギュアが並ぶ
壁紙までミッフィー
こちらは病院の様なコーナー
子供サイズのベッド。実際に寝ている子供がいました
レトロな体重計。こちらも、子供は実際に乗って測れます
ダイアルで回す絵合わせ
立体的な絵合わせ
ディックブルーナさん。とても優しそうな表情です

子供向けですが、展示のディスプレイなどがダイナミックなので、大人が行ってもとても楽しめます。

ユトレヒトの街の雰囲気も素敵で、またぜひゆっくり回ってみたいです。

Information

公式サイト(英語ページ):https://nijntjemuseum.nl/?lang=en

営業時間;10:00―17:00 火曜日―日曜日(月曜休館)
クリスマス、元旦、国王の日は休業

チケット料金(eチケット ※webサイトより)
2歳未満および博物館カード:無料
2―12歳:€9
12歳以上:€5
ファミリーチケット(大人2名と子供2名で有効):€22.50

チケット料金(現地購入)
2歳未満および博物館カード:無料
2〜12:€10
12歳以上:€6
ファミリーチケット(大人2名と子供2名で有効)

私は先に向かいのユトレヒト中央美術館の展示を見たのでそこで入館料を払った人は、ミッフィーミュージアムも込で見ることが出来ます。

ただし、ミッフィーミュージアム用のチケットを中央美術館のチケットカウンターで貰わないと入れません。

ユトレヒト中央駅からミッフィーミュージアムまでの経路の例はこちら↓
https://goo.gl/maps/rjVmKYv4Whv

関連書籍

2才からのうさこちゃんの絵本セット 1(全4冊)



パリ自然史博物館:鉱物学と地質学のギャラリー|珍しい宝石・鉱物とダイナミックな展覧会ディレクションを楽しむ!

パリ5区の広大な植物園の中にある「自然史博物館」。

3つのギャラリーの内一つ「鉱物学と地質学のギャラリー」に行きました。観たことが無い様な珍しい鉱物や宝石が一同に展示されています。

館内のアートディレクション・デザインもダイナミックで洗練されておりデザイナーとしても大変刺激を受ける場所でした。

Contents

訪問した動機

2014年にパリに旅行した際、「自然史博物館」の展示室の一つ「進化の大ギャラリー」を訪問し、その展示のダイナミックさやディレクションのクオリティに圧倒されました!

元々鉱物を見るのも好きだったので、こちらの鉱物館の方も是非観たかったのですが、あいにく長期の改装期間中で観ることが出来ず。。。

今回パリを再訪し、念願の展示を観ることが出来ました。

起源

パリの自然史博物館は、1635年にフランス国王ルイ13世が創設した「王立薬草園」に端を発しています。

訪問した季節・時間帯

2017年8月28日の午前11時頃に訪問しました。夏の終わり頃でしたが快晴で気候も良く、とても気持ち良かったです。

入場料

大人1名7ユーロでした。

チケットは施設のWebサイトから購入できます。
https://www.jardindesplantesdeparis.fr/fr/programme/galeries-jardins-zoo-bibliotheques/galerie-mineralogie-geologie-2769

館内の雰囲気

会場内で撮影した写真で館内の雰囲気をお伝えします。

神殿のような建築
「TRÉSORS DE LA TERRE:地球の宝物」と書かれた展示の案内板
A la découverte du monde mineral:鉱物の世界を発見する

パネルのフォントやデザインにも国毎の特徴が見られます。

スラブセリフ書体の使い方が素敵です。

Les cristaux géants du muséum:美術館の巨大なクリスタル
キャプションも石っぽいテクスチャ。フォントの組み合わせ方の勉強になります
巨大な鉱物の数々
グレーのバックにライティングをすることで鉱物の形が綺麗に浮かび上がります
珍しい鉱物が並びます
マイタケのような形の巨大な鉱物
柘榴のような鮮やかな赤い鉱物
とても鮮やかな紫色をしています
ピロモルファイト
人と比べるといかに大きい鉱物か分かります
「TERREUX」は「土の」という意味
「soyeux:絹のような」

キャプションのフォントも何種類かあり、使い分けているようです。

アダマンチン
「vitreux:硝子体」海の珊瑚のような形です
「submétallique:準金属」「MÉTALLIQUE:金属」
作品の内容を解説するパネル
モンスターのような鉱物!
お面のように見えてきます

こんな人にオススメ!

パリ自然史博物館の「鉱物学と地質学のギャラリー」はこんな方にオススメです。

  • 石や宝石などの鉱物が好きな人
  • ダイナミックで洗練された展覧会のデザイン・ディレクションを勉強したい人
  • 静かな室内でゆっくりと展示を観たい人

場所について

Gallery of Mineralogy and Geology|鉱物学と地質学のギャラリー