カテゴリー
Food

OGAWA COFFEE LABORATORY 桜新町で贅沢な朝食を!

2020年8月に世田谷の桜新町にオープンした『OGAWA COFFEE LABORATORY』に行ってきました。オープンして2週目の週末とそこからさらに2週間後の2回行ってきたので店内の様子やメニューなどをご紹介します。

混雑具合と店内の雰囲気

オープンして2週目の週末、朝の7:00ちょっと過ぎに訪問しました。

7:00開店なのですが、この時点で3組ほどの待ちがあり、私もその後に並びました。

15分くらいで入れたので、そんなに待った感じはしなかったのですが、私が並んでいる間にもどんどんお客さんがやってきて、そこからが外にも並ぶ列ができた感じです。

入り口から注文口付近の様子を以下にご紹介します。

入り口。待ちが多い場合、外に列をつくる
2階はゴルフスクール
注文口。飛沫対策もバッチリ

オープン当初だったからなのかはわかりませんが、「現金専用レジ」があり、そこで良ければ、と早く案内してもらえました。

入り口付近のスペース。ここで既にオシャレ!

入り口入って左奥の席に通されました。

ソーシャルディスタンス対策で、一席空きで座る感じになっていて安心です。

私が座った席からの眺め
案内番号の札
奥に焙煎機がありました。本格的なコーヒーショップだということが伝わり、ワクワクします

注文した料理

選べるモーニングメニューの中から、『炭焼きバタートースト 茹でたまご添え(エッグスタンド)』を注文しました。

パン(トースト)の種類を2種類から選び、そこにどんなおかずとコーヒーをつけるか選ぶシステム。

コーヒーはこちらのお店の定番である『ハウスブレンド京都』を選択。

こちらのブレンドの場合はセットの料金内で注文ができます。もちろん、豊富なシングルオリジンの豆や本格的なバリスタさんにハンドドリップで淹れてもらうこともできます。

その場合は、このハウスブレンド京都(500円)との差額をプラスオンで支払う感じのようです。

カトラリー入れ
セットのサラダ

こちらのサラダ、セットについてくるものだから、、、と甘く考えていたのですが、野菜がとてもみずみずしくてすごく美味しかったです!!

生で食べられるナスなども入っていて食材へのこだわりを感じました。前菜のサラダでこの美味しさということで、期待が膨らみます。

炭焼きバタートースト 茹でたまご添え(エッグスタンド)

そして、メインのトーストと茹でたまごが来ました。

トーストに使われている食パンは池尻大橋の名店、『TOLO PAN Tokyo』の食パン。以前から気になっていたのですが行けてなかった店なので、このお店で食べられるのは嬉しいです。

全粒粉のパンとパンドミから選べるのですが、今回は全粒粉のパンにしました。

フワッとした食感で口の中に幸福が広がります。

また、パンに乗っているバターが美味しく、普段家で食べてるバターとは別次元の濃厚さで、塩もしっかり効いていました。

このバターは家でも食べてみたい!

茹で卵もトロトロの半熟でエッグスタンドで食べると贅沢な気分になります。

お料理が出てくるまではわりと時間がかかりますが、その分、贅沢な朝を過ごしている感覚がします。

この空間で朝食を取れる贅沢さ!

店内のインテリアも細部までデザインがこだわられていました

トイレの洗面所も見たことのないデザイン!
光が大きく入る建築
コーヒー器具も絵になります
店内で販売されているお店のグッズ
カップやドリッパーなどオリジナルのグッズが展開されています

2回目の訪問

モーニングメニューが豊富だったので、2回目もすぐに訪問しました。

この時は
『炭焼きバタートースト&トマトのグリルとハム、ルッコラ、パルミジャーノのプレート』を注文。

メニューにも大々的に写真が使われているのでお店でプッシュしているのだと思います。


『炭焼きバタートースト&トマトのグリルとハム、ルッコラ、パルミジャーノのプレート』

焼きトマトが大変ジューシーで、まるでステーキのようです。

パルミジャーノのハムも塩みが効いていてパンと合います。

そして今回も、TOLO PAN Tokyoの全粒粉パンとこのバターの組み合わせは最高でした!

今度はディナーの時間や、ケーキなどのスイーツも豊富なのでお茶の時間にも行ってみたいと思います。

満足度:★★★★★

カテゴリー
Cafe Food

「SHISEIDO THE TABLES」銀座の静かな穴場カフェで、上質なティータイムを過ごす

SHISEIDO THE TABLESとは?

