カテゴリー
Architecture Art Exhibition

国宝から最新の映像インスタレーションまで「建築の日本展」at 森美術館

2018年4月から9月まで森美術館で開催された「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を鑑賞しました。

千利休による伝統的な茶室の原寸模型から、ライゾマティクスの最新テクノロジーを駆使した映像インスタレーションまで、日本の建築を包括的な視点で紹介している見応えのある展覧会でした。

写真撮影可能だった作品を中心にご紹介します。

北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》

作家名/作品名:北川原 温《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

入り口にあった巨大な木組。

コンテンツ紹介

伝千利休《待庵》

伝千利休の国宝《待庵》の原寸模型。中に入れるので並んで待ちました。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

屋根の飾りなども気になります。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

室内はとても風情があります。森美術館の館内ということを忘れてしまいそう。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

かなり精巧な模型です。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

光の入り方も美しい。

作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:伝千利休《待庵》(原寸再現)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》

香川県庁の執務室にある仕切り棚。香川県庁は香川に旅行に行った際に観に行きましたが、建物自体が丹下健三さんの建築となっています。(以下記事参照)

今回の展示はこちら。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

交互になっているフタの色が素敵です。

作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三研究室《香川県庁舎執務室間仕切り棚》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

丹下健三《住居(丹下健三自邸)》

こちらは丹下健三さんの自宅。

作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:丹下健三《住居(丹下健三自邸)》模型 1:3
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》

今回の展示で最も印象に残ったのはこちらのライゾマティクスによる映像インスタレーション作品です。

2.5次元とも云えるスケールのフィールドに日本の建築、その構造が立ち現れては移り変わっていきます。

作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
作家名/作品名:齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

紹介動画もありましたのでこちらを観るとより伝わると思います。


オススメの関連記事

丹下健三さんの建築「香川県立体育館」を観に行きました
建築にまつわる本を取り扱っているお店も紹介しています
カテゴリー
Architecture Travel

2016冬|香川旅行記-1:香川県立体育館の迫力に圧倒

2016年の12月末に、再び香川県の高松市を中心に旅行をしてきました。印象に残ったスポットについていくつか記事を書こうと思っています。

1つ目の記事は『香川県立体育館』

1964年に竣工したこの建物は丹下健三による建築で、彼の代表作とも言われています。

耐震改修工事の入札不調により2014年の9月に閉館し、将来的には取り壊される事になっています。

前回、香川を旅行した際、香川県立体育館 保存の会の代表をされている建築家のカワニシノリユキさんからそのお話を伺い、今回の旅で初めて訪問してみました。

以下が私が現地で撮影した写真です。