銀座7丁目、SHISEIDO THE STOREの4Fにあるレストラン/カフェです。

SHISEIDO THE TABLES
https://thestore.shiseido.co.jp/the-tables/

「FOODS」「GOODS」「BOOKS」「EVENTS」、4つのシーンを常設したコミュニティスペース。
身体に良いお食事、お飲みものとともに、本やグッズ、ビューティーイベントなどをご用意しました。
訪れる人が「姿・身体・心」を整えられるアーバンビューティーテンプルとして、SHISEIDO THE TABLESが独自に考えた5つの季節ごとに、本来の美しさを取り戻すためのご提案をします。

https://thestore.shiseido.co.jp/the-tables/

訪問した動機

土曜日の銀座でお茶をしたいと思ったのですが、どこも混んでいるので静かでゆっくりできるカフェを探していてこちらのお店を思い出しました。

以前、興味があって店内を観に来たことがあったので、思い切って入ってみました。

注文した料理

お茶の時間帯だったので「抹茶ジェラート/檸檬のソース」というアイスを頼みました。価格は900円+税。

お盆の形も資生堂を象徴するシンボルである「花椿」の形
「抹茶ジェラート/檸檬のソース」(900円+税)

上品な抹茶の風味が効いたアイスとレモンソースがかかった白玉の組み合わせはサッパリとして美味しかったです。

店内

店内には美や食にまつわるアートブック・写真集などが置いてあり、自由に読むことができます。

奥にある鏡や洗面台はメイクのイベントなどで使用するようです。

照明の傘も「花椿」。カーテンの模様も「花椿」柄になっていました

私が訪れた時は土曜の午後だったのですが、お店はとても空いていて貸切状態。靜かでソファなども座り心地が良いので大変贅沢な時間を過ごせました。

フードやドリンクの価格は安くは無いですが、お店の静かさと居心地の良さを考えると私は充分に納得できる金額でした。

銀座で靜かなお茶処を探している方には非常にオススメのお店です!

カテゴリー
Food

「Caffé ソライ屋」桜新町と用賀の中間にあるイタリアンカフェで晩ご飯

東急田園都市線、桜新町と用賀の丁度中間にあるイタリアンカフェ/レストラン「ソライ屋」。

ディナータイムに訪問してワインに合いそうな前菜とオリジナリティ溢れるドライカレーをいただきました。

お店の印象やどんなお客さんがいらっしゃったか、その雰囲気などをご紹介します。

どんなお店?

ワインに合うようなイタリア料理を提供してくれる小さなカフェです。

白を基調としたウッディな内装

訪問した理由

以前からお店の前を通りかかっていて、そのオシャレなたたずまいに気になっていました。

真夏の夜に涼しげなお店で夕食を取りたいと思い、思い切って訪問してみました。

お店の方について

男性と女性が2人でキッチン&ホールを担当されていました。(ご夫婦でしょうか?)

先に入店されていた常連のお客さんにも、初めて訪れた私たちにもとても丁寧にお話をしてくれて、素敵な方々だと感じました。

オススメの利用シーン

ワインとお料理をゆっくりと楽しみたい時に最適なお店です。

注文した料理

ワインがオススメのお店なのですが、この日は、翌日に健康診断があったためお酒は注文せず。

前菜とご飯ものを楽しみました。

前菜盛り合わせ

どれもお肉がとても美味しかったです。

特に中央の鶏肉、カレーのようなスパイスで風味がついていて、ワインと一緒に食べたらより一層美味しいだろうなと思いました。

オリジナルドライカレー

これまで食べたことがなかった、チャーハンのようなドライカレー。

バターが入っているのか、とてもコクがあってボリュームも満点!付け合わせのゆで卵ともよく合います。

私たちは2人で行って一人一皿ずつ注文しましたが、ボリュームがあるので、お酒や他のメニューも頼む場合、2人で一皿でも丁度良いかもしれません。

私自身、普段料理を作るので、色々と新しいインスピレーションがわくような刺激的なドライカレーでした。

予算感

この日はお酒を飲まなかったので、二人で行って、前菜盛り合わせ1皿、ドライカレー2皿を頼んで2,700円程度でした。

こんな人にオススメ

ディナータイムに訪問した時、店内には他には以下の様なお客さんがいました。

  • 一人で来ている常連さん
  • 子どもと一緒に来ているお母さん

土日の夜などにお店の前を通ると、子どもと一緒の家族で賑わっているので、一人でゆっくりしたい時や、家族と一緒に食事を楽しみたい時にオススメのお店だと思います。

お料理が出てくるまではわりと時間がかかる(丁寧に作られている)ので、時間がタイトな時は向いていないかもしれません。

お店の場所について

東急田園都市線の桜新町駅と用賀駅の丁度中間くらいの位置にあります。

周りは住宅地なのでとても静かな地域です。

Access

caffe ソライ屋

  • 〒158-0097 東京都世田谷区用賀3-5-12
  • 田園都市線「用賀」駅より徒歩10分
  • 田園都市線「桜新町」駅より徒歩10分
  • 東急バス都立01(成城学園前~都立大学駅北口)「駒大高校裏」バス停より徒歩1分
  • Webサイト:https://solai-ya2016.therestaurant.jp/

店員さんもお料理も店内のインテリアも、居心地が良くて素敵な印象でしたので、次回はぜひワインを頼んでみたいと思います。

また、ランチもやっているのでこちらも機会があれば行ってみたいと思っています。

カテゴリー
Cafe Coffee Food

二子玉川ランチの穴場『マーガレット ハウエル Shop & Cafe』でサンドイッチとカフェラテを

MARGARET HOWELLのカフェ

アパレルブランド『マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)』の店舗に隣接されたカフェです。

二子玉川ライズショッピングセンターのタウンフロント2Fにある店舗に行きました。

二子玉川のランチ穴場店

二子玉川は土日祝日はかなり人で賑わうので、リーズナブルな店はランチ時間帯、かなり混雑してきます。

せっかく来たのでゆっくり昼食を取りたい、という時にこちらのお店は穴場で、よく行きます。

注文したメニュー

ローストビーフサンドイッチ

ローストビーフサンドイッチ

価格は失念してしまったのですが、1,300円程度。

写真だと少なく見えますが、お肉がしっかりと入っているので、それなりに食べ応えがあります。

グリーンサラダとクスクスの付け合わせ、サンドイッチにもレタスが入っていて野菜をたくさん食べられるのが良いです。

ドリンクは、カフェラテ(680円程度)を注文。

値段は高めですが、こちらのカフェラテはしっかりとしたコクがありとても美味しいのでオススメの飲み物です。

ランチの予算感は、サンドイッチとドリンクで2000円程度となります。

ファミリーやビジネスマンにオススメ

店内には買い物の休憩に立ち寄ったファミリーや、早い時間だと打ち合わせをしているビジネスマンなども多いです。

ハイセンスで居心地の良いインテリア

アパレルのショップと同様にグレーで統一されたインテリア。

椅子やテーブルなどもしっかりしていて、座り心地が良いです。

席数も抑え気味で、テーブルとテーブルのスペースも適度に離れているのでゆっくりと食事を楽しむ事が出来ます。

店内の本棚には建築やデザインの洋雑誌が置いてあるので、読書をしながらお茶やコーヒーを楽しむ事が出来ます。

料理は高めですが、この空間とセットだと思えばコストパフォーマンスは高いと思います。

入りやすい時間

ランチを取るならランチタイムの少し前に行くと良い席に座れます。

今回は12:00少し前に入店したのですが、席は半分以上空いていたので選ぶ事が出来ました。

12:00〜13:00の間は結構お客さんが増えてくる感じです。

まとめ

マーガレット ハウエル Shop & Cafe 二子玉川 は二子玉川でのんびり食事やお茶を楽しみたい人に特にオススメのお店です。


information

MARGARET HOWELL SHOP&CAFÉ

〒158-0094 東京都世田谷区玉川2丁目21−1 二子玉川ライズ ショッピングセンター・タウンフロント2F

カテゴリー
Food

「365日」姉妹店「ヨル15℃(ジュウゴド)」で新鮮野菜と創作パン料理を堪能

代々木八幡駅からすぐのレストラン「ヨル15℃(ジュウゴド)」で夜ご飯を食べました。

こちらのお店は人気のパン屋さん「365日」の姉妹店。

新鮮な野菜と名物のパンをベースにしたオリジナリティ溢れる創作料理はどれも身体に優しい味わいで新鮮な味覚体験ができました。

ディナータイムに頼んだメニューを写真でご紹介します。

外観
店内には様々な本がディスプレイされている
この日は団体さんの予約客がいたので私たちはカウンターに座りました
大勢で来るのも楽しそうです
カウンターからの眺め。奥にコーヒーサーバーが見えます
テーブルの上にはドライフラワーなど
亜麻猫

まずは乾杯用のお酒。その日のオススメの日本酒は売り切れていたので「亜麻猫」というこちらのお酒を注文。

あっさりとしていて飲みやすかったです。

日本酒もグラスで
名物の「夜パン」
クリームチーズやオリーブオイルをつけていただきます

名物の「夜パン」はモッチリとしていて、珍しい食感でした。このパンだけでも美味しいですがプレーンな味わいなのでどんなお料理にも合いそうです。

こちらも名物の「パンSUSHI」
バケットのようなカリカリのパンの上に寿司ネタが乗っています。左が「アジ」で奥が「アナゴ」
シャリ?のパンとネタの間にはワサビでは無くアボカドのペーストが

もう一つの名物「パンSUSHI」。見た目やネーミングがすごいので割とキワモノ系の食べ物かと思いきや、バゲットのシャリシャリ感と寿司ネタの柔らかさ、そして温度差のコントラストがとても新鮮な味わいで美味しかったです。

もっと色々な種類も食べてみたくなりました。

チョリソー
野菜サラダ

サラダは野菜の新鮮さが感じられて美味しかったです。特にトマトが普段なかなか味わえないくらいしっかりとした甘さで、かつ歯ごたえもあって感動しました!

お刺身
けんちん汁風のスープ。ガーリックトーストが付いてきます
温かくてホッとします
食後の紅茶

店舗情報

webサイト(facebook):https://www.facebook.com/jugodo15c/

住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷1丁目2−8

関連書籍

「365日」の考えるパン

「ヨル15℃(ジュウゴド)」の姉妹店「365日」のパンの美味しさの秘密を解説している一冊です。